プロフィール

江の島拾い歩き

Author:江の島拾い歩き
ようこそ。江の島拾い歩き管理人です。
コメント、トラックバックは、内容確認させていただいた上で記事内容に関連していれば歓迎いたします。
記事内容への疑問、注文、問い合わせ、間違いのご指摘、ファンレター(笑)などは
enoshimawalker@yahoo.co.jp
までどうぞ。
(アドレス収集ツール対策で上のアドレスは全角@にしてますので、半角の@に変えてご利用ください。)

最近の記事

カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カウンター

タグ

  • seo

ブログで紹介した画像

みんなの足@

ブログで副収入

Affiliate-B

フリーエリア


DMM.COM

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

友達申請フォーム

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中身そばってどんな食べ物? 沖縄料理の「かなぐすく」

中身そばを食べてきました。

中身そばと言うのは沖縄料理の一つなのですが、中身の煮たのを沖縄そばにのせたやつです。


中身ってだからなんなの?

はい、すみません、中身とは沖縄でそういう場合は豚の内臓のことを指します。


中身汁の方が有名ですね。豚の内臓のごろごろ入ったスープです。Wikipediaの記載を拝借しますと、

中身は短冊状に切り、何度も茹でこぼしたり、塩を振って揉み洗いしたりして、臭みを取る。

鰹節で出汁を取り、下ごしらえをした中身と、豚肉、椎茸、コンニャクなどを入れて味を調え、あっさりとしたすまし汁に仕立てる。

食べるときに、好みにより下ろし生姜や小口切りにした青ネギを加える


と言うのが中身汁で、その具の部分、内臓ばかりを沖縄そばのトッピングにしたのが中身そばです。




んで、お待たせしました中身そばです。中身そばの画像をで~んとご覧あれ~♪

中身そばの中身のアップ


麺はこんな感じで、沖縄そばは平べったい太い麺ですよね。

かん水が効くのか、まっ黄色い麺に紅ショウガの赤が映えます。


中身そばの麺


太いだけあって腰が強いというかなんというか、食感は豪快です。

細麺のラーメンなどとは全然違う、どちらかと言うと野趣あふれる食べ物ですね。

中身そばどアップ


トッピングの中身ですが、ごりごりこりこりころころ、ホルモンの歯ごたえも豪快です。
でも何度も煮こぼしてあるから臭みも抜けて、味付けはあっさり目の味ですね。
そのまま中身汁の感じです。

もっとも、中身そばのトッピングにする場合にはお店によっては甘辛く煮る場合もあるようです。



沖縄そばには、普通の沖縄そば以外に
中身そば、そーきそば、三枚肉そばなどなどいくつかバリエーションがありますが、
結局のところはトッピングの名前が付いているだけで本体は同じです。

ところがこれがトータルバランスで味わうとけっこう違います。
いろいろ食べ比べてみるのは美味しいですよ。






今回の中身そばは京急鶴見駅のそばの「かなぐすく」というお店でいただきました。

かなぐすく 沖縄料理


京急駅のすぐそば、「麺バカ息子」さんのすぐそばでもあります。

そば以外の沖縄料理がおいしんのですが、これはまた別のレポートで♪

テーマ : 食べ歩き! - ジャンル : グルメ

<< 深夜タクシーでビール接待? | ホーム | 大雨ですよ。早退?台風5号接近中 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。