プロフィール

江の島拾い歩き

Author:江の島拾い歩き
ようこそ。江の島拾い歩き管理人です。
コメント、トラックバックは、内容確認させていただいた上で記事内容に関連していれば歓迎いたします。
記事内容への疑問、注文、問い合わせ、間違いのご指摘、ファンレター(笑)などは
enoshimawalker@yahoo.co.jp
までどうぞ。
(アドレス収集ツール対策で上のアドレスは全角@にしてますので、半角の@に変えてご利用ください。)

最近の記事

カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カウンター

タグ

  • seo

ブログで紹介した画像

みんなの足@

ブログで副収入

Affiliate-B

フリーエリア


DMM.COM

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

友達申請フォーム

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生まれながらにしてみんな違う生き物なわけで

背が高いとか低いとか、

目が二重でドングリとか一重で切れ長とか、

色が黒いとか白いとか、

筋肉が軟いとか硬いとか、

歯が白いとか黄色いとか、

骨ががっしりしてるとかもろいとか。


人間の生まれつきもった性質と言うものは遺伝子配列の些細な違いの積み重ねで決まります。

それをベースにしながらも、最終的な体格や運動能力、知的能力などは個人個人の育つ過程、成長する過程の環境に左右されてさらに異なって行くわけですが、大元は個人の持つ遺伝子の違いがその人の形や性能に強く影響します。。

そして、たまたまその遺伝子配列の違いによる個体差が普通の人の目には見分けがつかない場合は問題がないのですけれども、見るからにmajorityではない人の場合、差別を受けてしまうことにもなります。


陸上=南アのスポーツ担当相、「セメンヤ報道」に激怒

9月12日15時0分配信 ロイター

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090912-00000716-reu-spo

 [クレーンモント(南アフリカ) 11日 ロイター] 陸上の世界選手権の女子800メートルで金メダルを獲得したキャスター・セメンヤ選手(18、南アフリカ)が「両性具有者」だとの報道などを受け、南アフリカのスポーツ・余暇相は「第3次世界大戦ものだ」と激怒した。
 豪紙デーリー・テレグラフは性別疑惑が浮上していたセメンヤについて、性別判定検査の結果、両性具有であると判明したと報道。
 国際陸上競技連盟(IAAF)は、性別検査の結果はまだ医療専門家が精査中だとした上で、11月下旬まではいかなる決定も下さないと説明している。
 ストフィーレ担当相は「第3次世界大戦ものだ。われわれは(セメンヤ選手に対する不当な)決定に対しては最高レベルの抗議を行う」と怒りをあらわにした。


彼女は彼女としてこれまで育ってきたわけで、そしてこのオーストラリアの報道が真実であれば、今後は男性の競技にも女性の競技にも出られないわけです。

こういう問題が報道されるたびに、オリンピックにしても陸上にしても、もともと均一ではない生き物同士の競争に人為的なregulationが入ることのもどかしさを感じます。


人の運動能力は生まれついて持った遺伝子配列の違いに大きく左右されます。

有名な話にスキーの長距離選手の例があります。

ノルディック、というのかな、スキーの長距離走で金メダルを何個も獲得していた北北欧の選手は、生まれつき赤血球の数が普通の人の数割多い状態でした。

彼の場合、赤血球の増殖に関係するエリスロポイエチンという分子の受容体に起こった点突然変異で、赤血球増殖のシグナルが普通の人よりも強く入るようになっていました。

それで、酸素を取り込む能力が高く、持久走にとても有利な身体を生まれつき持っていたわけです。



ウサイン・ボルトは驚異的な記録で短距離走の世界記録を出しました。

一気にあの世界に到達したわけではなくて、最初は10秒も切れない選手だったわけですから、彼が陸上競技のためのトレーニングをしてきたのは間違いない事実だとは思います。


