プロフィール

江の島拾い歩き

Author:江の島拾い歩き
ようこそ。江の島拾い歩き管理人です。
コメント、トラックバックは、内容確認させていただいた上で記事内容に関連していれば歓迎いたします。
記事内容への疑問、注文、問い合わせ、間違いのご指摘、ファンレター(笑)などは
enoshimawalker@yahoo.co.jp
までどうぞ。
(アドレス収集ツール対策で上のアドレスは全角@にしてますので、半角の@に変えてご利用ください。)

最近の記事

カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カウンター

タグ

  • seo

ブログで紹介した画像

みんなの足@

ブログで副収入

Affiliate-B

フリーエリア


DMM.COM

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

友達申請フォーム

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松村邦洋さん、心筋梗塞の死の淵から復活!

生命の危機から回復傾向にあるとのことでよかったです。


松村邦洋さん、あの巨体を動かしてのくだらない体当たりギャグ、初めて「進め!電波少年」で見たころには、なんじゃこいつは?だったのですが、長く見ているうちになれて(笑)親しみのもてるキャラとなっていました。

太り過ぎをさすがに自覚してのダイエットや運動も高く買っていたのですが、今回の東京マラソンはびっくりしました。

やはりマラソンに臨むには動脈硬化が進み過ぎていたのでしょうね。

メタボリックシンドロームの権化のような体でのチャレンジはね。。。


入院中の松村邦洋、経過は良好「意識もはっきりしている」

3月26日21時1分配信 オリコン

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090326-00000022-oric-ent

 22日(日)に開催された『東京マラソン2009』に参加しレース中に倒れたお笑いタレントの松村邦洋について、所属事務所が26日(木)、その後の容体について「経過は良好で、現在では意識もはっきりしています」とFAXで報告した。

松村邦洋の写真付きプロフ

 急性心筋梗塞による心室細動で『東京マラソン2009』参加中に一時意識消失に陥った松村について所属事務所は、「一時的に鎮静処置を行っていましたが、経過は良好で、現在では意識もはっきりしている」と説明。「生命の危機と言える状況でしたが、担当医によりますと、現在までのところ合併症もなく、良好な状態であるとの事です。しかしながら、まだ急性期にあたるものですから、今後も経過を見なければならず、身体に負担のかからない安静状態が必要」とのことだ。

 入院中、たくさんの励ましのメッセージなどが届いていることも明かされ、松村本人に可能な限り伝えられているという。

リポータースポーツコメンテーターお笑いタレント俳優タレント 松村邦洋(マツムラクニヒロ)
誕生日 : 1967年 8月11日
星座 : しし座
出身地 : 山口
血液型 : A


もう41歳だったんですね、いろいろと身体にガタが出始める年齢です。

私も39歳のときに少し太りすぎたので半年かけて20kg減量したことがあります。

そのときはひたすらウォーキングでしたが、走ることはとても考えられませんでしたね。


無理のないダイエット、心がけましょう。

食生活もよく考えて、駅前の立ち飲み屋で焼きとん食って焼酎お湯割り、美味しいんだけどほどほどに・・・。


とか言ってるとつまんないもんね。

毎日3kmから5kmは歩いていますから、飲み食いはもっと気楽にいきたいです。

ラーメン食べてないなあ。
スポンサーサイト

テーマ : テレビなんでも - ジャンル : テレビ・ラジオ

タグ : 心筋梗塞 ダイエット メタボリックシンドローム 松村邦洋 東京マラソン

春の野の花

すっかり春らしくなってまいりました。

近所を歩いて道すがら撮影してきましたよ。

まずは、江ノ電と雪柳

江ノ電と沿線の雪柳

サイズが大きすぎて縮小しましたが、春らしい一枚となりました。


そのユキヤナギのアップがこちらです。

ユキヤナギの花のアップの画像 白い花がたくさん、よく見るとおしべが猫のひげみたいでユーモラス

小さな白い花がびっしり付いているユキヤナギ、
一つ一つの花に目を向けることはあまりないのですが
こうして拡大してみるとなかなか美しい花ではないですか。


拡大ついでに、ソメイヨシノです。

ソメイヨシノが開花していました。鵠沼の蓮池のほとりです。

こちらはまだまだ一分咲きですが、19日の朝から開き始めました。

一日、日一日と開く数が増えています。

やはり桜の花の開くのは春の感じを強く感じさせてくれますね。


ちょっと地面に目を向けてみましょう。

オオイヌノフグリ、かわいらしい青い小さな花なのになんでこの名前なんでしょうね。

オオイヌノフグリです。

日向でハレーション起こしちゃいましたね。

でも、あふれる日差しの中で見てこそ光る花です。


黄色いオキザリスは西洋カタバミとも言われます。鮮やかな黄色です。

同じく地面で光っていたオキザリス。

ほんとに鮮やかな透き通るようなレモン色で、

その色が画像ではいま一つとらえきれませんでした。


昔から雑草として生えている種類はもう少し小さなピンクの花です。

ちょっと探してみたら両方並んでいるのを発見しました。

オキザリスの黄色とピンク

同じ株なのか、別の株なのか、葉っぱはよく似ていてわかりませんでした。

まあどちらにしても。

綺麗だからよいです。


森鴎外の山椒大夫という小説をご存知でしょうか?

我々が子供の頃には「安寿と厨子王」というジュベナイル版がありました。


あの中にとらわれの身の姉の安寿が野の花だったかさくらだったかを見て

弟の厨子王に向かって言ったセリフがあります。

「もう、春なのね。」


厨子王の未来に向かっては明るい、安寿の未来にとっては決意を秘めた

季節の訪れを告げる「伏線」の一言であると、

中学一年生の国語の授業で教えられて「へええ~。」と、

日本語の織りなす綾の美しさと複雑さに感心したことがあります。


もう、春なのです。

続きを読む »

テーマ : 花の写真 - ジャンル : 写真

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。