プロフィール

江の島拾い歩き

Author:江の島拾い歩き
ようこそ。江の島拾い歩き管理人です。
コメント、トラックバックは、内容確認させていただいた上で記事内容に関連していれば歓迎いたします。
記事内容への疑問、注文、問い合わせ、間違いのご指摘、ファンレター(笑)などは
enoshimawalker@yahoo.co.jp
までどうぞ。
(アドレス収集ツール対策で上のアドレスは全角@にしてますので、半角の@に変えてご利用ください。)

最近の記事

カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カウンター

タグ

  • seo

ブログで紹介した画像

みんなの足@

ブログで副収入

Affiliate-B

フリーエリア


DMM.COM

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

友達申請フォーム

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都は錦林の黒谷さんで犬の散歩お断りやって

京都は錦林の黒谷さんで犬の散歩お断りやって

藤沢に引っ越してくる前は京都に10年ほど住んでいました。
左京区の某大学に勤めていましたが、
敷地内の最南端の建物に勤務先があり、
南の門を出て左に700mばかり歩くと、このお寺でした。

観光地としては知られていませんが、
非常に広い由緒あるお寺で、お昼休みに気分転換に境内歩いてました。
春は桜もいいのですが石段に生えている菫(すみれ)が可愛くて
とても好きな空間です。

ところがワンちゃんに荒らされてたんですねえ。。。


犬の散歩、新年からお断り
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071230-00000010-kyt-l26

寺によると、数年前から犬のふん尿処理のまずさが目立つようになってきた。1854(嘉永7)年に再建された山門のケヤキの柱に、犬のおしっことみられるものがかかっているのを僧侶が毎日のように見掛けるようになり、寺は「柱の下部が白く変色している原因の一つ」とみている。京都府文化財保護課も「湿気が上がって柱の下部が変色することはよくある。原因は特定できないが、犬のおしっこの可能性もある」とする。
 また、犬のふんが境内に放置され、1週間でポリ袋3つ分を処理するようになった。今のところ被害はないが、大型犬を境内で放す飼い主もおり、寺の職員からは年配の参拝者や境内の幼稚園に通う園児を心配する声も出ていた。


これは飼い主のモラルの問題ですよね。

しつけをしないままに走りまわらせる、
行儀の悪さを注意されたら逆切れして怒鳴り返す。
犬のやることだからしょうがないんや、というのは言い訳です。

ちょっとぐらいいいだろうという態度が重ねって行くと
その被害は結局自分たちに跳ね返ってくるわけで、
一番の被害者は貴重な遊び場所を失った犬たちかもしれません。

江の島の海岸での花火禁止と通じるものがありますね。

夏の砂浜でする花火は楽しいんだけど、
ロケット花火を夜通し打ち上げるやつらや、
3時になっても4時になっても花火で大騒ぎする連中のおかげで
見事に花火禁止になってます。

モラルを守って、というか周りの人の気持ちを考えれば
当然守るべき限度(節度)にまったく思いが行かないって、
困った世の中になっています。



おじさんですみません(^_^;)。




<< 江の島水族館のクラゲタワー | ホーム | 30年前の江ノ電の風景 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。