でも、彼はおそらく遺伝子配列の違いの積み重ねが、彼のトレーニングした「走る」と言う行為に関して最適な状態になっているゲノムを持っているのだと思います。

外見上は背が高くてしなやかな筋肉で、みたいな見分けしか付きません。

でも、いったいどれだけ筋肉や神経伝達スピードや骨格形勢に有利な遺伝子変異があるのか、そのうち解析される時代が来ると思います。

彼のゲノム上で何が起こっているのかが明らかにされる日が来るのを今からすでに楽しみにしています。



これは男性に限らず、女性の遺伝子上でも起こっているはずのことで、染色体も外見上も女性でありながら運動能力に関わるようなゲノム上の変異が有利に働いた人々がさらにトレーニングを積み重ねることで優秀な女性アスリートとして図抜けてくるのだと思われます。

これはずるい、とか言われないで万人に認められる能力差なわけですね。

そして、そういうことを考えると、外見や生殖能力上の性差に影響するような重要な遺伝子にたまたま起こった一個の変異によってある選手の運動能力は称賛されずに、ときとして非難されるしかないというのは悲しいことだと思います。




ただ、解決策はどうするのかと問われれば、、、

男でも女でもない人たち向けの競技のくくりを作っていけばいいのかな、ということになりますか?

それは変異する遺伝子によってさまざまな影響があるわけで、これまた均一な集団ではありえませんよね。

パラリンピックのように細かいレギュレーションをたくさん作っていけばいいかと言うとそれはまたそれで、どこまでいってもみんなが満足するものはできないと思います。

何よりも、本人も社会もそれまで女だと思っていたのに、たまたま運動能力が優れていたから調べられて、染色体や遺伝子配列から「あなたは男じゃないけど女のくくりにも入れられない」って言われたらとんでもないショックなことですよね。



で、究極の解決策は一つしか思い浮かびません。

  女子とか男子とかの性別による競技開催をなくす

それだけです。

人類、というくくりで最強、最速を求めていくのが究極の公平というものです。

(たぶん、100年後ぐらいには「公式記録」に関してはそうなるんじゃないかと思うのですが。)



・・・視る方としてはすっごくつまんないですけどね。

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

タグ : 競技 男女の性別 遺伝子配列 ゲノム ウサイン・ボルト セメンヤ エリスロポイエチン受容体 公平

薬ネット販売規制に2年間の移行措置がとられるそうです。

規制の施行にパブコメの意見を取り入れるなんて珍しいですね


薬のネット販売規制が来月から始まる予定だったのが、とりあえず2年間は条件付きで継続購入可能となるようです。

これまで様々な省庁がパブコメを募集していてもほとんど形ばかりで、何の効果もないというのが通例でしたが、今回は効果があったのでしょうか?

それとも、なにか思惑があるのかな?


薬ネット販売、2年間容認へ=パブコメ8割が「規制反対」-厚労省

5月22日22時30分配信 時事通信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090522-00000226-jij-soci

 市販薬のインターネット販売を規制する省令を公布したものの、ネット事業者などの反対を受け、一部の販売を2年間に限り認める改正省令案をまとめた厚生労働省は22日、来週改正省令を公布する方針を固めた。6月1日に施行する。
 改正省令は風邪薬や漢方薬など、副作用リスクが中程度の「第2類医薬品」については、同じ業者からの継続購入者に限り、インターネットや電話を通じた通信販売を2年間認める内容。
 同省が12日から18日まで実施したパブリックコメントには9824件の意見が寄せられた。約85%が「ネットだと迅速に購入できて便利」などと規制に反対したが、同省は安全性を優先するとして通販は原則禁止、2年間の経過措置のみとした。「健康が重要で、利便性は二の次」として通販禁止を求める意見もあった。 


簡単に犯罪に使えるような危険な薬に関しては規制もやむなしと思いますが、薬局が空いているような時間に買いに行けない人や、補助なしでは外出も困難な人が買い物するのを妨げるような規制はどうかとも思います。

なにか身障者手帳なり、介護手帳なり、そういう認証を受けている人がネット通販を利用し続けることができるようなシステムが作れないものかと思ってしまいます。


アメリカに出張に行くと、大きなドラッグストアによく行きます。

向こうでは、日本では薬局では簡単に買えないような薬が簡単に手に入ります。

長男がひどいアレルギー性鼻炎なのですが、第二世代の眠くならない抗ヒスタミン剤、早くから向こうの薬局では普通に買えたので買って帰ってました。


え?そんなことよりアレルギー性鼻炎を治す薬を早く開発しろって?

