プロフィール

江の島拾い歩き

Author:江の島拾い歩き
ようこそ。江の島拾い歩き管理人です。
コメント、トラックバックは、内容確認させていただいた上で記事内容に関連していれば歓迎いたします。
記事内容への疑問、注文、問い合わせ、間違いのご指摘、ファンレター(笑)などは
enoshimawalker@yahoo.co.jp
までどうぞ。
(アドレス収集ツール対策で上のアドレスは全角@にしてますので、半角の@に変えてご利用ください。)

最近の記事

カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カウンター

タグ

  • seo

ブログで紹介した画像

みんなの足@

ブログで副収入

Affiliate-B

フリーエリア


DMM.COM

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

友達申請フォーム

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬至はどうしてかぼちゃを食べるのか?

冬至はどうしてかぼちゃを食べるのでしょうか?

今年の冬至(2007年12月22日)は寒かったですね。
今日はましですけど、関東はひさしぶりにばきばきの寒さでした。

一年で一番日照時間が短い冬至ですから、
寒いのも当たり前と言えば当たり前なんでしょうけれども。。。

 「冬至にカボチャを食べると風邪をひかない」
との言い伝えにちなんだ伝統行事。

なんていうのがヤフーニュースで紹介されていました。
冬至南瓜風邪退治 天神の寺で大祭 福岡市


二十四節気の1つで、1年のうち昼が最も短い冬至の22日、福岡市中央区天神の勝立寺(しょうりゅうじ)では厄よけと開運を願う「冬至かぼちゃと毘沙門天(びしゃもんてん)大祭」があった。

ということだけど、毘沙門天まで入ってくるとはなんのこと?
ちょいと調べてみました。
したのサイトに詳しい?説明がなされていました。

冬至にかぼちゃを食べるわけ

かなりあちこちに言い伝えがあるようです。以下は引用文です。
この日「冬至かぼちゃ」といってかぼちゃを食べると病気にならないといわれ、古くから各地で言い伝えられています。そのほかにも「厄よけになる」「中風(脳卒中)にならない」「風邪にならない」「一年中おこづかいにこまらない」「長生きする」などの言い伝えがあります。

続いて実際の効能についての推測ですね。
かぼちゃが身体にいいのは皆さんよくご存知だと思います。
最近のかぼちゃは甘みも濃厚で子供たちも大好きですよね。
実際にかぼちゃには、体内でビタミンに変化するカロチンがたっぷり含まれています。ビタミンAは、肌をツヤツヤにし動脈硬化の予防になるだけでなく、皮膚や粘膜、視力、骨や歯にも効果があるものです。

では、関連性はどうかというとこういうこと?
昔の日本では冬至のころになると秋野菜の収穫も終わって、食べられる野菜もほとんどなくなっていました。そこで元気に冬を越せるようにと願いを込め、栄養もあって保存もきくかぼちゃは特別に大切にして、食べていたようです。冬にビタミンなどの供給源が不足した時代のかぼちゃは貴重なものだったといえます。

かぼちゃは室温で何ヶ月も保存が利くので、
この寒くて野菜のない時期には貴重な栄養素です。
また、実際にベータカロチンは血管の内面を綺麗にする作用もあるようで、
このことから脳卒中や心筋梗塞などの予防にもいいのではないかと、
昔の人は自然に感づいていたのですね。


・・・あれ?じゃあ、毘沙門天は???

<< 毘沙門天と冬至かぼちゃ | ホーム | 江の島から船釣りに >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。