プロフィール

江の島拾い歩き

Author:江の島拾い歩き
ようこそ。江の島拾い歩き管理人です。
コメント、トラックバックは、内容確認させていただいた上で記事内容に関連していれば歓迎いたします。
記事内容への疑問、注文、問い合わせ、間違いのご指摘、ファンレター(笑)などは
enoshimawalker@yahoo.co.jp
までどうぞ。
(アドレス収集ツール対策で上のアドレスは全角@にしてますので、半角の@に変えてご利用ください。)

最近の記事

カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カウンター

タグ

  • seo

ブログで紹介した画像

みんなの足@

ブログで副収入

Affiliate-B

フリーエリア


DMM.COM

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

友達申請フォーム

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元祖長浜屋ノスタルジー

元祖長浜屋と言うラーメン屋さんご存知ですか?

ここを知らずしてラーメンフリークだなどと語るなかれ!

・・・と、福岡の人は思っているはずですが、福岡に行ったことのない人にも有名かと言われるとちょっと怪しい。(笑)

でも、札幌みそラーメンの元祖と言われる「三平」さんよりは全国区じゃないかと思います。
長浜ラーメンと言う名前を博多のある屋台街から全国区に押し上げたパイオニアがここと言っていいでしょう。

と、仰々しく始めてみましたが、きちゃない小さな店です(爆)。



4月26日に大学の同窓会があったので(大学は北九州市にありました。)、
福岡経由で小倉まで行きました。
福岡経由の理由は飛行機がとれなかったから、ということですが、
もちろん「元祖長浜屋でラーメンを食べる」ことがもう一つの大事な目的でございました(笑)。

福岡空港について、まずは地下鉄で博多駅へ。
博多駅中央口を出ると駅を背に右手にバスセンターがあります。

バスセンター


そのバスセンターの5番乗り口の、さらに足もとに68番、と書いてあるところのバス、「福浜行き」もしくは「医療センター行き」に乗ります。

バス乗り場福浜行き


スピッツの歌にちょいちょい出てくる天神経由で乗ること15分、港1丁目で降りると、バスの進行方向右手にきちゃない小屋が見えます。そこが元祖長浜屋です。

元祖長浜屋 遠景


きちゃない小屋の元祖長浜屋ですが、大学時代の思い出の場所です。

・・・あ、なにもロマンスの思い出ではなくて(残念!)、夜中に麻雀上りに車にみんなで乗り込んで食べに来た思い出ですね。
わざわざ小さい車を選んですしづめで行って、替え玉でぱちぱちになった体をまた詰め込んで帰る。

車内中が長浜ラーメンの豚骨の匂いで充満します。
ただでさえ狭い所にその匂い、ぐえ~とかぎゃあ~とか言いながら帰りました。

「もしも事故って死んだら全員鼻から替え玉たらしながら死ぬんだろうなあ。」

そういう馬鹿話で笑いながらさらに苦しくなったりして。


・・・大学生って馬鹿で無意味ですねえ。(笑)



で、そのノスタルジー溢れる元祖長浜屋に近づくと、なんと、すごい行列になっているではありませんか!

元祖長浜屋行列


昼ごはん時とは言え、昔はここまでの行列はなかったぞ。
懐かしい匂いにわくわくしながら並びます。ここのラーメンのスープは豚骨と言ってもややあっさりした感じです。ゲンコツがメインだからなのでしょうか?逆なのかな?よく知らない(笑)。

並んでドアが近づいたら驚いたのが食券自販機です。

元祖長浜屋食券


ええええ!食券式なの? 
替え玉はその時の気分なのに買いに戻るの?

