プロフィール

江の島拾い歩き

Author:江の島拾い歩き
ようこそ。江の島拾い歩き管理人です。
コメント、トラックバックは、内容確認させていただいた上で記事内容に関連していれば歓迎いたします。
記事内容への疑問、注文、問い合わせ、間違いのご指摘、ファンレター(笑)などは
enoshimawalker@yahoo.co.jp
までどうぞ。
(アドレス収集ツール対策で上のアドレスは全角@にしてますので、半角の@に変えてご利用ください。)

最近の記事

カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カウンター

タグ

  • seo

ブログで紹介した画像

みんなの足@

ブログで副収入

Affiliate-B

フリーエリア


DMM.COM

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

友達申請フォーム

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中山元国土交通省大臣の発言の詳細

開き直って日教組批判など展開している中山氏おもしろい(笑)。
自己主張を貫く、政治家はこれでいいんじゃないかなと思う。
反対する人は選挙の時に投票しなければいいんだからさ。

日教組批判は「確信犯」=辞任会見で自画自賛-中山氏

中山元国土交通省大臣の問題となった発言について
フレッシュアイペディアに載っていた中山氏の発言を転載させていただきました。

それに対する”・・・私の意見>”を書いてみました。


政治や思想に関しての議論が嫌いな人はスルーしてくださいね。
あくまでも、一市民の意見ですからよろしく。

発言その1

2008年9月25日、成田空港拡張工事への反対派に対して、「戦後教育が悪かったと思うが、公のためにはある程度自分を犠牲にしてでもというのがなくて、自分さえよければという風潮の中で、なかなか空港拡張もできなかったのは大変残念だった。」と述べた。

・・・私の意見>

これは中山氏に問題あり。
強制撤収された農村には豊かな馬の牧場があり、住民はその場所と暮らしを愛していた。
国益のために個人が迫害されて滅私奉公するべきというのはおかしい。

ただし問題は、この成田闘争にも政治や思想が大きくかかわり、最終的には住民の思惑なんかそっちのけで自民党政権 vs 反権力+共産主義勢力の争いの場となっていた。
ここに関わった熊本県出身の機動隊員が死んで、熊本県内に建築中だったその人の家に反対派が押しかけて「成田を犠牲にして得た死亡補償金で家を建てやがって」と投石を繰り返したという、なんとも悲しくなる話もある(これは伝聞で裏は取っていません)。
投石した人たちはほんとうにそう思い込んでいたのかもしれないけれども、死んだ機動隊員の遺族は夫や父を失い、さらに家も失った。
そういうことも念頭に置いての怒りだったとしても、ともかくこの発言はダメ。素直に謝罪すべき。


また教育問題について、「(贈収賄事件のあった)大分県の教育委員会のていたらくなんて日教組ですよ。」「日教組の子供なんて成績が悪くても先生になる。」「(日教組が強いから)大分県の学力は低い」と、日教組を批判した。この発言に対し日教組の岡本泰良書記長から抗議文書が送られる事態に至る。
また、(文科相時代に)全国学力調査を提唱した理由も、自説を証明するためであり、証明が完了した以上調査の役割は終わったとも述べた[3]。しかし、学力に関しては日教組が強く学力も高い地域、日教組が弱く学力が高い地域、日教組が弱く学力が低い地域、日教組が強く学力が低い地域(中川の発言に沿った地域)などさまざまであり、朝日新聞は、全体的な相関関係はうかがえないとしている[4]。

