プロフィール

江の島拾い歩き

Author:江の島拾い歩き
ようこそ。江の島拾い歩き管理人です。
コメント、トラックバックは、内容確認させていただいた上で記事内容に関連していれば歓迎いたします。
記事内容への疑問、注文、問い合わせ、間違いのご指摘、ファンレター(笑)などは
enoshimawalker@yahoo.co.jp
までどうぞ。
(アドレス収集ツール対策で上のアドレスは全角@にしてますので、半角の@に変えてご利用ください。)

最近の記事

カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カウンター

タグ

  • seo

ブログで紹介した画像

みんなの足@

ブログで副収入

Affiliate-B

フリーエリア


DMM.COM

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

友達申請フォーム

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥インフルエンザはいつ爆発するのか?

新型、つまり鳥インフルエンザが人間に広まる、

その可能性が危惧され、騒がれ出して5年はたつか。


幸いにして未だにそれ、パンデミックは起こらない。

だけど、そのチャンスはいくらでも転がっていて、

隠したがる国からブレイクするのではないかと言われる。。。




前々からうわさはされていた。

香港でやたらと鳥インフルエンザが発生する。


しかし香港にはそう言う素地はない。


人と家畜が同じ家ですむような地域、

それもニワトリやアヒルとブタと人間が

家族のように暮らす地域でインフルエンザは育つ。


どこかといえば中国大陸なのは世界の常識。



<中国>鳥インフル発生を隠ぺいか 香港人権団体が指摘

12月16日21時38分配信 毎日新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081216-00000139-mai-cn

 【台北・庄司哲也】香港の人権団体「中国人権民主化運動情報センター」は16日、中国江蘇省東台市で先月5日から、強毒性鳥インフルエンザH5N1型ウイルスにより、ニワトリが大量に死んでいるとしたうえで、当局がこの事実を知りながら隠ぺいし、感染したニワトリが上海市やほかの省で販売されていると伝えた。

 同市にある7村で、先月から約120万羽のニワトリが鳥インフルエンザで死んだ。7村では計1000万羽のニワトリが飼育されており、同センターは「1000万人の命が脅威にさらされている」と指摘した。



問題はそれがわかっていてこの国がそれを認めないこと。

毒入りギョーザにしても日本のせいにする。

メラミンだって最初はキューバの性にしていた。


自分の国に危険が潜むことを認めない。


毒入りギョーザは、メラミンは

中国製品を輸入しなければ済むのだけれども


新型インフルエンザはそうはいかない。

鳥どうしでも、鳥から人でも、人から人でも

どんな伝染携帯も可能な新型インフルエンザ、


中国で秘密にしている鳥インフルエンザの大量発生、

うやむやにしているうちにそこで育つ可能性は高い。


育てば渡り鳥と一緒に日本にも来る。


滅びの日はそう遠いことではない。

テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

タグ : 鳥インフルエンザ 中国 パンデミック

<< はやぶさ、乗ってみたいな。 | ホーム | このブログを始めて一年経ってました。 >>


コメント

スキャルパーさん

そっかぁ、私が最近やってたのはスキャルピングだったんですね。

自分がやってたことが定義づけられてうれしいような(笑)。

勉強させていただきます。

はじめまして!
すてきなブログですね。

私は投資系サイトをやっています。
よかったら一度、遊びに来てください。

スキャルピング道: http://scalpingdo.com/

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。