プロフィール

江の島拾い歩き

Author:江の島拾い歩き
ようこそ。江の島拾い歩き管理人です。
コメント、トラックバックは、内容確認させていただいた上で記事内容に関連していれば歓迎いたします。
記事内容への疑問、注文、問い合わせ、間違いのご指摘、ファンレター(笑)などは
enoshimawalker@yahoo.co.jp
までどうぞ。
(アドレス収集ツール対策で上のアドレスは全角@にしてますので、半角の@に変えてご利用ください。)

最近の記事

カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カウンター

タグ

  • seo

ブログで紹介した画像

みんなの足@

ブログで副収入

Affiliate-B

フリーエリア


DMM.COM

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

友達申請フォーム

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北京五輪のトーチもデザインしたピニンファリーナが・・・

北京五輪の聖火トーチのデザイナーでもあるピニンファリーナさんが・・・

ピニンファリーナと言えばイタリアの有名なカロッツェリアで、
現在の会長はアンドレア・ピニンファリーナさんだが、
交通事故で突然他界
されてしまった。

交通事故ってホントにあっけないなあ、まだ51歳、これから一花も二花も咲かせるところだったのに。


アンドレア・ピニンファリーナ、交通事故で死亡

8月7日21時10分配信 レスポンス


フェラーリなどのデザイン開発・設計を手がけるイタリアのカロッツェリア、ピニンファリーナのアンドレア・ピニンファリーナ会長兼社長が、イタリア時間7日朝、トリノで交通事故のため死亡した。51歳だった。

アンドレア・ピニンファリーナ会長は午前8時過ぎ、灰色のベスパ・スクーターに乗ってモンカリエリの自宅からカンビアーノの研究センターに出勤途中、78 歳の男性が乗る赤のフォード・フィエスタと衝突。路上に投げ出された。アンドレア会長は、近くの病院に運ばれたが死亡が確認された。



フェラーリの名車たち、どれがなんだかわかりますか?

こちらはちょっと古いけれども有名なモデル。




こういう名車たちをデザインしたピニンファリーナの後継者の死亡、経営危機が叫ばれていた時期だったこともあり、痛すぎる事故だ。


目撃者によると、当時現場で荷おろしをしていたトラックで視界が悪かったという。

アンドレア・ピニンファリーナ氏は、ピニンファリーナ家の3代目。1981年トリノ工科大学を卒業し、1983年にピニンファリーナに入社。2001年に社長に就任した。 今年春までは、イタリア工業連盟の副会長も務めていた。

7日昼には、早くもジャンフランコ・フィーニ上院議長をはじめ、数々の政財界人から追悼のメッセージが送られている。フィアットのモンテゼーモロ会長も「大切な友人を失った」とコメントを発表している。


1974年に池沢さとしという人の書く「サーキットの狼」という漫画が引き金となり、スーパーカーブームという奴が始まった。

そのときに最も目を引いたスーパーカーと言えばランボルギーニカウンタックだったのだけれども、個人的には小学生のころにそのフォルムに一目ぼれしてポスターを買っていたフェrクァーリ・ディーノが大好きだった。

そのフェラーリのいくつものスーパーカーのデザインを手掛けていたのがカロッツェリアのピニンファリーナ。


でも、実は幅広い車のデザインを手掛けていて、日産の名車もピニンファリーナのデザインがあった。



これは今回のことで調べるまで知らなかった。


スズキセルボもジウジアーロデザインだったり、イタリアのカーデザイナーが日本車の造形美に与えた影響は大きい。

ピニンファリーナがその個性を失わないままに、自動車デザインの世界に引き続き才能を発揮し続けて行ってくれることを切に願う。

テーマ : カスタム - ジャンル : 車・バイク

タグ : ピニンファリーナ フェラーリ F40 ブルーバード 北京五輪トーチ

<< 北京五輪とロシアとグルジア、中国とチベット | ホーム | 回収ギョーザの横流しでメタミドホス中毒 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。