プロフィール

江の島拾い歩き

Author:江の島拾い歩き
ようこそ。江の島拾い歩き管理人です。
コメント、トラックバックは、内容確認させていただいた上で記事内容に関連していれば歓迎いたします。
記事内容への疑問、注文、問い合わせ、間違いのご指摘、ファンレター(笑)などは
enoshimawalker@yahoo.co.jp
までどうぞ。
(アドレス収集ツール対策で上のアドレスは全角@にしてますので、半角の@に変えてご利用ください。)

最近の記事

カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カウンター

タグ

  • seo

ブログで紹介した画像

みんなの足@

ブログで副収入

Affiliate-B

フリーエリア


DMM.COM

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

友達申請フォーム

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェ・ジンシルさんが追い込まれた社会

韓国の大人気女優だったチェ・ジンシルさんの自殺報道。




この数日はブログのあちこちでこればかりで
皆さんうんざりかもしれないけれども、
ちょっと気になったので読んで見て、話題として書いてみた。

韓国の封建社会が閉塞から解き放たれようとしている
その中での悲劇という感じがしたので。


参考にしたのは以下のニュースです。

韓国の殺人ネットの恐怖、芸能人相次ぎ自殺 後追いも続発

2008.10.04.09:13 iza!ニュース

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/korea/184115/

 韓国のトップ女優、チェ・ジンシルさん(39)の自殺後、韓国内で後追い自殺が相次ぐなど波紋が広がっている。チェさんの自殺はネットでの攻撃が引き金とされるが、実は韓国ではネットの書き込みが原因で芸能人が次々命を絶っている。


というのが書き出し。

そういえば去年もすごくかわいらしい女優さんが自殺していたのを思い出した。

美容形成手術をネットで揶揄されて、
人造人間などと呼ばれたことが原因らしいのだけれども、
韓国では美容形成はみんな受けて当たり前だ。

・・・という社会だったと思っていたのに、
追及されるといやなのかなと不思議に思ったのだが、
よっぽどひどい書き込みをされたのかな。

ぐらいで忘れていた。


 ネットの書き込みが原因の自殺はチェさんが初めてではない。昨年、人気歌手のユニさん=当時(25)=と女優のチョン・ダビンさん=同(26)=が、整形をめぐる噂を苦に自殺。3年前にも人気女優のイ・ウンジュさん=同(24)=が自殺している。

そうそう、そんな名前だった。

問題は彼女たちがネットの書き込みで
自殺に追い込まれるということ。

ネットの書き込みなんか、
日本のネットなんかもひどいもんだと思うけど、
それで思いつめる人はいないのに?

と、ちょっと不思議な気がしたのだが、
この記事の中で以下のように書かれていた。


 水野教授は、日本よりもメディアの数が限定され、日本のワイドショーのように芸能人のゴシップを取り上げるメディアが韓国に少ない現状を指摘。そのうえで、「既存のメディアで欲求が満たされない分、何かあればネットで検索することが日常化している。その結果、ネット情報が非常に力を持ち、容赦ない書き込みが人を傷つけることもある」と言う。


これは意外だった。

韓流のドラマなんか見てても昔の日本のドラマそっくりで、
スキャンダラスな話もバンバン出てくるし、
ゴシップや悪意ある噂には抵抗性ありと思っていたら
全然それへの免疫ないんですね。

ネットの書き込みなんか日本では芸能人は
ゼロではないにせよ、あまり気にしないでしょうに。


韓国は儒教の考えが深く浸透していて、
いわゆる長幼の序が大事にされる社会だ。
子供は親に絶対的に従うのが基本、嫁もおなじ。

そして同時に、世間体をすごく大事にする。
後ろ指さされない生き方、というのを気にかける。
もちろん自己主張はするけれども、
それは主張するだけの自分にプライドを持つということでもある。


その社会が、半ば封建的な社会が、
心の中の鬱憤を握りつぶしていた社会が
ネットという発表の場ができて崩れ始めている気がする。

日本はすでに第二次大戦後のGHQの策略で崩れていた、
でも、韓国は戦前の日本と似た社会が戦争の勝利で維持された。
そこにしだいにひずみが出て来たのだろうね。

韓国だけにとどまるのならばともかく、
多種多様な文化や概念が韓国にもなだれ込んでいる。

おそらく、それが封建社会を崩壊させることを
年長の韓国人たちは嗅ぎ取っていて、
それもあって、長らく日本文化の完全輸入禁止を
貫いていたのではないだろうか?

ただ単に反日感情だけではなく、
封建社会を維持するために。



しかし、インターネットの普及で事情は変わった。
分化はいやおうなしに流れ込むから、
日本文化の輸入禁止も有名無実になり解放された。

さらに、
ネットという匿名の暴力の場が開放されたおかげで
それまで内に秘めて我慢していた社会への不満が
攻撃しやすいものへの攻撃という形で噴出している。


その変化に乗っていける人たちは平気なのだけれども、
長幼の序や秩序を守ることに懸命な人たちは
その攻撃にさらされると弱い。

自殺に追い込まれた女優たちはきっと、
常識や秩序を守る良識派だったのではないだろうか。

ある意味、昔の良識を引き継いだがために
変化に耐えられなかった。


まだウェブ2.0という言葉が出て10年もたたない。
ウェブ上でのやり取りに対して、
その匿名性故の暴力に人々が慣れるのには、
あと数年かかるのではないか。

不幸にして韓国の有名人たちは
その時代の変遷の矢面に立たされて苦しんでいる
そういうことになるのではないだろうか。



・・・ってまたどうでもいい主張書いちゃった。

どうもすみません~。

テーマ : 考えさせるニュース - ジャンル : ニュース

タグ : チェ・ジンシル 韓国 封建社会 ネットの書き込み 自殺

<< チェ・ジンシル法案の提出 | ホーム | ブロードウェイの劇場の消灯の歴史 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。