そう思ってよく読んだら追加メニューは食券なしで承りますと。
でもなんだか詰まんないですねえ。
昔はバイトのあんちゃんたちのすさまじい記憶力に驚いたものですが。



さて、お店に入ります。
この時の注意はドアからはいると同時に麺のゆで加減を大声で注文しなくてはならないことです。
何も言わなければ普通でいいのですが、硬い麺の方が個人的には好みなのですぐに言います。

「硬めんで~!」

「はいよ、新規さん1かた~!3にんさんふつう~」

同時に入った観光客の方々はきょろきょろしているうちに普通麺にされました。
その間、5秒ぐらいでしょうか。

ちなみに、硬さにはいろいろあって

「やわ」
「ふつう」
「かた」
「ばりかた(はりがね)」
「なま」

となっています。(昔の記憶ですから今は基準が違うのかも)
ばりかたはさっとお湯をくぐらせるだけと言うことですが、「なま」はどうなんでしょうね?湯がかないでスープかけるのかな?
昔、はりがねを食べて懲りたので私は「かた」しか頼みませんが。

テーブルは丸テーブルに丸椅子の合い席です。
店員さんに座る場所を指定されます。

テーブルの上はざっくり台拭きで吹かれていますが、ラーメンのスープや薬味のゴマや紅ショウガが飛び散っています。
足もともいろんなものがこぼれた、昭和30年代のいなかの商店の土間状態です。
床に置かなきゃいけないような荷物を持って入れる店ではありません。
(荷物は博多駅でコインロッカーに預けましたv( ̄∀ ̄)v)

狭い合い席に座って、ラーメンが運ばれてきました。

元祖長浜屋 ラーメン


これです、これが元祖長浜屋の長浜ラーメンです。

スープは白濁豚骨スープ、ネギと細切れチャーシューを薬味に細麺がこれでもかと入ってます。
(どんぶりは大きくはないのですが(笑))

スープの味は基本は味の素ライクなグルタミン酸の味がメインですね(笑)。
豚骨の香りとコクもあるのですが、味の基本は安くてうまいと人気の出るような中華料理のそれです。
若者にはとってもおいしいのですが、おじさんにはどうでしょうか?


・・・10年ぶりぐらいでしたが、変わっていませんでした。

味も変わっていませんでしたし、それを美味しいと感じる感覚も私の中にたっぷり残っていました。

雰囲気にのまれちゃうのかなあ。
ノスタルジーに浸りながらすすります。
スープはちょっとだけで、ゴマをかけてとりあえず麺です。

細い硬い麺が安っぽい豚骨スープを絡めて、汁をとびちらしながら上がってきます。

この唇の食感、口の中に頬張った弾力、一口二口噛んで飲みこむのど越し。

たまりませんです~!

くず肉みたいなチャーシューをからめながらさらにつるつるすすり込みます。

25年前にタイムスリップですねえ。 うまか~。



で、替え玉を頼みました。

「硬い玉一つ~」
「あいよ、かたいたま~。」

忘れてならないのはさらに、替え肉です。

元祖長浜屋替え肉


これを同時に頼んでトッピングすることで、替え玉で薄まった味を調整できます。
テーブルにはしょうゆだれも置いてあって、それで調整することも可能なのですが、肉のうまみが追加できるので私は替え玉二つに替え肉一つぐらいのペースで使います。

それと個人的に好きなのは紅ショウガです。
ラーメン屋さんによってはお酢が置いてあって、最後に好みで酢を注すことを奨めてありますが、あれと同じですね、酸味で塩っ気がまろやかになって食べやすくなります。

元祖長浜屋 替え玉


ということで替え玉したラーメンです。

昔は替え玉2杯はいったのですが、それは無理でした。
そうするとちょっと替え肉が塩辛かったですね。

次回は誰か連れてきて分け合って食べよう♪

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

穴子、あなご、アナゴ~♪

穴子、あなご、アナゴ~♪ 煮アナゴ三昧でした♪ 4月21日のことですが。

煮アナゴの画像をまずはご覧下され~♪

煮アナゴ


それは日曜日の夜のこういう携帯メールから始まりました。



*************

Subject: うひひ

夜アナゴ

42本

つれっぱなし

今がチャンスですぅ~(笑)

自慢してみた(笑)