・・・私の意見>

中山氏、心底、日教組が嫌いなんだね(笑)。
大分県の日教組が強いか弱いかは知らないが、一般的な市民の意見として言わせていただくと、日教組の活動に熱心な先生は授業なんてそっちのけの方が多い。
確かにそういう先生が多ければ自習に次ぐ自習で、学校に行く意味は友達に会いに行く以外にない、そんな学校だったという友人を何人も知っている。
極端な話では、小学校5年生の時の担任は途中から日教組の大事な立場になったとのことで週に1日か2日しか学校に来なかった。自習が原則だったので教室は毎日無法地帯だった、という人知ってる。
勉強どうしたの?と聞いたら、地域の父兄は教育熱心で、塾と家庭教師だけでなく、父兄も協力し合って学習を補ったとのこと。日教組の活動が活発でも必ずしも学力は落ちない、という朝日新聞さんの主張の裏にはこれがあったりして(笑)。ということで中山氏の日教組に対するとらえ方はけっこう真実ついてると思うんだが、大臣の立場で裏付け取らずに言っては確かに問題ありだね。
これは軽率。賛同するけど(笑)、立場上は不用意すぎる発言。


また、海外からの外国人観光客の誘致策を問われた際、「日本はずいぶん内向きな、単一民族といいますか、世界とのあれがないものだから内向きになりがち。まず国を開くというか、日本人が心を開かなければならない。」と述べた。しかし同日晩にはこれらの発言について、誤解を招く表現だったとして撤回し、陳謝した。また「日本は単一民族といいますか」と発言したことについては「アイヌの人々が独自の宗教、文化を持った民族であることは認識している」と語った。[5]

・・・私の意見>

これはよく読めば「日本は単一民族だ」とは一言も言ってないのはお分かりになるかと思う。
「あたかも単一民族であるかのように内輪で固まって外の人に対して心を開かない。」と言っているだけじゃないか。
これをもって「アイヌの人をないがしろにした」などと訴えるのは「上げ足とり」以外の何物でもないように思える。
撤回する必要も訂正する必要もないと思うけど。あえて言えば、日本語を理解するのに頭の不自由な人々に向けてもう少しわかり易く言うべきだっただろう。


ただ、日教組に対する批判については「撤回はしない。わたしは日本の教育のガンは日教組だと思っている。ぶっ壊すために火の玉になる」「何とか(日教組を)解体しなければならない。」と述べ[6][7][8]、千葉県知事・ウタリ協会代表からの抗議申し入れは直接応対したものの日教組に対しては拒否。日教組側は「非常に憤りを感じる」「直接本人に会って、真意を伺うとともに、改めて辞任を求めていきたい」とコメントした[9]。

・・・私の意見>

がんばれ~、中山個人として(笑)。私、個人としても、この発言は一理あると思う。
なんといっても「ゆとり教育」を推進したのは日教組であり、その結果、どういうことが起こっているかはここで説明するまでもない。日本の教育をダメにし、資源のない国の貴重な資源である高い教育レベル、という宝物をぐちゃぐちゃにしたゆとり教育、そのけん引役はまさしく日教組なんだから。


成田空港問題や民族についてなど、過去の政府見解とは異なる私見を閣僚が発言したことで批判が出た[10]。橋下徹大阪府知事は、中山の発言について「表現方法は賛否両論あると思うが、本質をついているような発言なんじゃないですか」と語り、また自身の経験と重ねて、「(学力調査の公開には)教員が大騒ぎして大反対している。教員組合が強いかどうかはわからないが、教員が教育の中立性の名の下に府民の声を聞かなかった」などと述べ、中山を擁護した[11]。

・・・私の意見>

そう、私見を述べる立場じゃないんだけどね、閣僚って。そこはもう、どうしようもなかった。でも、辞任に追い込んだのはさらに事態を悪化させただけだと思ったけどね。
橋下徹大阪府知事もがんばれ~。国や自治体を統べていく政治家は自己主張をはっきりする方がいいと思うし、言いすぎは世論でいさめるべきだけれども、寄ってたかって攻撃して政治をさせないままに辞任に追い込むのは異常だと思う。やらせてみようよ、まず。


2008年9月27日、大臣辞職の意向を固める[12]。

・・・私の意見>

・・・・・・・・・あ~あ。(-_-;)

テーマ : 報道・マスコミ - ジャンル : 政治・経済

タグ : 中山大臣 発言 日教組

<< メニエール病に診断変更しますね♪ | ホーム | 学校崩壊、医療崩壊、そして政界崩壊 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。