プロフィール

江の島拾い歩き

Author:江の島拾い歩き
ようこそ。江の島拾い歩き管理人です。
コメント、トラックバックは、内容確認させていただいた上で記事内容に関連していれば歓迎いたします。
記事内容への疑問、注文、問い合わせ、間違いのご指摘、ファンレター(笑)などは
enoshimawalker@yahoo.co.jp
までどうぞ。
(アドレス収集ツール対策で上のアドレスは全角@にしてますので、半角の@に変えてご利用ください。)

最近の記事

カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カウンター

タグ

  • seo

ブログで紹介した画像

みんなの足@

ブログで副収入

Affiliate-B

フリーエリア


DMM.COM

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

友達申請フォーム

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元祖長浜屋ノスタルジー

元祖長浜屋と言うラーメン屋さんご存知ですか?

ここを知らずしてラーメンフリークだなどと語るなかれ!

・・・と、福岡の人は思っているはずですが、福岡に行ったことのない人にも有名かと言われるとちょっと怪しい。(笑)

でも、札幌みそラーメンの元祖と言われる「三平」さんよりは全国区じゃないかと思います。
長浜ラーメンと言う名前を博多のある屋台街から全国区に押し上げたパイオニアがここと言っていいでしょう。

と、仰々しく始めてみましたが、きちゃない小さな店です(爆)。



4月26日に大学の同窓会があったので(大学は北九州市にありました。)、
福岡経由で小倉まで行きました。
福岡経由の理由は飛行機がとれなかったから、ということですが、
もちろん「元祖長浜屋でラーメンを食べる」ことがもう一つの大事な目的でございました(笑)。

福岡空港について、まずは地下鉄で博多駅へ。
博多駅中央口を出ると駅を背に右手にバスセンターがあります。

バスセンター


そのバスセンターの5番乗り口の、さらに足もとに68番、と書いてあるところのバス、「福浜行き」もしくは「医療センター行き」に乗ります。

バス乗り場福浜行き


スピッツの歌にちょいちょい出てくる天神経由で乗ること15分、港1丁目で降りると、バスの進行方向右手にきちゃない小屋が見えます。そこが元祖長浜屋です。

元祖長浜屋 遠景


きちゃない小屋の元祖長浜屋ですが、大学時代の思い出の場所です。

・・・あ、なにもロマンスの思い出ではなくて(残念!)、夜中に麻雀上りに車にみんなで乗り込んで食べに来た思い出ですね。
わざわざ小さい車を選んですしづめで行って、替え玉でぱちぱちになった体をまた詰め込んで帰る。

車内中が長浜ラーメンの豚骨の匂いで充満します。
ただでさえ狭い所にその匂い、ぐえ~とかぎゃあ~とか言いながら帰りました。

「もしも事故って死んだら全員鼻から替え玉たらしながら死ぬんだろうなあ。」

そういう馬鹿話で笑いながらさらに苦しくなったりして。


・・・大学生って馬鹿で無意味ですねえ。(笑)



で、そのノスタルジー溢れる元祖長浜屋に近づくと、なんと、すごい行列になっているではありませんか!

元祖長浜屋行列


昼ごはん時とは言え、昔はここまでの行列はなかったぞ。
懐かしい匂いにわくわくしながら並びます。ここのラーメンのスープは豚骨と言ってもややあっさりした感じです。ゲンコツがメインだからなのでしょうか?逆なのかな?よく知らない(笑)。

並んでドアが近づいたら驚いたのが食券自販機です。

元祖長浜屋食券


ええええ!食券式なの? 
替え玉はその時の気分なのに買いに戻るの?

そう思ってよく読んだら追加メニューは食券なしで承りますと。
でもなんだか詰まんないですねえ。
昔はバイトのあんちゃんたちのすさまじい記憶力に驚いたものですが。



さて、お店に入ります。
この時の注意はドアからはいると同時に麺のゆで加減を大声で注文しなくてはならないことです。
何も言わなければ普通でいいのですが、硬い麺の方が個人的には好みなのですぐに言います。

「硬めんで~!」

「はいよ、新規さん1かた~!3にんさんふつう~」

同時に入った観光客の方々はきょろきょろしているうちに普通麺にされました。
その間、5秒ぐらいでしょうか。

ちなみに、硬さにはいろいろあって

「やわ」
「ふつう」
「かた」
「ばりかた(はりがね)」
「なま」

となっています。(昔の記憶ですから今は基準が違うのかも)
ばりかたはさっとお湯をくぐらせるだけと言うことですが、「なま」はどうなんでしょうね?湯がかないでスープかけるのかな?
昔、はりがねを食べて懲りたので私は「かた」しか頼みませんが。

テーブルは丸テーブルに丸椅子の合い席です。
店員さんに座る場所を指定されます。

テーブルの上はざっくり台拭きで吹かれていますが、ラーメンのスープや薬味のゴマや紅ショウガが飛び散っています。
足もともいろんなものがこぼれた、昭和30年代のいなかの商店の土間状態です。
床に置かなきゃいけないような荷物を持って入れる店ではありません。
(荷物は博多駅でコインロッカーに預けましたv( ̄∀ ̄)v)

