プロフィール

江の島拾い歩き

Author:江の島拾い歩き
ようこそ。江の島拾い歩き管理人です。
コメント、トラックバックは、内容確認させていただいた上で記事内容に関連していれば歓迎いたします。
記事内容への疑問、注文、問い合わせ、間違いのご指摘、ファンレター(笑)などは
enoshimawalker@yahoo.co.jp
までどうぞ。
(アドレス収集ツール対策で上のアドレスは全角@にしてますので、半角の@に変えてご利用ください。)

最近の記事

カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カウンター

タグ

  • seo

ブログで紹介した画像

みんなの足@

ブログで副収入

Affiliate-B

フリーエリア


DMM.COM

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

友達申請フォーム

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐竜のAI鑑定でコケコッコー

AI Autopsy Imaging とは「チームバチスタの栄光」で有名な海堂尊氏が提唱している
死因解明のためのCTやMRIによる死体観察である。

これにより遺体を損傷することなく内部イメージが観察できることから死因を推定できるし、
不足する病理医、法医学者の手間を省くことができるので
日本でこそ推奨される手段である。

もちろん、死因特定のためには解剖に優る解析手段ではないのだが、
解剖より迅速にできる、画像が証拠として残るので複数の病理医による再検討もできるなど、
内容によっては解剖よりも有用なものがあるともいえる。


ツタンカーメン王などのエジプトのミイラたちや、
氷河で発見されたアイスマンなどの鑑定にも利用されたのは有名だ。

で、それを恐竜の化石に応用すると、

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ


ヤフーニュースからだが、コリトサウルスのとさかが実は
個体識別のためのだいじな発声器官であったというもの。

人間もそれぞれ固有の声があるが、それはかなり顔の、
というか頭がい骨の形で決まってくる。

物まねのうまい人は声帯の開きかげんや口の形を
調整することで調整できるが、
井上陽水の様な声は、
彼のような頭がい骨の形でないと基本的には出ないはずだ。

アニメ声の女の子もたぶん、髪の毛をどけて頭がい骨の形を見れば
よく似た形をしているはず。(推測だけど)


恐竜でもそれは同じことだったらしい、
しかし彼らの一部はそのために身体の中に
特殊な音声共鳴装置を整えていた。

とさかである。

コリトサウルスや、サウロロフス、パラサウロロフスのとさかは
声を反響させてその個体に特有の鳴き声を
はっきりと仲間に知らしめる役目を持っていたようだ。


とさかで仲間の声を識別していた恐竜

ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト10月20日(月) 21時46分配信 / 海外 - 海外総合

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20081020-00000001-natiogeo-int

 一部のカモノハシ恐竜には、頭部全体に広がる骨質のとさかがある。新しい調査によると、そのとさかは威嚇するような太い鳴き声を出すために使われていたのかもしれないという。

 この恐竜の鼻腔を医療用スキャナで調べた結果、思春期の人間のように年をとる過程で声変わりしていたかもしれないことがわかった。また、声だけで個体を識別できたということも考えられるという。

 8500万年前から6500万年前の白亜紀後期に生息していたランベオサウルスと呼ばれるカモノハシ恐竜は、頭部にある骨質のとさかの構造は複雑で、内部には長くてループ状の鼻腔があり、その機能については何十年にもわたって議論されてきた。例えば、コミュニケーションツール、脳の冷却、嗅覚の強化といった機能が提唱されたほか、潜水用のシュノーケルという発想まであった。

 オハイオ州クリーブランドで開かれた古脊椎動物学会の年次会合で今週発表された新しい研究では、周波数の低い吠え声でコミュニケーションをとるために、とさかが使われていたという理論が支持された。この研究報告を聞いたユタ自然史博物館の古生物学者テリー・ゲイツ氏は、「この種の行動が行われていた証拠がどんどん積み重なってきている」と強調する。しかしこれまで、ランベオサウルスがそのような吠え声を捉えることができたという証拠はなかった。

 今回の新しい研究では、アメリカとカナダの3つの大学に在籍する科学者たちが医療用CTスキャンを使い、ランベオサウルス亜科4種それぞれのとさかの空洞部と脳の化石からデジタル復元を行った。その結果、蝸牛(かぎゅう)と呼ばれる内耳の管状器官が、とさかが生み出す周波数の低い音を検出できるだけの十分な感度を持っていたことが判明した。

 研究チームは、各種のさまざまな年齢にある個体の頭骨もスキャンしている。そこからわかったのは、成長に合わせてとさかも大きくなり、鼻腔の形状も変化していたということだった。研究チームのメンバーであるオハイオ大学の古生物学者ローレンス・ウィトマー氏は、「子どものとさかは未熟で、気道もわずかしか広がっていない。年を取るにつれて、気道の発達によりループ状の複雑な構造が形成され始め、とさかも高くなる」と説明する。その変化は個体によって異なるため、鼻腔は人間の指紋と同様に同じものはなかったのかもしれない。

 この結果を踏まえた研究チームの推測によると、カモノハシ恐竜はお互いの吠え声を聞き分けられる独特な声を持っていた可能性がある。

 また今回のスキャン画像から、高度な認識機能と関連している脳の領域が以前に考えられていたより大きいことも示され、この恐竜には吠え声を区別したり、解読したりできるだけの十分な知能があったとも考えられている。


こういうニュースが本当は一番好きで、
実は本棚の奥にしまいこまれた恐竜の本は
子供に買ってやったふりをして自分が集めていたものがたくさんある(笑)。

カーネギー博物館の恐竜フィギュアなんかも、
初めて見つけた時は30歳だったけど、プルプル震えたもんね(爆)。



最大サイズのブラキオサウルスを変えなかったのが今でも心残り。



いつかは買うぞと未だに狙っていたりするのは秘密です。

テーマ : フィギュア - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 恐竜 とさか カーネギー コリトサウルス パラサウロロフス

<< すなねずみかわいい♪ | ホーム | ぷりぷり びくんびくん  >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。