プロフィール

江の島拾い歩き

Author:江の島拾い歩き
ようこそ。江の島拾い歩き管理人です。
コメント、トラックバックは、内容確認させていただいた上で記事内容に関連していれば歓迎いたします。
記事内容への疑問、注文、問い合わせ、間違いのご指摘、ファンレター(笑)などは
enoshimawalker@yahoo.co.jp
までどうぞ。
(アドレス収集ツール対策で上のアドレスは全角@にしてますので、半角の@に変えてご利用ください。)

最近の記事

カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カウンター

タグ

  • seo

ブログで紹介した画像

みんなの足@

ブログで副収入

Affiliate-B

フリーエリア


DMM.COM

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

友達申請フォーム

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元若ノ鵬が態度豹変、地位確認求め提訴

大相撲大麻疑惑事件の口火を切ったのは若ノ鵬だった。

大麻はうっかり落とした財布に入っていた。


彼自身、大麻の常用を認めて、解雇にも泣きながら納得していたのに

誰か入れ知恵した?

この提訴で儲けてる人だよね・・・



若ノ鵬はまだ20歳になったばかりの若手力士だった。

それでいて幕内で活躍しだしたところで、将来有望だったんだけど、
ロシアでついた悪い癖が抜けていなかった。

解雇の時のしょげぶりも素直な若者って感じだった。

大麻を吸うということがどれほど日本では強い禁忌に触れることか、
十分に理解したと思っていたんだけれども

なんでまた急に態度が変わったんだろうね?



ニュースは以下の通りだ。

角界大麻汚染 元若ノ鵬が地位確認求め提訴

9月11日21時28分配信 産経新聞

角界大麻汚染 元若ノ鵬が地位確認求め提訴

大麻所持で逮捕された元若ノ鵬は保釈され、謝罪会見を行った=8日、午後、東京・千代田区の司法クラブ

 大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕され、8日に処分保留で釈放された大相撲の元幕内力士、若ノ鵬(20)(本名・ガグロエフ・ソスラン)=ロシア国籍=が11日、日本相撲協会から解雇されたことを不服として、力士としての地位確認などを求める訴訟を東京地裁に起こした。

 訴状によると、元若ノ鵬は平成17年、力士として、同協会に雇用された。今年8月18日、大麻を所持していたとして逮捕され、同月21日に解雇された。

 元若ノ鵬側は「協会の過去の処分例で、私生活上の犯罪行為で解雇した例は皆無。時津風部屋の力士による傷害致死事件でも出場停止にしているだけ。他の事例と比べても極めて厳しい処分で、協会の権利の乱用に当たる」と訴えている。


時津風部屋の傷害致死はひどい話で、
あれも解雇されてしかるべきものではあったけれども、
大麻吸引と比較に出すべきものではないと思うよ。

大麻吸引がどうしてきびしい目で見られるのか、

日本において「麻薬」という言葉は暴力団や凶悪犯罪と表裏一体で
倫理的な部分で極めて多くの人から断罪される犯罪であること、
これは14歳から大麻を当たり前に吸うことのできる
ロシアで育った彼には理解できないのかな。

そうも思ったけれども、同じ日の朝にはしょんぼりと処分を受け入れたのに

元若ノ鵬、提訴せず「まげを切って下さい」親方と涙の抱擁

9月11日8時1分配信 スポーツ報知

 大麻所持で逮捕された元幕内・若ノ鵬(20)が10日、解雇を受け入れる意思を固めた。前日は日本相撲協会が下した解雇の無効を訴え法的手段も視野に入れていたが、この日、所属していた間垣部屋など都内3か所を謝罪行脚。間垣部屋では間垣親方(元横綱・2代目若乃花)に涙で断髪を希望し、3年間の短い力士人生にピリオドを打った。

 元若ノ鵬は、知人の出版プロデューサー・高須基仁氏らを伴い、墨田区の間垣部屋を紋付き袴(はかま)姿で訪問。頭を下げて復帰を希望したが、間垣親方に「解雇されたからもう戻れない」と却下された。その言葉に観念したのか、別れ間際には「まげを切ってください」と号泣。師弟で泣きながら抱き合った。結局断髪はしなかったが、力士の命を切り落とす決意で引退を受け入れた。

 その後、04年9月の来日時に世話になった江東区の大嶽部屋を訪ね、元横綱・大鵬の納谷幸喜さんと大嶽親方(元関脇・貴闘力)に謝罪。最後に元露鵬(28)と元白露山(26)が住む中央区のマンションを訪問した。だが、インターホンで言葉を交わしただけで、わずか1分で門前払い。若ノ鵬事件がなければ抜き打ち尿検査はなく、2人の解雇につながらなかった。門前払いは解雇の原因を作った怒りの表れか。謝罪行脚の最終地点で残酷な現実が待っていた。


それが夜には身分の保全を求めての提訴。

この提訴をすることで得をするのは少なくとも若ノ鵬ではないね。

若い子であること、素直に自供したこと、涙を見せる姿など
日本人の心情に彼自身の姿は訴えかけるものはあった。

今回、おとなしく反省していれば他の二人と比較してのことからも、
同情するような意見はその内にどこかから出ただろう。
活路は開けたかもしれないのだけれども、提訴するようではそれはない。

もちろん自力で戦うのは彼の選択であり、それはそれで認めるが、
麻薬の使用は日本においては「社会にこうべを垂れて反省すべき」犯罪であり、
開き直って戦うように見える今回の態度、
成功への道であるようには思えないのだけれどもね。


彼自身の自我を支えるという上ではしかし、提訴もしょうがないのかな。

どうなるのか法廷に決着を持ち込むのはこの国に生きているものの権利だ。
どう決着するかはともかく、納得いくことは個人としては大事だろうね。


しかしほんとうに、誰か入れ知恵したとしか思えないんだけど(笑)。


テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

タグ : 若ノ鵬 提訴 入れ知恵 麻薬 大麻吸引 地位保全

<< チャバネくんのいた新幹線のぞみ号 | ホーム | 統合失調症の原因遺伝子のひとつ、と言っていいのかな? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。