プロフィール

江の島拾い歩き

Author:江の島拾い歩き
ようこそ。江の島拾い歩き管理人です。
コメント、トラックバックは、内容確認させていただいた上で記事内容に関連していれば歓迎いたします。
記事内容への疑問、注文、問い合わせ、間違いのご指摘、ファンレター(笑)などは
enoshimawalker@yahoo.co.jp
までどうぞ。
(アドレス収集ツール対策で上のアドレスは全角@にしてますので、半角の@に変えてご利用ください。)

最近の記事

カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カウンター

タグ

  • seo

ブログで紹介した画像

みんなの足@

ブログで副収入

Affiliate-B

フリーエリア


DMM.COM

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

友達申請フォーム

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明石焼きな餃子

明石焼きは好きです。焼きあがってふわふわのやつがきれいな陶板に乗って出てきたのを、お出汁につけてほふほふ言いながらいただくのが好きです。

あのあっさりした出汁が、明石焼きの焼き具合と固まった小麦粉に封じ込められた味をまた引き立ててくれるんですよね。

で、明石焼きの話じゃなくって、餃子の話(笑)。


この前は麺丸さんの餃子の話を書きました。

酢とハラペーニョとお塩でいただく焼き餃子の美味しかったこと。


今日は麺バカ息子さんの餃子のお話です。

アジアン和風餃子、この画像でございます。

和風餃子 魚粉たっぷり



なんだかきなこ餅みたいに見えますが(爆)、焼き餃子です。きな粉みたいに降りかかっているのは魚粉なんですね、けっこうびっしり振りかけてあります。

この魚粉が和風なのかと言うと、和風の本体はこちらにあると思うのですね、お出汁です。

和風餃子の出汁 麺バカ息子


このきな粉餃子、じゃないや、魚粉餃子をこのお出汁にふわっとつけていただくのです。


この和風出汁ってひょっとしてつけ麺の時にスープを飲むときに足すのに使うあの和風スープなのかな?

塩分のきつくない、とても優しい柔らかい味です。でも、魚介のうまみは十分に効いています。

このお出汁に餃子をずっぽしとつけて、あんぐりといただきます。


ほおほお。

これ、餃子の意外な風味が拾えていいですね。


本来、中国の方は餃子を水餃子で食すのが通常で、その方が正しい食べ方だとか。

焼き餃子を食べるのは旅順に巣くっていた侵略者で人でなしの日本人か、チベットの田舎者たちだけらしいのですが(皮肉です、念のため。)、焼き餃子は着々と中国でもポピュラーになりつつあるようです。

その焼き餃子の問題点は、どうしても味が濃くなってしまうことですね。


もともと味付けした具材を詰め込んだ餃子をゴマ油などを十分にしいた鉄鍋で焼いて、蒸しても水気が飛ぶまで加熱するので、どうしても脂分や塩分が凝縮してしまいます。

それで私はしょうゆ抜きの酢だけで焼き餃子を食べるのが好きだったのです。だけどこのアジアン和風餃子は良い意味で両者の中庸です。

アジアン和風餃子と出汁


堅めに香ばしく焼きあがった餃子、これを和風スープに浸すことでふたたび水分を与えます。それも味のしみ込んだ水分。

すぐには変わりませんが、数秒浸すとくたっと柔らかくなりはじめます。ここでスープもある程度一緒に餃子をがばっといただきます。

一口でね、明石焼きみたいに。


出汁が沢山踊り込んできて、噛みしめたぎょうざのぷりぷりくたくた微妙な感じと、中の具がはじけて口の中でさらに踊ります。

フワフワ感はないのですが、粉粉の魚粉がみごとに独特の触感と香りを引き出してくれるので面白いですね。

いろいろ工夫されてるなあ。楽しめました。


ちなみのこの時は主食は普通にラーメンでした。

ラーメン@麺バカ息子



明石焼きはどうしてあんなにふわふわなんだろうかと調べてみたら、じん粉というものがあのフワフワ感を生み出しているそうです。

加熱しても固まらない、魔法のでんぷん、じん粉。その正体はいったい、何なのでしょうか?




そんなの関係ねえ、うまい明石焼きがくいてええ!というのであれば。




テーマ : 餃子 - ジャンル : グルメ

<< 江の島は有名だけど、藤沢市は全国レベルではどうなの? | ホーム | スターバックス店舗閉鎖と縮小に喜ぶのである♪ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。