プロフィール

江の島拾い歩き

Author:江の島拾い歩き
ようこそ。江の島拾い歩き管理人です。
コメント、トラックバックは、内容確認させていただいた上で記事内容に関連していれば歓迎いたします。
記事内容への疑問、注文、問い合わせ、間違いのご指摘、ファンレター(笑)などは
enoshimawalker@yahoo.co.jp
までどうぞ。
(アドレス収集ツール対策で上のアドレスは全角@にしてますので、半角の@に変えてご利用ください。)

最近の記事

カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カウンター

タグ

  • seo

ブログで紹介した画像

みんなの足@

ブログで副収入

Affiliate-B

フリーエリア


DMM.COM

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

友達申請フォーム

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変わり坦々麺 てんか@鶴見 

変わり坦々麺 てんか@鶴見 の食べ歩きレポートです。

鶴見のてんかさんと言えばもうすっかり有名店です。

たくさん雑誌やネットの特集も組まれていますが、なかなか行く機会がなくて、ずいぶん久しぶりに行きました。

実はこれまで3回連続、いったらなぜか本日休業(一度は曜日の勘違い、二回は臨時休業でした)、という悲惨な事態が続いていましたから、ほんとにひさしぶりです。
ちなみに、定休日は火曜日と、月曜日の夜の部です。(昼間は営業されています)


久しぶりに行ったのでもうすっかり季節が変わっていました、夏モードのお店の外観です。

てんか夏モードのお店



戸を開け放たっていい感じですね、今が一番いい季節かも知れません。
平年であればもうジメジメ蒸し暑いのに、不思議なことです。


で、本日お願いしたのは変わり坦々麺です。
もともとこのメニューの存在を雑誌で知ってから来てみたのですが、最初は肉とろそばに引かれちゃいましたから、初めて食べます。

てんかさんのよいところは麺の量の微調整が効くことですね、並盛のほかに中盛と大盛、さらには女性向けに小盛もあるのはありがたいことです。
メタボでちょっと控えなきゃいけない私は、えっと、えっと、中盛で控えめに。

さてさて、やってまいりました。

変わり坦々麺@てんか 鶴見



おおおおおお! 唐辛子の色が鮮やかです。

でも全然辛くないですね、これ。
とっても鮮やかなのに辛くなくてそして麺と絡まると何とも言えない風味です。何に近いのかな?と思ったのですが、パエリヤにかかっているパプリカの感じですね。

いささか太めの鶴見の標準つけ麺サイズの麺です(麺バカよりは細いです、もちろん)。

スープの味は一言では言えない複雑さですね、唐辛子などの香辛料と絡むことや、野菜のトッピングとの混ぜ具合でいろんな味になることからも、詳しい表現ができなくて申し訳ないのですが、たぶん10人食べたら10人みんな笑顔になるようなうまみと塩気の加減が麺とマッチしたよい感じです。

あえて言えば全部このまま汁まで食べると塩辛いかなあ。あ、これは中盛だから普通より多いのか(笑)。でもね、その塩味きつめは見事に中和される手段があるのです。



麺を食べながら写真を撮ろうと思ったのですが、夢中で食べてるうちに1/3ぐらい終わってしまいました。
う~ん、どうするかな、これをとるのも見た目がよくないかなあ。

なんてことを考えながら、テレビのナウシカの声を聴きながらすすっていると

「あれ?○○さんじゃない?」

なんと職場の同僚がやってきました。同じ年(たぶん)で別の部署のやはりボスです。

彼は大宮から通っている、これまた鶴見までは結構距離があるので食事は食べて帰るそうですが、ラーメン屋さん、麺バカさんも行ってるとか。てんかは二回目ということでした。今まで鉢合わせしなかったのが不思議ですけど、これからちょいちょい会うかも知れませんね。



なんとなく写真撮り損ねて、彼の注文が入るのに合わせてスープをお願いしました。

変わり坦々麺の「変わり」の由縁かな?
あとからスープを足してもらうことができるのです。しかも焼いた石を入れてぐつぐつたぎらせてくれるというサービス付きです。

変わり坦々麺スープ追加



おいしそうですね~。湯気で画像が煙るのが申し訳ないです。
このスープを入れることで、ちょっときつめに感じ始める塩っけを忘れて、そしてまた新しい味で食べることができます。

こちらは割スープとの加減は個人の食べ方にもよると思うのですが、そこはテーブルにある唐辛子での調整も可能です。


最後まで堪能させていただきました。これが変わり坦々麺か。
目で見て楽しんで、汁と具の混ぜ加減で楽しんで、スープで楽しんで、満喫しました。

きっと、大盛りや小盛はまったく別の味に感じるのではないかと思いました。それはそれで試してみたい、ほんとにラーメンバカですな。(笑)



同僚には一足先に失礼しますと席を立ちました。
鶴見駅の東口にはブックオフがあるのですが、電車での1時間、何か文庫本でも読むかなと105円の本を買って出ようとすると、同僚が入ってきました。

