プロフィール

江の島拾い歩き

Author:江の島拾い歩き
ようこそ。江の島拾い歩き管理人です。
コメント、トラックバックは、内容確認させていただいた上で記事内容に関連していれば歓迎いたします。
記事内容への疑問、注文、問い合わせ、間違いのご指摘、ファンレター(笑)などは
enoshimawalker@yahoo.co.jp
までどうぞ。
(アドレス収集ツール対策で上のアドレスは全角@にしてますので、半角の@に変えてご利用ください。)

最近の記事

カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カウンター

タグ

  • seo

ブログで紹介した画像

みんなの足@

ブログで副収入

Affiliate-B

フリーエリア


DMM.COM

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

友達申請フォーム

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イベリコ豚チャーシューメン 麺処ら塾@藤沢

イベリコ豚チャーシューの入った豪華なラーメンのご紹介です。

私の地元の藤沢市、藤沢駅南側の、OPAのビルから江ノ電沿いに少し南に下ったところにある道を西に入った道の先の「ら塾」さんというところです。

少しわかりにくいのですが、大きなネットカフェが1階に入っているビルの角を西に向かって歩くと左手にサークルKが見えて、そこを通り過ぎて商業ビル街がなくなるまで歩いた普通の民家しかないような、大きなアカシアの木に隠れた場所にあります。

藤沢「ら塾」付近の画像



アカシアの木の陰まで来るとのぼりもたくさん建っていますし、よくわかるんですけどね。

ら塾 お店



麺処ら塾さんは2007年の11月末に開業したまだ新しいお店ですが、同じく藤沢駅南側の鵠沼地区で有名だった佐野実さんの「支那そば屋」さんの店長だった方が始められたお店だそうです。経験と自信は十分に始められたお店なのでしょう。

去年の開店当初から本格的なスープと細麺のからみが評判のお店でした。何度かそばまで来たのですが、来たときにはいつもすい庵さんの日本そばモードだったので実は今回初めて入りました。

週末の昼間にわざわざラーメンを食べに来た理由の一つに、実はこのお店には土日限定メニューがあるということがありました。


イベリコ豚チャーシューメン



イベリコ豚の肉を使ったチャーシューのチャーシュー麺です。そうそう、あの有名なブランド肉のイベリコ豚です。脚一本の生ハムが数万円するあのイベリコ豚ちゃん♪

そんな高級な食材を使って一体いくらで食べられるんだということですが、やはりそれなりで1500円です。

チャーシューメンいっぱいに1500円ですよ! 和蕎麦屋さんでえび天そば1890円ってのはあまり驚かない価格ですけど、これは驚きます。 

1000円超えのチャーシュー麺、確かに関東のラーメン屋さんでは珍しくもなくなってきましたが、それにしても1500円はびっくりです。我ながらよく頼みました(笑)。

期待満点で食べにかかります(笑)。


まずは塩ラーメンのスープですが、少し茶色みのあるスープ、魚と鶏の味がメインなのかな?甘みのある穏やかな味です。

塩加減が強くないので出汁の中のさまざまな旨みが口の中で広がっていい感じです。

って、どうもすみません、私の舌では味を細かく分析できませんでしたけど、甘みとうまみのバランスが甘み寄りでいい塩梅で、スープだけすすっていても幸せな味でした。

ら塾 チャーシューメンの麺


麺は細麺で縮れていないまっすぐです。これが太いとスープや薬味と絡みにくいので、スープには濃い味が必要なのでしょうけれども、細麺でそのくせすこし滑らかさのかけた荒い触感の麺なので、スープの素直な味を連れてきて口の中とのど越しを幸せにしてくれます。

これもさくさく、食べちゃいますね。量もほどほどでしょうか。多からず、少なからず。

こうして書いてしまうとスープも麺も凡庸な様に聞こえてしまいますが、高いレベルでこれをまとめているというところがお子お店の腕の見せ所ですね。



さて、いよいよ気になっていたイベリコ豚のチャーシューです。

ラーメンにのっているチャーシューというと、通常は煮汁のしょうゆが十分に浸透した茶色いものが多いのですが、このチャーシューは色が肉の色を保っています、ローストビーフのような色目と言いますか、ピンク色を伴っています。

イベリコ豚のチャーシュー


肉の繊維と、その隙間を埋めるコラーゲン構造や血管がよく見えます。(私的には食欲の湧く表現なのですが^^;)

実際に口にほおばってみても肉の歯ごたえとうまみ、そしてジューシーな成分の味が口いっぱいに広がって、長くは続きませんが、おいしい肉の味を味わうことができますね。

脂気の多い部分ではなくて肉の部分を主体に作られているこのイベリコ豚のチャーシュー、肉の風味を残すことを重視して作られているのでしょう。



と、いうことでチャーシュー単品で食べると普通のラーメンにのっている豚バラ三枚肉のチャーシューよりもずっと豪華なのですが、正直、チャーシュー麺としては疑問が残ります。

これは私がチャーシュー麺に対して抱いているイメージと違うということで、このニュートラルなスープであればイベリコ豚の肉のうまみを生かしやすいとは思うのですが、それにしてもやはり、熱いしょっぱいスープに浮かべておいしい肉の味ではないかもしれません。

どうもミスマッチな感じがするなあ。。。すみません。


ラーメンもスープも美味しいし、イベリコ豚チャーシューもおいしいです。

でも、この肉ならばラーメンに乗せるのではなくて、冷えた状態でそのまま、せいぜいガーリックやジンジャー、あるいはわさび醤油などの薬味をちょっとつけて味わいたかった、そんな感じでした。

イベリコ豚(といってもおそらく最高級品のどんぐりぶたのベジョータではないのだと思いますが)とラーメンは、残念ながら、合わせるともったいない、味覚として死んでしまう。

そんな感じを受けた味でした。。。

テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

<< みなとみらいの夜景 | ホーム | テニスプレイヤーたち >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。