プロフィール

江の島拾い歩き

Author:江の島拾い歩き
ようこそ。江の島拾い歩き管理人です。
コメント、トラックバックは、内容確認させていただいた上で記事内容に関連していれば歓迎いたします。
記事内容への疑問、注文、問い合わせ、間違いのご指摘、ファンレター(笑)などは
enoshimawalker@yahoo.co.jp
までどうぞ。
(アドレス収集ツール対策で上のアドレスは全角@にしてますので、半角の@に変えてご利用ください。)

最近の記事

カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カウンター

タグ

  • seo

ブログで紹介した画像

みんなの足@

ブログで副収入

Affiliate-B

フリーエリア


DMM.COM

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

友達申請フォーム

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食べられるヘビイチゴ

20080528095410
庭のイチゴが色付きました。
シロハナヘビイチゴという種類の野イチゴです。

シロハナヘビイチゴという名前の通りに白い可愛い、イチゴらしい花が咲きますし、茎は赤みを帯びたものが地をはって広がります。

葉っぱはまさしくイチゴのそれです。


ヘビイチゴというと黄色い花が咲く、赤い実が生るけど食べてもなんの甘味もない、葉っぱの形もいわゆるイチゴとは似ても似つかない、ただの庭の彩りです。
毒だと思い込んでいる人もたくさんいるようで、嫌われてさえいます。


こちらのシロハナヘビイチゴはしかし、昔から日本人に愛されていたそうです。
枕草子の中に、「可愛いらしいもの」についての記述があります。

原文は覚えていませんが、「3、4歳の女の子が小さな手でイチゴを食べている様」というのがあったと思います。

その苺がどうやらこれです。小さな小さなシロハナヘビイチゴの赤い可愛らしい果実。

確かにこれが「甘王」とか「豊の香」とかのゴツゴツでっかいイチゴだと、小さな女の子が食べていても可愛らしいという感じはしませんからね(笑)。


夏が扉を開けましたね。

<< 朝早く起きる快感 | ホーム | 職場の催し物で司会進行役です。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。