いやいや、それは専門の先生にやっていただいて。

(・_・)ノ☆(*__)


あとは、第一世代の抗ヒスタミン剤もめちゃくちゃ安く買えたので、寝る前に飲ませるときには睡眠導入剤も兼ねて使っていました。

その効果を使って「ドリウェル」なんて睡眠導入剤が日本でもありますが、同じ成分で1/10以下で買えたものです。

いろいろ買えますが、どんな薬を買って飲もうとも、自己責任です。



と、いうぐらい、日本と外国では薬の値段も買いやすさも異なります。

はっきりいって日本では薬、買いにくい制度です。

それをネット販売もさらに規制すると。。。


どうも、やっぱり、変ですよ。

規制して一体だれが得するんでしょうか?

一般国民はまちがいなく損しますよね。


あ、いや、執行猶予がついたからこんなこと言うべきじゃないのかな。


でも、国民の側も、自己責任で薬は勝手使うべきで、

副作用があったらなんでもかんでも大騒ぎして責任追求するのはやめましょう。


その辺なのかな?

規制されてしまう理由は。


与太話ですみませんでした。

続きを読む »

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

タグ : 薬のネット販売 移行措置 薬品 薬剤 ドラッグストア パブコメ

生殖医学が親子のあり方を変えていいのか?



子育ては正直、大変である。

子供がある程度大きくなれば、分別も付いてくるし、

教育費は泣きたいほどかかるが、対等に話ができる。


しかし、三歳児くんを中心とした数年間は、

子供は体当たりで親にぶつかってくるし、

それを受け止め、全力で育てていくのは親の務めだと思う。


もちろん、上の子供が育ってくると

間に入ってクッションになってくれるので

年を重ねてからの3人目、4人目は楽だというが・・・。


これはどうだろうか?


Britain's oldest mother-to-be, 66, dismisses concerns about her age


イギリスのお金持ちのご婦人が、子供がほしいからと

66歳にして人工受精卵の提供を受け、懐妊されたとのこと。


生物学的にもすごいなあと感動するのだけれども、

問題とされ、話題になっているのは、彼女の子育てへの責任だ。

彼女が67歳で子供を生み、子供が成人したときには87歳だ。


生きているという保証はないよね。


もちろん、子供が成人したときに

親が生きていなければならないというわけではない。

上に書いたように兄や姉がたくさんいれば、

末っ子の成人を待たずに親が亡くなっても何とかなる。


しかし67歳で初めての妊娠で初めての子供。

いくらお金持ちであっても、

成人したときに母親が90歳近い高齢になっているというのは

これは、子供にとって不幸ではないだろうか?



・・・・と、ここまで書いてみて気付いたけど、

男性は60代で子供を作る人、少なくないよね。


上原謙さんは72歳だったし、

ビング・クロズビーなんか90歳超えていた。

それなのに女だけ67歳で子供を産むことを非難されるのは・・・


そういう考え方もある。


でもまあ、医学を離れて生物として考えたら、

男は確かに70歳かそこらまで子供を作る能力がある。

でも、女は50歳ぐらいが限界のはずだ。


そう考えると、やはり女性が母親として子供を育てるのは

70歳ぐらいまでで終えておくべきじゃないかと思う。


身体が付いてこないと思う。

男も年はとるのだけれども、身体は衰えるのだけれども、

女性には男にはない大きな変化が50歳過ぎに訪れる。


全力でぶつかってくる子どもを育てることができるのは

70歳ぐらいまでが限界じゃないかと思うのだ。



このイギリス女性の場合も、育てる母親が別にいるのであれば、

67歳の女性が頑張って育てることに異議はないのだけれども、

母親として育てること、ちょっとつらくないだろうか。


もちろん、その年から他人の子を育てて

立派に成人させる年配の女性もいるわけで

(お母さんが不幸にして亡くなった子のおばあさんとか)