*************



釣りのお友達から( ̄∀ ̄;)汗。

21時30分頃に届いてたんだけど、気づいてなくて(電池切れ^^;)、翌日返信しました。

なんでも船中で二人だけ爆釣だったとか。


おととしご一緒したことあったのですが、この方と、もう一人上手な人の間で釣っていたら、その二人が18本と16本で竿頭と二番手で、間の私は4本でした。

アナゴ釣りは仕掛けの周りに水中ライトをつけてピカピカ光らせて、それを踊らせて釣るので誘いのうまい人の仕掛けの周りにアナゴが吸い寄せられるのです。

当然ながら、その間にいる初心者(その時が私の初アナゴ釣りでした。)の仕掛けにはアナゴ君、見向きもしません。

その時も私が釣った4匹は、両脇の二人が釣れたアナゴをさばいていて手を動かしてないときに釣れただけです。
42本釣れたそばでは同じ光景が繰り広げられたのかなあ。。。




そしたら翌日21時頃にもっかいメール。



*************

Subject: Re:うひひ

いそがしいっすか?

あなごいりませんか?

うまいかしらんけど(笑)

*************


いります、いります、何が何でもいります!

どうもありがとうございます~~~~♪



ということで仕事帰りに藤沢駅前の郵便局駐車場でこっそりとでブツの受け渡しをしていただきました。

受け取った物はこんな感じできれいにした処理が施してありました。

穴子


どうもどうも、大変ありがとうございます。
m(_"_)mm(_"_)m

で、煮アナゴです。

煮アナゴ作製中
煮アナゴ2本表と裏と
煮アナゴ拡大


シラ焼きでしょうが醤油も、定番の天麩羅もいいのですが、小さなアナゴなので火加減が難しそうだし、尻尾の先まで目にしながらカリカリむちむち食べたいしと言うことで、煮アナゴにしました。
むちむちぷりぷりの皮の食感と、小型で脂の少ないアナゴならではのしまった小味がなんともたまりません。
いけないいけないと思いつつ、23時過ぎにアナゴに加えてビールも飲んでしまいました。

またがんばって夜のノンカロリータイム守ります。

それにしてもおいしかった、どうもありがとう♪

持つべきは釣り自慢できるお友達ですね(笑)。


テーマ : 作ってみた - ジャンル : グルメ

麺丸チャーシューでちょいと一杯


麺丸さん(横浜市鶴見区のラーメン屋さん)に初めていった時からずっと気になっていることがあります。
壁に並んだ焼酎たくさん、麺丸さんデビューの記事でも書きました。

「どれも一杯450円、いや、400円なんですよ。」

「ずいぶん値段がいろいろあるけどぜんぶそうなの?」

「ええ、なんとなく置いてるもんで。」

日本酒とビールは自動販売機にちゃんとボタンがありますから、飲めるラーメン屋ってことでやっておられるのですが、メインにはしたくないということですね。

でもね、でもね、好きな焼酎が何種類かあるんです。
でもってここの炙りチャーシューはトロトロでたまんないわけです。

注文しました。

麺丸おつまみチャーシューと焼酎ロック


つまみチャーシュー(350円)と焼酎オンザロック



焼酎は富乃宝山です。芋焼酎なのですが、さっぱりすっきり系の香りと甘みで、いろんな食材と闘わずにうまく調和してくれる大好きな銘柄です。

いっただきま~~~す。 

まずは焼酎で口を湿しながら、つまみチャーシューの観察です(笑)。

七輪であぶられたチャーシュー君が二切れ、
しゃくしゃくもやしの上に鎮座して、さらした白ネギを乗せています。

どうつまもうかなと一瞬悩んだだけで、
ぜんぶまとめるようにチャーシューを一個がばっとつかんでかじりつきました。

じゅわっと油と肉汁が口の中にほとばしります。舌で強く押さえただけでとろとろぷつぷつ、豚肉がちぎれてうまみが口の中に広がります。
もやしとネギが溢れ気味のあぶれを柔らかく押さえてくれるので肉のうまみを楽しめます。


