プロフィール

江の島拾い歩き

Author:江の島拾い歩き
ようこそ。江の島拾い歩き管理人です。
コメント、トラックバックは、内容確認させていただいた上で記事内容に関連していれば歓迎いたします。
記事内容への疑問、注文、問い合わせ、間違いのご指摘、ファンレター(笑)などは
enoshimawalker@yahoo.co.jp
までどうぞ。
(アドレス収集ツール対策で上のアドレスは全角@にしてますので、半角の@に変えてご利用ください。)

最近の記事

カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カウンター

タグ

  • seo

ブログで紹介した画像

みんなの足@

ブログで副収入

Affiliate-B

フリーエリア


DMM.COM

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

友達申請フォーム

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ABO式血液型の遺伝子

きわめて元気ないのですけれども
こういうときこそまじめな話を書いてみます。

明日は高校生相手にいろいろしゃべるので、そのネタの一部について


ABO式血液型と言うものがあります。

A型は几帳面だとかB型は個性的だとかO型はのんびりやさんだとか、
性格と血液型の関連性はよく言われますよね。


これは本当に違いがあることなのでしょうか?
それともただの噂、迷信の類でしょうか?


A型、B型、あるいはO型の違い、
これは赤血球の表面に糖をつける
糖転移酵素の違いにより表わされます。

まず、赤血球表面に存在する糖には
H抗原と言うものが付いているのですが、

これにさらに糖をつける糖転移酵素には大まかに2種類あって
H抗原にNアセチルガラクトサミンをつけるのならA型の酵素を持ち、
α-ガラクトースをつけるのならB型の酵素を持つことになります。

A型

)-{H抗原}-Nアセチルガラクトサミン

B型

)-{H抗原}-αガラクトース


じゃあ、O型はどうなのかと言うと、どちらもありません。
だからO型の人の赤血球表面にはH抗原がむき出しになっています。

)-{H抗原}-


これらの血液型の違いですが、
実は同じ遺伝子のわずかな変異による差であることが
日本人研究者らの研究で1990年に解明されています。

実はA型もB型もO型もすべて同じ遺伝子の
ほんの数か所の違いで全く違う性状を示すことが
その研究で解析されました。

進化的に見て基本型はA型です。
これは354個のアミノ酸をコードしていて、
これがN-アセチルガラクトサミンと呼ばれる糖を
くっつける酵素たんぱくの配列です。

B型の糖転移酵素は、α-ガラクトースと呼ばれる糖をつけますが、
これはA型の遺伝子配列とたった7塩基違っているだけで、
アミノ酸にして4つ違うだけなのです。

わずか4塩基の違いが糖転移酵素の作用を変えてしまっていたのです。

O型の遺伝子配列は途中に塩基が一つ余分に挿入され、
フレームシフトと呼ばれるずれが生じるために、
88個目から別のアミノ酸がつながり、
しかも117個のアミノ酸で終わってしまい、
酵素活性をもたないのです。


・・・とここまでわかりますか?

ついてこれない?

すみません。

  高校生は・・・この説明じゃあ無理かな。(笑)



で、何が言いたいかと言うと、
血液型の違いと言うのは大きな違いのようでいて、
遺伝子までさかのぼると遺伝子7つとか、1つとかの違いなわけです。

血液型は例としてはあまりよろしくないのですが、
こういう遺伝子のちょっとした違いと言うのは実はたくさん知られていて、
同じ一つの遺伝子であっても、何パターンかあったり、
あるいはその発現の多い少ないが起きる変異があったりします。

この違い、遺伝子一つだけが他のものに変わっている
と言うものに注目すると、
1000塩基対あたり一つの割合で指摘されます。

これを一塩基多型(single nucleotide polymorphism: SNP)と言うのですが、
人間の全遺伝子配列が30億塩基対あることを考えると、
実に300万か所もこのようなバリエーションがあることになります。


つまり我々人間の細胞の中の遺伝子を見た時に
A型、B型、O型と言う血液型の種類に見るような
個人の性質などを決めるバリエーションは
300万組にのぼると言うことです。



・・・・え?よけいわからない?



う~ん、手っ取り早く言うと、
血液型みたいに個人を区別する生まれ持った違いは
遺伝子レベルで言うと300万種類あると言うこと。

だから仮にそれが300万か所すべて4種類あるとすれば
4の300万乗のパターンだけ
人間の遺伝子の組み合わせがありうると言うことです。

つまり、完全に遺伝子が一致する人間など、
一卵性双生児か、さもなくばクローン以外あり得ないと言うことです。
(ミトコンドリアまで考えるとクローンでは
 完全一致はないかもですが、それは置いておいて)


血液型一つとってもこれだけいろんなことが言われているのに、
そんなに様々なバリエーションがある人間同士、

能力や外見や性格が違うのも当たり前だし、
意見が食い違ってぶつかって当たり前だということです。
これだけ違う人間同士、同じものを見ても違うように見えて当たり前。

それが人生の一時期だけににせよ

仲良くできたり、
同じ絵を見て感激し、
同じ音楽を聞いて涙を流し、
そして愛しあったりできる、

と言うことは奇跡的なことだから、

それを神様に感謝して、大事にしていってくださいねと言うことです。


きみたち 今から、がんばれよ。





テーマ : 科学・医療・心理 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 血液型 糖転移酵素 遺伝子多型

<< 半年経つのにまだ、なんてね、 | ホーム | 甲子園へ行ける最後の日も暑い朝です。 >>


コメント

コメントありがとうございます

わかりやすく、でも詳しく書こうとしたのですが、
けっきょくわかりにくかったですね(^_^;)。

もう少し頑張ります。

でも、何か感じてもらえてよかったです♪

難しすぎます(T-T)

はっきり言って私の脳のレベルではまったく理解できませんでした(;^_^A

でも奇跡的に出会った大切な人とずっとつながっていられるように努力していきたいと思いました(*´∀`)

いえ、努力させていただきたいと決意させていただけたかな(^-^)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。