一概には言えないことなのだけれども、

その場合、ほかに母親がいることは子供も了解するわけで。


子供の心境としては、思春期を過ぎて大人になっていくときに

父親はともかく、母親は70歳前であってほしいなと思うんじゃないかな。

ちょっとさびしいことないかな。

そういう境遇に子供を置くことはちょっとエゴじゃないかな。


まったくの独断と偏見です。

気分を害した方がいたら申し訳ありません。


でも、生殖医療はこういう新しい問題も引き起こしたわけで、

やはり慎重に使われていくべきものなんだと思う。

テーマ : イギリス - ジャンル : 海外情報

タグ : 生殖医療 人工授精 母親 子供 67歳 高齢出産 イギリス人女性

新型インフルエンザ拡大は防げない

新型インフルエンザの感染爆発が日本でも始まった。

いや、正確にはようやく実態の一部が明らかになった、と言うことではないだろうか?


金曜日の夜に国内での人から人への感染が神戸で確認され、

今日にはもう大阪でも同じ程度の患者が確定し、今、20人程度かな?

それぞれ高校での感染者確認であるが、体調不良で休んでいるのは数十人に及ぶという。


関連記事

神戸の高校生8人感染確定 疑いは100人規模

配信元:産経新聞 2009/05/16 23:56

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/living/health/254585/

 厚生労働省と神戸市は16日、神戸市内の同じ高校に通う生徒3人、別の高校に通う5人の計8人が新型インフルエンザに感染していることが確定したと発表した。また、大阪府からも女子高校生1人が、感染の疑いがあると報告がある。厚労省によると感染が疑われる例は、兵庫と大阪を中心に100人規模に拡大する可能性もある。国内で一気に感染拡大している可能性が出てきた。





もう、国内でも感染拡大は止めようがないだろう。

アメリカやカナダと同じで感染に歯止めをするのはあきらめて、

重症化する可能性のあるハイリスクの人だけ注意して、

残りの、普段健康な人々はかかったらおとなしく自宅で寝て治そう。


幸い弱毒型だし、タミフル耐性ではない(今のところ)から、

それほど心配するには及ばない。

糖尿病、喘息、循環器系の病気、妊娠中、

これらの条件に当てはまらない人は比較的安心できるようだし。


ともかく、感染は今さら止められない。

感染を止めようと思ったら4月26日の時点で鎖国するしかなかったはずだ。

発症前の患者や、症状の軽い患者は水際の検疫で引っ掛かるはずがない。

水際の検疫なんかで防げる病気じゃないのだから。


無駄な努力であったことを潔く認めて、

国内での感染疑い者がもっと気楽にカミングアウトできるように

もう、季節性インフルエンザのつもりで対処してほしい。



・・・職場の渡航制限もやめようよ~。

  ↑ ↑ ↑
  これが言いたかったらしい

テーマ : インフルエンザ - ジャンル : ヘルス・ダイエット

タグ : 新型インフルエンザ 渡航制限 感染拡大 国内 神戸 高校生

気持ちが一番の贈り物

母の日に寄せて



・・・少年は悩んでいました。

ガールフレンドに贈るプレゼントを何にすべきか

悩み続けた彼は母親にアドバイスを求めます。


「ねえ、もしもお母さんがあした16歳になるとしたら

 プレゼントは何が嬉しい?」


母親はためらいなく答えました。


「もう、それだけで十分よ。」





テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

タグ : 母の日 プレゼント 思う気持ち 少年

夏の陽射しに若緑の柿の葉がまぶしいです。

ひさしぶりに晴れましたね。

昨日は夕方、職場から見事な虹の立ってるのを見ましたが

(職場の横の自衛隊艦船修理ドックから虹が立ちあがるように垂直に見えていました。)