ふむふむ、焼酎をもう一口。



・・・・・ああああああ~~~極楽極楽♪



でも、なんだか焼酎は半分ぐらいでがつがつとおつまみチャーシューを平らげてしまいました。
塩気は少なめなんですよね、麺丸さんのチャーシューは。でも、肉(と脂)そのものの味が楽しめるので、ほんとにおいしかったです。
今回の選択で唯一ちょっと後悔したのは、焼酎をオンザロックにしたこと。

あぶりチャーシューと合わせるのならば室温の水で6:4に割るのがベストだったと思います。
溶けた脂が冷えた口の中で一瞬ぎこちなくなりますから、氷はなしがよろしい。お湯割りもいいけど、水割りの方が焼酎の味がわかるから、次はそれでお願いしよう。(笑)


麺丸塩ラーメン


食前酒が終わってメインは塩ラーメン煮卵入りにしました。

麺丸さんのラーメンの麺は細くて味の絡みやすい素直な麺です。

麺丸 ラーメンの麺の細さ


アサリと鰹節?ベースの塩ラーメンのスープはこれもあっさり系で、好みでチャーシューを追加するとそれもまた楽しいんじゃないかと思います。

で、ラーメン食べながら、邪道ですが焼酎もちびちび。ラーメンも煮卵もおつまみに化けます。
そしていちばんのおつまみはご主人との話ですね、楽しくおいしく飲めて話せる、居酒屋としてばっちりです。
あれ? 違った? (笑)

お話の中で面白いことを伺いました。
私の高校の先輩で「ふとがね金太」さんと言う方がいて、昔あった「世良正則とツイスト」と言うバンドのリーダーをやっておられたのですが、
この方がまだ演奏活動をしている話をしたら、麺丸のご主人、

「ああ、お会いしたというかすれ違ったことあります。
 僕らがスタジオに入っていくのとすれ違いで出てこられました。」


あれあれ? 
ちょっとちょっと、ちょっと待ってください?

麺丸のマスターは以前はバンドをやってた芸能人だったわけですか???

それで見たような顔なのかな?

あれ? あれ?


今度行って問いたださねば。


レアチーズケーキ


と言うことで何やかやと楽しく話が終わって、しめに今はまっているというレアチーズケーキを分けていただきました(爆)。



今度は紅茶でも持っていくかな(笑)。

テーマ : 居酒屋 - ジャンル : グルメ

みかんの皮のお菓子

みかんの皮でお菓子を作ってみました。
みかんといっても肉厚のグレープフルーツをもらったので、その皮です。

中身を食べた後で、皮の白いところだけをくりぬいて、それを水でさらして砂糖で煮込んで煮詰めて水分を飛ばしてお菓子にするのです。
中の身は普通に食べて、身を抜いた後の皮の、オレンジの小さなプチプチの付いているところはナイフで削りとってください、でも少しは残します。、風味づけに。

大きな粒は深いので、それを半分削り取って、小さい表面の粒は全部削り取る感じかな。
マーマレードと同じでもちろん風味はあるけど、苦みが残るのでお好みで。
お子様向けなら全部削りましょう。風味がまるで無くなっちゃうけどね。

ちなみに出来上がりはこちら。


ゲレープフルーツの皮のお菓子1個分


ひょうめんが乾燥して砂糖が白くふくのと、加熱するので焦げて飴状になるのもなかなかおいしいです。できてすぐに荒熱がひいてほんのり暖かい時に食べるとパリパリクリスピーで、中からグレープフルーツの香りがじゅわっとでてきます。

