プロフィール

江の島拾い歩き

Author:江の島拾い歩き
ようこそ。江の島拾い歩き管理人です。
コメント、トラックバックは、内容確認させていただいた上で記事内容に関連していれば歓迎いたします。
記事内容への疑問、注文、問い合わせ、間違いのご指摘、ファンレター(笑)などは
enoshimawalker@yahoo.co.jp
までどうぞ。
(アドレス収集ツール対策で上のアドレスは全角@にしてますので、半角の@に変えてご利用ください。)

最近の記事

カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カウンター

タグ

  • seo

ブログで紹介した画像

みんなの足@

ブログで副収入

Affiliate-B

フリーエリア


DMM.COM

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

友達申請フォーム

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺丸夏の限定酸辣湯麺(スーラータンメン)を食べてきました。

横浜市鶴見区にあるラーメン麺丸。

塩ラーメンが店を代表する味なんですが、いろいろ工夫するのが大好きな店主のじみへん・坂内さんですから、いろんなメニューを作っています。

羅臼昆布を仕込中の麺丸さん


その開発の時にはよく試食させていただくのですが、もともとニッチな物が好きな僕が評価してもあんまり大きくヒットしないみたいで、申し訳なく思っていたのですが、最近、ブレイクしたみたいです。


夏季限定メニューとして出している二つの麺がどちらも好評と。

そのうちの一つを紹介しましょう。


酸辣湯麺(スーラータンメン)です。

スーラータンメン全体像

じゃ~ん!

ってぼけているのでこちらをどうぞ

スーラータンメンアップ

見てお分かりの通りに、丼一杯を覆っているのはふわふわの卵です。

中華料理を食べに行って思いついたと言うそのふわふわ、これが封じ込めている赤いスープが何ともさわやかなトマト酸味たっぷりなんです。

スーラータンメンスープの色


中華料理店の、それも四川とか西安料理の酸辣湯麺だとほんとにこれでもかってぐらい酢が入っていて、慣れると病みつきになるのですが、麺丸さんの酸辣湯麺はそれらとは一線を画しています。

まったくさわやかにトマト味で、でもしっかり酸辣湯麺の酸味と絡みのあの得も言われぬバランスを保ってるんです。

これはラーメンごとにスープを開発する麺丸さんならではの工夫があるからこそのことだと思いますが、バランスがよろしい。

スーラータンメン麺を持ち上げた丼

細めの麺がふわふわ卵と絡まって赤い酸味のあるスープを引き連れながら上がってくる様はそりゃあもう、最高っす。

で、この酸辣湯麺は、バランスをとるために具材はあえて、卵とネギだけです。

チャーシューが乗ると、どうしてもそのしょうゆ味と甘みが酢辣の味のバランスを乱してしまうんですよね。

だからこその決断、すごく良かったと思います。


でもでもでも、ラーメン屋に行ってチャーシューの味を味合わないで帰るのは嫌だと言うあなた。

これがあります。

おつまみチャーシュー画像


おつまみチャーシューはチャーシュー3枚盛で350円です。

これとビールのセットを先にいただけばしっかりチャーシューも食べたし、お酒も入って、締めに酸味とからみさわやかなラーメンで完ぺきです。

おつまみチャーシューと赤霧島ロック

わたしはこれに合わせて赤霧島のロックからまずいただきましたが(笑)。

ごちそうさまでした。


・・・間違って「酸辣湯麺」と書くべきところを「酢辣清麺」にしていました。
失礼しました。ひさしぶりすぎて。と、弁解してみる。
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

タグ : スーラータンメン 酢辣湯麺 麺丸 鶴見 塩ラーメン 夏季限定 酸辣湯麺

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。