それが数日続いた雨の終わりのしるしでもあったかのように、

今日は見事な晴れです。


夏の日差しが若緑色の柿の葉越しに輝いている初夏の午後です。


毎年、葉っぱだけは隆盛につけてくれるうちの庭の柿の木君、

今年も今のところは立派な花を咲かせようとしています。

柿の花のつぼみがしっかりと開く準備に硬くとんがってきました。ねじり開き終わったら地味な花の開花です。

3年に一度ぐらい、200個以上の実をつけてくれます。

間の二年は1個か二個しかなりませんし、熟す前に落ちます。(笑)

今年は3年目なのでひさびさの結実を期待しています。

今のところはまだ細ぼそした葉っぱの勢いですが。

ウッドテラスに落ちた柿の葉のかげが強い初夏の日差しを教えてくれます。


柿の木はその葉も実も薬用や食用として重宝されますが、

根っこが以前はたいへん貴重だったらしいです。

ゴルフのウッドクラブのヘッドの素材としては柿の木の古木の根っこが最高だったとか。

よさそうな自然の古木は取りつくされたし、

今では合成樹脂で作った方が安定したよいものができるのでしょうけれども、

とても人間の暮らしに密着した木の一つだったんですね。

と、どうでもいいうんちくはどうでもよくて、秋を楽しみに待つとします。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : 柿の木 初夏の日差し ゴルフクラブ ウッドテラス

今日はHappy Star Wars Dayなんだってさ

なんでハッピースターウォーズデイなんだろう?

って不思議に思っていたら、なんのことはない、




May the 4th be with you!




だじゃれかよ!(笑)

続きを読む »

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

タグ : STARWARS HappyStarWarsDay

松村邦洋さん、心筋梗塞の死の淵から復活!

生命の危機から回復傾向にあるとのことでよかったです。


松村邦洋さん、あの巨体を動かしてのくだらない体当たりギャグ、初めて「進め!電波少年」で見たころには、なんじゃこいつは?だったのですが、長く見ているうちになれて(笑)親しみのもてるキャラとなっていました。

太り過ぎをさすがに自覚してのダイエットや運動も高く買っていたのですが、今回の東京マラソンはびっくりしました。

やはりマラソンに臨むには動脈硬化が進み過ぎていたのでしょうね。

メタボリックシンドロームの権化のような体でのチャレンジはね。。。


入院中の松村邦洋、経過は良好「意識もはっきりしている」

3月26日21時1分配信 オリコン

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090326-00000022-oric-ent

 22日(日)に開催された『東京マラソン2009』に参加しレース中に倒れたお笑いタレントの松村邦洋について、所属事務所が26日(木)、その後の容体について「経過は良好で、現在では意識もはっきりしています」とFAXで報告した。

松村邦洋の写真付きプロフ

 急性心筋梗塞による心室細動で『東京マラソン2009』参加中に一時意識消失に陥った松村について所属事務所は、「一時的に鎮静処置を行っていましたが、経過は良好で、現在では意識もはっきりしている」と説明。「生命の危機と言える状況でしたが、担当医によりますと、現在までのところ合併症もなく、良好な状態であるとの事です。しかしながら、まだ急性期にあたるものですから、今後も経過を見なければならず、身体に負担のかからない安静状態が必要」とのことだ。

 入院中、たくさんの励ましのメッセージなどが届いていることも明かされ、松村本人に可能な限り伝えられているという。

リポータースポーツコメンテーターお笑いタレント俳優タレント 松村邦洋(マツムラクニヒロ)
誕生日 : 1967年 8月11日
星座 : しし座
出身地 : 山口
血液型 : A