アップはこんな感じです。

グレープフルーツの皮のお菓子のアップ


焦がしてキャラメル風味を味わうもよし、焦がさないように弱火で上品に固めるもよし。
いずれにしてもお菓子やオレンジが好きな人なら結構はまる味ですよ。

レシピ、ご要望があれば。
なければ面倒だから書きません。(笑)
もっかいアップの画像

グレープフルーツグラニュー


テーマ : 食べ物 - ジャンル : ライフ

長浜ラーメン in New York

ラーメン話題を二つ、どっちも同じ話の産経新聞からなんだけど、ニューヨークにラーメン専門店が進出しているらしい。

どこだろうとみたら「博多一風堂」じゃないですか! いいねえ! 海外でおいしい豚骨ラーメンに出会ったためしはないし、ニューヨークの学会に参加する意欲も少しはわくってもんだ。(笑)

学生時代は北九州で過ごした。北九州のラーメンは博多ラーメンだけじゃなくて、新日鉄関係のサラリーマンが多かったせいか関東風のもの、韓国の辛いもの、いろいろミックスされたラーメン屋さんが入り乱れていたけれども、博多と言えば基本は長浜ラーメン。
元祖長浜屋の味の素の量の多さにはびっくりするけれども、それでもついつい食べてしまう学生の味だった。

夜中に車に5人ずつ、ぎゅうぎゅうに詰め込んで10人で北九州から博多までドライブ。

みんなが替え玉を二つ三つと競い合ってぎゅうぎゅう詰めこんでいたから(笑)、帰りはさらに窮屈で豚骨くさくて気持ち悪かったりもしたなあ。

「これでもし事故起こしてみんな死んだら、全員鼻からラーメン出して発見されるんやろなあ。」

ばかばかしい話して笑い転げながら帰ってた。


NYで本格「Ramen」ブーム?有名店出店 地元メディアも特集

【ニューヨーク=長戸雅子】日本食ブームが続く米ニューヨークに日本の有名ラーメン店が相次いで進出し、地元メディアがラーメン特集を組むなど話題になっている。日本の国民食ともいわれるラーメンが「Ramen」としてSushi(スシ)を超える日も近い?

 学生ら多くの若者でにぎわうニューヨーク市マンハッタンのイーストヴィレッジ。ラーメン専門チェーン店「博多一風堂」の米国1号店「IPPUDO NY」が31日(現地時間)、オープンする。18日に開かれた報道向け内覧会には多くの米国人記者も訪れた。

 ホテルの客室などに置かれている情報誌「フロントデスク」記者、ジュリアン・テリングさんは「他のラーメンと違ってクリーミーなところが気に入った」と、とんこつ味は米国人の口に合うと太鼓判を押した。

 ニューヨークのラーメン店はもともと日本人駐在員や観光客の多いミッドタウンに点在していた。しかし、日本のラーメン店での修業経験もある韓国系米国人シェフが米国人好みのスープで売り出した「モモフク・ヌードルバー」(2004年開店)などがブームの火付け役となり、ニューヨーカーの間でラーメンが「学生向けの安いインスタント食品からトレンディーな食べ物に昇格した」(テリングさん)。





長浜ラーメンが高級志向???

う~~~ん、そうじゃないと思うけど。

まあ、ウマけりゃあいいのかなあ。みんなお上品に音を立てないで食べるのかな、替え玉はないのかな、いろいろ考えていたらその次のニュースも出ていた。




【外信コラム】アイ・ラブ・ニューヨーク ラーメンの食べ方

 「日本人が熱く語る食べ物はすしではなく、ラーメンだから」。4年ほど前、ラーメン特集を手がけたニューヨーク・タイムズ紙の記者はラーメンに注目した理由をこう話していた。いわれてみればその通り。同胞の間で盛り上がるのはすしでなく、「どこのラーメンが本物か」についてだ。

 それゆえこの数年、ニューヨークのイーストビレッジにラーメン店が続々開店していることは大歓迎だ。

 「すしみたいにヘルシーじゃないからニューヨーカーに受けないのでは」との危惧(きぐ)も何のその、先日開店したばかりの日本の有名ラーメン・チェーン店のプレス向けイベントには多くの米国人記者が詰め掛け、日本が誇る“国民食”を堪能していた。

