プロフィール

江の島拾い歩き

Author:江の島拾い歩き
ようこそ。江の島拾い歩き管理人です。
コメント、トラックバックは、内容確認させていただいた上で記事内容に関連していれば歓迎いたします。
記事内容への疑問、注文、問い合わせ、間違いのご指摘、ファンレター(笑)などは
enoshimawalker@yahoo.co.jp
までどうぞ。
(アドレス収集ツール対策で上のアドレスは全角@にしてますので、半角の@に変えてご利用ください。)

最近の記事

カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カウンター

タグ

  • seo

ブログで紹介した画像

みんなの足@

ブログで副収入

Affiliate-B

フリーエリア


DMM.COM

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

友達申請フォーム

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレイからの手紙

カレイに届けられた15年前の自分の手紙。
夢のような話ですね。

<手紙>「カレイに運ばれるなんて」15年経て筆者の手に

千葉県銚子市の沖合で取れたカレイの背中に張り付き、発見された15年前の手紙が25日、筆者の川崎市宮前区の早稲田大学2年、白髭(しらひげ)奈津実さん(21)の手に戻った。白髭さんが銚子漁港を訪れて発見者の漁師の君野喜好さん(52)に会い、思い出の品を受け取った。

このお話、みなさんご存じだと思います。
海底1000メートルで捕獲されたカレイの背中に紙切れが張り付いていて、
なんだろうと思ってみたら子供の字の手紙

「この手紙を発見したらお返事をください。」

っていうあれですよね、風船につけたり、瓶に入れて流したり。
いつかどこかで、名も知らない遠くの人が拾ってくれて、あなたに返信してくれる。
そんな夢をいっぱい乗せた子供たちの手紙
大人のあなたも出したことはあるかもしれないですけど、
人の善意だけを信じて、偶然と運命を信じた手紙。

15年前に小学生が出した手紙が大学生の本人に届けられる。
しかも海底1000mのカレイが拾ってたよ、って。
いい話ではありませんか。

この人の、この人だけじゃない、たくさんの人の気持ちに
運命の巡り逢いというものは本当にあるんだなあ、
15年たってもご縁があれば必ず戻ってくるんだなあ、なんて
ほのぼのしみじみしちゃいました。

えっとね、一つだけ気になるのは腐食しない紙、ってところです。
釣りをするわれわれにしてみれば、
釣り糸はできれば分解するものを使いたい。
どこでどんなトラブルを他の生態系に及ぼすかわかりませんからね。

だからこのニュースを見た学校の先生方、
同じ丈夫な紙を使わないようにしていただければありがたいです。
雨風に打たれるのには強くても、
自然のバクテリアにゆっくり分解されるような
そんな紙で手紙を出すようにしてくださいね。(笑)

余計な話でした。
ともかく、素敵なニュースですね。

テーマ : 心に留まった事 - ジャンル : 日記

<< 鶴見で韓国料理 | ホーム | 今ならまだ戻れる >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。