行動パターンがほとんど一緒。。。

おじさんの金曜日の夜は地味に過ぎていったのでした。(^^ゞ

テーマ : 食べ歩き! - ジャンル : グルメ

麺バカ息子さんに汗かきに行きました@連休最後の日

麺バカ息子さんに汗かきに行きました。

鶴見は麺バカ息子さんに暑い暑い5月6日、行って来ました。
しかも辛い麺をつけ麺で食すことを目指して。
初夏の陽射しの中で気持ちよく汗かけるのって素晴らしいですからねえ。

ヾ(^_^)チガウデショ


麺バカ息子さん、昼間でも夕方でも、平日でも週末でも、いつ行っても混んでい
ます。

連休中も混雑するだろうなぁと思ったので考えていなかったのですが、明日から
の出張を前に出勤して済ませて置くべき仕事ができてきたので鶴見に来た自分へ
のご褒美も兼ねてお昼突撃です。。。混んでました。

待つこと10分、席に着きました。
いつもふと麺ばっかりなので、食べたことのない細めんを注文します。
太麺は10分待ってくださいと書いてありますが、細めんは何も書いてないのできっとサクサク出てくるでしょう。

・・・・10分過ぎましたが出てきません。

・・・・・12分、あとから注文のラーメン類が出て行きます。

・・・・・・・13分、厨房で「・・・ひそひそ」「あ、忘れてた。」   (-_-;)もしや?


15分30秒後に出てきました。

「お待たせしてすみませ~ん。」

バカつけ麺 細麺


やっぱりわすれられてたんだあ~~~~!(T_T)

でも、その間にブログコメントを整理していたのでイライラはしていません。
さてさて、いよいよ初体験の細麺です。
細麺と言っても十分太いのですが。(笑)

つけ麺細麺アップ


それに本日はおまちかね、赤丸トッピングを付けてみました。

赤丸


甘みとうまみの調和のとれた唐がらし粉たっぷりと、鶏軟骨の入った肉みそ?です。
これをぱあっと散らして食べてみたかったんだ。
ということでつけだれのみで20%ほど麺を頂いてから赤丸急投入です♪

赤丸投入前後の色変りが美しい。(笑)

つけめんたれ


赤丸つけだれ


辛さはそれほどではありません。見た目の真っ赤さに比べれば極めて普通の辛さの調味料です。軟骨のコリコリが麺に絡み、海苔がそれにさらに絡んでおいしくいただけました。

麺バカさん、冬のスープと全然違いますよね?
夏向けにしたのかな?クリーミーこってり感からさわやか系に変わっています。
これはこれでおいしいです。

テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

麺バカ息子また来てみた。

どうしようかねまったく。
年末のは肝機能がついに正常値越えて、明日は産業医から呼び出し食らってるというのに。

麺バカ息子さんにまた来てみました。(^_^;)

この前はつけ麺をいただいて、その太麺の快感は十分に堪能してわかっているのに、
やっぱりラーメンも気になって食べに来てしまった。
今日は21時35分くらい。
よしよし開いてる開いてる( ̄▽ ̄)v


中に入ったら今日は満員御礼で、三人待っていました。
食券さっそく買って四人目として待ちます。10分も待たずに着席出来ました。

待ってる間に注文とってくれていたので、座った直後には麺がゆであがったようです。
手際よい盛り付けを見ながら、待ちます。
笑みがこぼれます。

じゃ~ん!

麺バカ息子@鶴見 ラーメン


今日もでっかい海苔が一枚入っています。

つけ麺同様にラーメンも太さを選べるんですね。
こちらも歯ごたえのあるふと面を選んでみました。
今日は他のトッピングなしです。
チャーシューが存在感あります。
盛り付けのところでも見えていたのですが、けっこうタマネギ入ってます。

麺バカ息子ラーメンアップ



まずはタマネギなしの場所でスープを一口。

うん、クリーミィーで甘みの際立つたれはつけ麺と同じベースですよね。
何がこんなにとろっとさせるんだろうな。
まあ、食べに来ればいいから知らなくてもいいんだけど、
気になりますね。
タマネギや白菜の野菜系の甘みの用でもあり、それよりは強い。
は!もしや黒糖焼酎では???

んなわけねーか。

ふと麺はぷりぷりつるつるでこれまた充実感が強い
口の中いっぱいに幸せが満喫します。
これもいいねえ。

ずずずz!

うまいうまい!

ずずずz!

10分もたたずにスープまで完食してしまいました。
早いなあ、いつもながら。

ジローラモさんがいつか言ってました。
「イタリアでは食事はセックスと同じだと言います。
じっくり楽しんで食べる人はセックスもじっくり楽しむ。
がつがつ急いで食べてしまう人はセックスもすぐ終わる。
日本人は・・・(笑)。」


・・・・・・・ち。( ̄へ  ̄ 凸

テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。