もう41歳だったんですね、いろいろと身体にガタが出始める年齢です。

私も39歳のときに少し太りすぎたので半年かけて20kg減量したことがあります。

そのときはひたすらウォーキングでしたが、走ることはとても考えられませんでしたね。


無理のないダイエット、心がけましょう。

食生活もよく考えて、駅前の立ち飲み屋で焼きとん食って焼酎お湯割り、美味しいんだけどほどほどに・・・。


とか言ってるとつまんないもんね。

毎日3kmから5kmは歩いていますから、飲み食いはもっと気楽にいきたいです。

ラーメン食べてないなあ。

テーマ : テレビなんでも - ジャンル : テレビ・ラジオ

タグ : 心筋梗塞 ダイエット メタボリックシンドローム 松村邦洋 東京マラソン

春の野の花

すっかり春らしくなってまいりました。

近所を歩いて道すがら撮影してきましたよ。

まずは、江ノ電と雪柳

江ノ電と沿線の雪柳

サイズが大きすぎて縮小しましたが、春らしい一枚となりました。


そのユキヤナギのアップがこちらです。

ユキヤナギの花のアップの画像 白い花がたくさん、よく見るとおしべが猫のひげみたいでユーモラス

小さな白い花がびっしり付いているユキヤナギ、
一つ一つの花に目を向けることはあまりないのですが
こうして拡大してみるとなかなか美しい花ではないですか。


拡大ついでに、ソメイヨシノです。

ソメイヨシノが開花していました。鵠沼の蓮池のほとりです。

こちらはまだまだ一分咲きですが、19日の朝から開き始めました。

一日、日一日と開く数が増えています。

やはり桜の花の開くのは春の感じを強く感じさせてくれますね。


ちょっと地面に目を向けてみましょう。

オオイヌノフグリ、かわいらしい青い小さな花なのになんでこの名前なんでしょうね。

オオイヌノフグリです。

日向でハレーション起こしちゃいましたね。

でも、あふれる日差しの中で見てこそ光る花です。


黄色いオキザリスは西洋カタバミとも言われます。鮮やかな黄色です。

同じく地面で光っていたオキザリス。

ほんとに鮮やかな透き通るようなレモン色で、

その色が画像ではいま一つとらえきれませんでした。


昔から雑草として生えている種類はもう少し小さなピンクの花です。

ちょっと探してみたら両方並んでいるのを発見しました。

オキザリスの黄色とピンク

同じ株なのか、別の株なのか、葉っぱはよく似ていてわかりませんでした。

まあどちらにしても。

綺麗だからよいです。


森鴎外の山椒大夫という小説をご存知でしょうか?

我々が子供の頃には「安寿と厨子王」というジュベナイル版がありました。


あの中にとらわれの身の姉の安寿が野の花だったかさくらだったかを見て

弟の厨子王に向かって言ったセリフがあります。

「もう、春なのね。」


厨子王の未来に向かっては明るい、安寿の未来にとっては決意を秘めた

季節の訪れを告げる「伏線」の一言であると、

中学一年生の国語の授業で教えられて「へええ~。」と、

日本語の織りなす綾の美しさと複雑さに感心したことがあります。


もう、春なのです。

続きを読む »

テーマ : 花の写真 - ジャンル : 写真

命を扱う医師として絶対に許されないミス


マウスを使った実験をやっていて、データがおかしくて、

「それ、同じウェルに抗体Aと抗体B、両方入れただろ?(ー_ーメ)」

そういうこと、たくさんの実験を手分けしてやっていて、

初心者が混ざっていると、ときにはあります。


そう言う場合はやりなおしすればいいこともあります。

(ダメな場合もあります・・・(T_T))


でも、これは実験ではありません、医療です。

しかも人の命を子宮に移植するという人間個体の生命を扱う医療です。



弁解の余地がないです。


続きを読む »

テーマ : 科学・医療・心理 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 体外受精 IVF-ET 医療 産婦人科 マニュアル ミスの防止

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。