プロフィール

江の島拾い歩き

Author:江の島拾い歩き
ようこそ。江の島拾い歩き管理人です。
コメント、トラックバックは、内容確認させていただいた上で記事内容に関連していれば歓迎いたします。
記事内容への疑問、注文、問い合わせ、間違いのご指摘、ファンレター(笑)などは
enoshimawalker@yahoo.co.jp
までどうぞ。
(アドレス収集ツール対策で上のアドレスは全角@にしてますので、半角の@に変えてご利用ください。)

最近の記事

カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カウンター

タグ

  • seo

ブログで紹介した画像

みんなの足@

ブログで副収入

Affiliate-B

フリーエリア


DMM.COM

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

友達申請フォーム

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長浜ラーメン in New York

ラーメン話題を二つ、どっちも同じ話の産経新聞からなんだけど、ニューヨークにラーメン専門店が進出しているらしい。

どこだろうとみたら「博多一風堂」じゃないですか! いいねえ! 海外でおいしい豚骨ラーメンに出会ったためしはないし、ニューヨークの学会に参加する意欲も少しはわくってもんだ。(笑)

学生時代は北九州で過ごした。北九州のラーメンは博多ラーメンだけじゃなくて、新日鉄関係のサラリーマンが多かったせいか関東風のもの、韓国の辛いもの、いろいろミックスされたラーメン屋さんが入り乱れていたけれども、博多と言えば基本は長浜ラーメン。
元祖長浜屋の味の素の量の多さにはびっくりするけれども、それでもついつい食べてしまう学生の味だった。

夜中に車に5人ずつ、ぎゅうぎゅうに詰め込んで10人で北九州から博多までドライブ。

みんなが替え玉を二つ三つと競い合ってぎゅうぎゅう詰めこんでいたから(笑)、帰りはさらに窮屈で豚骨くさくて気持ち悪かったりもしたなあ。

「これでもし事故起こしてみんな死んだら、全員鼻からラーメン出して発見されるんやろなあ。」

ばかばかしい話して笑い転げながら帰ってた。


NYで本格「Ramen」ブーム?有名店出店 地元メディアも特集

【ニューヨーク=長戸雅子】日本食ブームが続く米ニューヨークに日本の有名ラーメン店が相次いで進出し、地元メディアがラーメン特集を組むなど話題になっている。日本の国民食ともいわれるラーメンが「Ramen」としてSushi(スシ)を超える日も近い?

 学生ら多くの若者でにぎわうニューヨーク市マンハッタンのイーストヴィレッジ。ラーメン専門チェーン店「博多一風堂」の米国1号店「IPPUDO NY」が31日(現地時間)、オープンする。18日に開かれた報道向け内覧会には多くの米国人記者も訪れた。

 ホテルの客室などに置かれている情報誌「フロントデスク」記者、ジュリアン・テリングさんは「他のラーメンと違ってクリーミーなところが気に入った」と、とんこつ味は米国人の口に合うと太鼓判を押した。

 ニューヨークのラーメン店はもともと日本人駐在員や観光客の多いミッドタウンに点在していた。しかし、日本のラーメン店での修業経験もある韓国系米国人シェフが米国人好みのスープで売り出した「モモフク・ヌードルバー」(2004年開店)などがブームの火付け役となり、ニューヨーカーの間でラーメンが「学生向けの安いインスタント食品からトレンディーな食べ物に昇格した」(テリングさん)。





長浜ラーメンが高級志向???

う~~~ん、そうじゃないと思うけど。

まあ、ウマけりゃあいいのかなあ。みんなお上品に音を立てないで食べるのかな、替え玉はないのかな、いろいろ考えていたらその次のニュースも出ていた。




【外信コラム】アイ・ラブ・ニューヨーク ラーメンの食べ方

 「日本人が熱く語る食べ物はすしではなく、ラーメンだから」。4年ほど前、ラーメン特集を手がけたニューヨーク・タイムズ紙の記者はラーメンに注目した理由をこう話していた。いわれてみればその通り。同胞の間で盛り上がるのはすしでなく、「どこのラーメンが本物か」についてだ。

 それゆえこの数年、ニューヨークのイーストビレッジにラーメン店が続々開店していることは大歓迎だ。

 「すしみたいにヘルシーじゃないからニューヨーカーに受けないのでは」との危惧(きぐ)も何のその、先日開店したばかりの日本の有名ラーメン・チェーン店のプレス向けイベントには多くの米国人記者が詰め掛け、日本が誇る“国民食”を堪能していた。

 そこで気になったのが食べ方だ。麺だけを取り、はしにスパゲティのように巻きつけて食べる人もかなりいた。音を出して麺をすすりあげるのは、彼らの常識ではマナー違反になるということもあるだろう。ゆっくり会話しながら食べるから時間もかかる。もっとも店の方も心得たもので、伸びにくい配合にした特別麺を店の地下でわざわざ作り、提供しているそうだ。

 日ごろのマナーもここでは例外。麺を豪快にすすりあげる食べ方が当たり前になったとき、ラーメンも本当に“市民権”を得るのかもしれない。(長戸雅子) 





そうだね、ラーメンにしてもそばにしても麺をすすりあげて唇を通り抜けるあの感触と、耳に聞こえてくるその音とがすごく食欲を刺激して快感なんだけどな、麺をがんがんハイスピードで食べるの。



そういえば最近はそば屋さんでもすする音を全く出さない若い女性の集団が多いらしい。

その横で普通にすする音を立てているといやな顔をされるとか。

いやいや、われわれおじさんでも、外でパスタをいただくときには音は立てませんよ。おとなしくゆっくりいただきます。

でも、そばは音立てて食う食べ物でしょう、本来。それなのに目くじら立てないでよ。言わせてもらえば、音を立てずにそばをすする客の集団って、逆に不気味で雰囲気ぶち壊すだけの行為だと思うんだけどなあ。

テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

<< みかんの皮のお菓子 | ホーム | 快速電車の赤い色がそれとすれ違う >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。