プロフィール

江の島拾い歩き

Author:江の島拾い歩き
ようこそ。江の島拾い歩き管理人です。
コメント、トラックバックは、内容確認させていただいた上で記事内容に関連していれば歓迎いたします。
記事内容への疑問、注文、問い合わせ、間違いのご指摘、ファンレター(笑)などは
enoshimawalker@yahoo.co.jp
までどうぞ。
(アドレス収集ツール対策で上のアドレスは全角@にしてますので、半角の@に変えてご利用ください。)

最近の記事

カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カウンター

タグ

  • seo

ブログで紹介した画像

みんなの足@

ブログで副収入

Affiliate-B

フリーエリア


DMM.COM

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

友達申請フォーム

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼岸花の哀愁

彼岸花が江ノ電の線路わきに咲いていました。

彼岸花が江ノ電の線路の敷地内に咲いていました。


今年は天候不順のせいか、少し遅かったようです。

江ノ電沿いの民家の庭のそれはもっと早くに咲いていたので、
江ノ電の線路わきの環境が苛烈だったというだけのことなのかも知れません。



彼岸花はあまり良いイメージが持たれていませんよね。

子供の頃には素手で触ると死ぬから近くによっちゃダメなんて
近所のお姉ちゃんに言われて、怖くて遠巻きに見たものです。


そんな怖い花がなんでこんなにいっぱい植えてあるんだろうと思うぐらい、
熊本の田んぼのあぜ道にはびっしりと生えていました。

実はあぜ道にびっしり生えているのにも、
死ぬから触っちゃダメというのにもそれにはそれなりの理由があって、
そのように植えられ、言い伝えられているのだということは
ずっと後になって知りました。



彼岸花、曼殊紗華(まんじゅしゃげ、まんじゅしゃか)は
まっすぐの茎の先に真っ赤な花が咲き、放射状に広がりますね。

彼岸花のつぼみと花、つぼみは赤くてまっすぐなつつのようなものが数本生えている。


群生するそのさまは色鮮やかで美しいのですが、
別名は地獄花、死人花とまで呼ばれます。

一つの理由はその植物体全身に毒があるからです。

手で触れるぐらいではなんてことないのですが、
茎や球根、春先の葉っぱを食べると運が悪いと死ぬほどの毒です。


もう一つの理由は、これも毒のせいなのですが、
その毒を利用した先人の知恵がこの花によくないイメージをもたらしました。

毒があるから、田んぼの周りのあぜ道に植えておくと、
それを嫌ってモグラやネズミが寄り付かないということらしいのです。

それで稲を守るためにあぜみちにびっしりと曼殊紗華を植える。


同じ理由で、昔は土葬だったお墓の遺体を
動物にほじくり返されないようにお墓の周囲にもたくさん植える。


土葬の遺体が分解されると土壌の肥やしになりますから、
死者を埋めたばかりのお墓の上の曼殊紗華は美しく咲き誇ります。

それはまるで死者が花の形を取って
この世に何かを伝えに戻って来たかのようで、、、死人花。


リーズナブルなんだけど、かわいそうですね。

綺麗な花なのにそれを毒として便利に使っている
人間自らが不気味なイメージを重ね合わせてしまう。


ということで江ノ電沿いの彼岸花、
目で見るだけでも愛でてあげたいなと思いながら歩いています。

江ノ電の線路沿いに生えている彼岸花、数は少ないけれども緑の草むらの中の赤が鮮やかです。


江ノ電の 風にかしこみ 彼岸花

テーマ : 徒然なるままに… - ジャンル : ブログ

タグ : 曼殊紗華 彼岸花 地獄花 死人花 お墓 あぜ道 モグラ

<< 尊敬する野球人は王監督ですが、それはそれ、野球は阪神です! | ホーム | 王監督から城島選手への言葉 茶の湯と同じ心とは >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。