 そこで気になったのが食べ方だ。麺だけを取り、はしにスパゲティのように巻きつけて食べる人もかなりいた。音を出して麺をすすりあげるのは、彼らの常識ではマナー違反になるということもあるだろう。ゆっくり会話しながら食べるから時間もかかる。もっとも店の方も心得たもので、伸びにくい配合にした特別麺を店の地下でわざわざ作り、提供しているそうだ。

 日ごろのマナーもここでは例外。麺を豪快にすすりあげる食べ方が当たり前になったとき、ラーメンも本当に“市民権”を得るのかもしれない。(長戸雅子) 





そうだね、ラーメンにしてもそばにしても麺をすすりあげて唇を通り抜けるあの感触と、耳に聞こえてくるその音とがすごく食欲を刺激して快感なんだけどな、麺をがんがんハイスピードで食べるの。



そういえば最近はそば屋さんでもすする音を全く出さない若い女性の集団が多いらしい。

その横で普通にすする音を立てているといやな顔をされるとか。

いやいや、われわれおじさんでも、外でパスタをいただくときには音は立てませんよ。おとなしくゆっくりいただきます。

でも、そばは音立てて食う食べ物でしょう、本来。それなのに目くじら立てないでよ。言わせてもらえば、音を立てずにそばをすする客の集団って、逆に不気味で雰囲気ぶち壊すだけの行為だと思うんだけどなあ。

テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

快速電車の赤い色がそれとすれ違う

食べかけの檸檬 聖橋からほうる

快速電車の赤い色がそれとすれ違う。


さだまさしの歌に「檸檬」というものがありました。1976年ごろの歌じゃなかったかと思います。例によって地味で暗めの曲調ですが(笑)、情景がとても印象的な歌詞で、あの時代の記憶とこれも結びついています。

1979年に高校を卒業して東京に出てきた私が通ったのは、お茶の水に本部を置く某・・・予備校でした(^^;)。
当時は中央大学や日本大学、明治大学がごちゃごちゃとニコライ堂の坂の下沿いに群がり、本当に学生の街でした。
もちろん今も学生街なのですが、当時とはなんだか雰囲気を異にしていますね、少し大人の街になってしまいました。

当時の私にお茶の水を強く印象付けたのはさだまさしの歌に出てきた「聖橋」と、その下を運河に沿って走るレモン色の総武線とオレンジ色の中央線でした。
オレンジ色が快速であるというのは東海道線の車両の色を見てもわかるように国鉄の統一色だったのですが、中央線は格別にオレンジでした。

それが落ちていくレモンとすれ違う情景を思い浮かべながら、ああ、歌の情景の街にきたんだなと感慨深かったのを思い出します。
そんな中央線のオレンジ色の電車が消えるようです。

JR中央線のオレンジ電車、もうすぐ見納め…

JR中央線からオレンジ色の通勤形電車「201系」がまもなく姿を消しそうだ。昭和54年のデビュー以来、長年親しまれてきたが、今年3月末までに最新型のE233系が80編成688両投入され、お目にかかる機会がめっきり減った。JR東日本八王子支社などによると、中央線高架化工事の関係でしばらくは2~3編成残るが、塗装なしのステンレス製車両が首都圏通勤電車の大半を占める中、惜別の声が高まりそうだ。

よく見ると、まさしくその1979年にデビューした快速電車が消えるのですね。
さだまさしの歌と私の青春が重なり合った1970年代に主流だった快速電車は今回消える電車のもうひとつ前に消えていたのでしょう。
さびしいなあ。



時代は移り変わります。

先月末、義父が亡くなりました。
その前に長男は大学受験、中央線沿いの某大学に合格しましたが、進みたい方向がようやく見えてきて、私と同じ予備校に通ってそちらを目指します。
おかげさまでのんびり育っております。(~_~;)

私も今年は起業するつもりです。

テーマ : なつメロ - ジャンル : 音楽

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。