プロフィール

江の島拾い歩き

Author:江の島拾い歩き
ようこそ。江の島拾い歩き管理人です。
コメント、トラックバックは、内容確認させていただいた上で記事内容に関連していれば歓迎いたします。
記事内容への疑問、注文、問い合わせ、間違いのご指摘、ファンレター(笑)などは
enoshimawalker@yahoo.co.jp
までどうぞ。
(アドレス収集ツール対策で上のアドレスは全角@にしてますので、半角の@に変えてご利用ください。)

最近の記事

カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カウンター

タグ

  • seo

ブログで紹介した画像

みんなの足@

ブログで副収入

Affiliate-B

フリーエリア


DMM.COM

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

友達申請フォーム

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職場の催し物で司会進行役です。

今日は理系の大学生や大学院修士の学生さん向けに説明会を開催します。
その準備と司会進行でございます。

2003年ごろから情勢ががらりと変わり、なかなか研究分野に進む人が少なくなりました。
結果的にすごい取り合いになります。

この前、東京の某私立大学の教授と話をしたら、
彼のところは毎年20名前後が進学を希望するということでびっくりしました。

なんでも、研究スタイルをパターン化して学ばせて、
就職のあっせんや面接シミュレーションも徹底してやるそうです。
それって研究じゃなくて就職予備校?
とも思いますが、今の学生さんはそれを求めている人の方が多いのでしょうね。

学問の場、アカデミズムの喜びとかほざいていても
食べていけなかったらどうしようもないですものね。



今の時代では即戦力、そしてかつ、高い能力、独自性が求められます。
良い大学を出てよい企業で終身雇用と言う昭和の時代は完全に過去になりました。

だからこそ大学院などでの研究に時間をかけるのは意味があると思うのですが、
それに気がつくのは通り過ぎてからでしかない、それが普通の人間です。
私もそうでしたから。。。


さて、いろいろ若者相手にお話してみますかね。

テーマ : ★大学生活★ - ジャンル : 学校・教育

<< 食べられるヘビイチゴ | ホーム | ビールなんか飲まないやい!(/_;) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。