狭い合い席に座って、ラーメンが運ばれてきました。

元祖長浜屋 ラーメン


これです、これが元祖長浜屋の長浜ラーメンです。

スープは白濁豚骨スープ、ネギと細切れチャーシューを薬味に細麺がこれでもかと入ってます。
(どんぶりは大きくはないのですが(笑))

スープの味は基本は味の素ライクなグルタミン酸の味がメインですね(笑)。
豚骨の香りとコクもあるのですが、味の基本は安くてうまいと人気の出るような中華料理のそれです。
若者にはとってもおいしいのですが、おじさんにはどうでしょうか?


・・・10年ぶりぐらいでしたが、変わっていませんでした。

味も変わっていませんでしたし、それを美味しいと感じる感覚も私の中にたっぷり残っていました。

雰囲気にのまれちゃうのかなあ。
ノスタルジーに浸りながらすすります。
スープはちょっとだけで、ゴマをかけてとりあえず麺です。

細い硬い麺が安っぽい豚骨スープを絡めて、汁をとびちらしながら上がってきます。

この唇の食感、口の中に頬張った弾力、一口二口噛んで飲みこむのど越し。

たまりませんです~!

くず肉みたいなチャーシューをからめながらさらにつるつるすすり込みます。

25年前にタイムスリップですねえ。 うまか~。



で、替え玉を頼みました。

「硬い玉一つ~」
「あいよ、かたいたま~。」

忘れてならないのはさらに、替え肉です。

元祖長浜屋替え肉


これを同時に頼んでトッピングすることで、替え玉で薄まった味を調整できます。
テーブルにはしょうゆだれも置いてあって、それで調整することも可能なのですが、肉のうまみが追加できるので私は替え玉二つに替え肉一つぐらいのペースで使います。

それと個人的に好きなのは紅ショウガです。
ラーメン屋さんによってはお酢が置いてあって、最後に好みで酢を注すことを奨めてありますが、あれと同じですね、酸味で塩っ気がまろやかになって食べやすくなります。

元祖長浜屋 替え玉


ということで替え玉したラーメンです。

昔は替え玉2杯はいったのですが、それは無理でした。
そうするとちょっと替え肉が塩辛かったですね。

次回は誰か連れてきて分け合って食べよう♪ 追記

長浜ラーメンから始まった替え玉、今では日本中で知られたおかわり制度です。
もちろん、取り入れているのは基本的に「長浜ラーメン」を名乗るお店がほとんどですが。

ここでも麺の固さは重要で、元祖長浜屋ではたくさんの注文が飛び交います。


私が替え玉頼んだ時に、実はここで問題発生。

替え玉を頼んだ時に合い席の60歳前ぐらいの男性が私と同時に

「さんかた~。」と、頼みました。

お店のお兄さんが????と言う顔で、

私の顔を見て「かえだま二人でみっつ?」と聞きます。

「違う違う、かんけいない、こっちは別、一つ」

と私は言ったのですが、


その男性は繰り返して

「替え玉さんかたひとつね。一番硬いの、”3かた”。」

どうもカレー屋さんか何かと勘違いしているようです。
お店の人が替え玉いくつもの注文とかをまとめて

「はい、たま、さんかた、になま、ふつうがひとつ~」

とか厨房に向かって言っているのを勝手に

「さんかた=硬さグレード3の替え玉」

と、解釈して通ぶって注文なさったようです。
お店の人に確認取られて誰にともなく言い訳していました。


お寿司屋さんで「あがり」とか「おあいそ」と、客が言うのと同じような恥ずかしさですよね。
普通に頼めばいいのにねえ。





テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

<< 藤沢駅南口のお蕎麦屋さん「すい庵」 | ホーム | 穴子、あなご、アナゴ~♪ >>


コメント

おいしいですよ~♪

satominさんいらっしゃいまし。

おいしいんですよこれほんとに。
400円とチープな値段なりの材料なんだと思いますが、それがまたおいしいんだ。
博多に行ったらこのほかにも屋台でお勧めのところがいくつか。機会があればご一緒したいですねえ。

おいしそぉ~♪

お久しぶりですぅ♪
これこれこれぇぇぇぇぇ!
一度でいいから本物食べてみたいラーメンです。
替え玉は前に住んでたところの近所にあった人気の九州ラーメンのお店にあって、一度替え玉食べるぞって思いながらもやっぱり女性の私には厳しくて一度も頼めなかったけど。(;^_^A

紅生姜。。。細麺のとんこつラーメンにはピッタリですよね。
横浜にある博多ラーメンのお店に行くといつもたんまり入れちゃいます。

そっかぁ。。。このお店に行く時はバッグは持って行けないんですね。( ̄∀ ̄;)汗

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。