プロフィール

江の島拾い歩き

Author:江の島拾い歩き
ようこそ。江の島拾い歩き管理人です。
コメント、トラックバックは、内容確認させていただいた上で記事内容に関連していれば歓迎いたします。
記事内容への疑問、注文、問い合わせ、間違いのご指摘、ファンレター(笑)などは
enoshimawalker@yahoo.co.jp
までどうぞ。
(アドレス収集ツール対策で上のアドレスは全角@にしてますので、半角の@に変えてご利用ください。)

最近の記事

カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カウンター

タグ

  • seo

ブログで紹介した画像

みんなの足@

ブログで副収入

Affiliate-B

フリーエリア


DMM.COM

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

友達申請フォーム

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺丸さんまた行きました。

麺丸さんまた行きました。
って何度か行っただけですっかり常連さん気分です。

お昼の時間帯に商売開始!

麺丸ご夫婦働き中


相変わらず仲の良いお2人です。
並んで調理中、手前で見てほしいのは網の上で焼かれているお肉です。
そう、チャーシューを網で炙ってるんですね。
麺丸さんのチャーシューは片面を炙って出してくれます。
それでもう、とろとろのチャーシューがとろっとろ!最高の食べ心地です。

麺丸 特製つけ麺 ピンボケ


これはめちゃくちゃピンボケしちゃったので、サムネイルのままで見てください。(笑)
ネギとチャーシュー入りのつけ麺です。
このチャーシューがほんとにとろけるんです。

麺丸つけ麺特製アップ


チャーシューをしつこくアップにしてみました。

麺丸つけ麺特製


麺丸さんのつけ麺のスープはあっさりめです。
そのままでもおいしいんですけど、チャーシューの脂身がとろけこむと味が変わってまた楽しめます。
しあげにスープ割でいただくのですが、そば湯飲むみたいに容器で渡していただきました。

麺丸つけ麺の割スープ



この日は突発性難聴の再診に行った帰りでお昼御飯時だったのですが、11時45分ごろいったら既にカウンターいっぱいでした。
ラーメンは塩味としょうゆ味、さらにはから塩味があるのですが、私の左隣が塩味を頼んだ50代くらいの方、右隣がしょうゆ味を頼んだ30代くらいの方で、50代の方の方に先に届いて食べ始められました。

次に30代の方に届くと、

「これ、塩ラーメンじゃない?しょうゆ頼んだけど。」

50代の方と注文が入れ違いになっていました。


「え?しょうゆ味だった?」

どうでもいいやという感じの50代の方。(笑)

どちらもいいよいいよということでそれぞれ違ったメニューを食べられました。
やさしいお客さんたちで、それに麺丸さん、おわびのサービス券配ってはります。
お互いに気持ち良くお昼御飯の時間過ごせてよかったです。

なんだかこっちまで得した気分でした。
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

厚生年金の上手な取り返し方

厚生年金の上手な取り返し方について書いてみます。
といってもたくさん取り返す方法ではなくて、社会保険事務所でストレスなく待つ方法です。



厚生労働大臣から「あんたの年金記録記載漏れがある(可能性が高いよ)」という手紙が来た件に関して、お手紙の内容は先日の記事の通りです。

お手紙には記録が記載されていて、「もしも間違っていたら訂正して送り返してください。」そういう指示がしてあります。

ところがもう一枚の紙が入れてあって、それには「間違いがあったら電話をかけるか、社会保険事務所に来てください。」そういう指示がしてあります。


いったいどっちやねん!!!



とりあえず電話してみました。070-058-555です。

3月18日は耳鼻咽喉科での診察が9時30分からの予約だったので、病院前の歩道で朝9時過ぎに電話しましたが、かかりません。

「ただ今大変混み合っておりますので・・・」

9時10分ごろ、かかりません。
9時20分ごろ、かかりません。
9時25分ごろ、かかりません。

9時30分からは病院の待合室で待ってました。予約時間より大幅に待たされた挙句、10時30分過ぎに耳鼻科の診療が終わったので、電話しましたが、かかりません。

「ただ今大変混み合っておりますので・・・」

朝からず~っとこれです。
しかも、携帯からかける場合、1分で21円かかりますとのことで、テープの音声を5回聞いただけで105円です。ぷんぷん。



しょうがないので社会保険事務所まで行きました。
「午前中は病院次第で何時に出勤できると言えない。午後からは必ず出勤する」と職場にはあらかじめ連絡していたので、この際です。職場のある鶴見の社会保険事務所まで行きました。
24時間営業のボウリング場「ヤングボウル」と釣り宿「新明丸」の間にあります。(笑)

鶴見社会保険事務所


年金相談コーナーと書いてあるところに向かうと若い男性職員が「年金相談でしょうか?今日は封筒か何かお持ちでしょうか?」と聞いてきます。
持っていると言って見せると、ピンク色の相談申し込み用紙と整理券をとって渡されました。69番、時刻は10時51分です。
私はピンクの申し込み用紙を受け取りましたが、黄色い紙の人もいれば、白い紙の人もいます。どうやら舛添さんからの手紙の有無などで分類されているようです。

舛添さんからの手紙


ピンクの用紙をよく見ると、受付番号18番になっていました。手紙が来たから来た人の中では18番目のようです。
それなのに69番とは、自発的に来てる人が3倍もいるのかあ、そう思いましたが、違いました。整理券はどうやらふたまわり目で、169番だったようです。
舛添さんからの手紙を持ってきた人は18人の時に、それ以外の人が151人も来ているわけです。みなさん、自分で調べてこられたのでしょうか???


待合の椅子は相談コーナーの真横にあります。腰かけてそれとなく聞いていると、半分ぐらいは「何となく心配で」いらっしゃった年配の方のようです。
「現在年金をもらっているけれども、本当はもっともらえているはずではないのか調べてくれ」、という方が多いようです。のんびり相談されています。
他には、もうすぐもらえる年齢に達すると思っていたらまだ支払えないという通知が来た、これは何とかできないのかという相談です。
ご主人の会社で勤めているかたちの奥様で、「それには4月からの給与額を21万5千円以下に下げるのがいいでしょう、なぜなら、、、」などなど、職員の方がゆっくり非常に細かい説明をされています。

窓口は5つです。そのほかに、奥に入って課長クラスの人がテーブルで対応している分が二人分。
40分ほど待ってみたら10人進みましたので、40x7÷10=28・・・ということで一人平均30分かかっています。
ところが長い人は異常に長いのですね。11時35分を回って整理券番号は59番だったのが、11時50分までの15分で61番、2人しか進みません。

ここからさらに7人待ちですから、早くても30分、下手するとさらに1時間以上待たなくてはならないかもしれません。
絶望的な気分になってきました。



12時になったらあきらめて出勤しようかな。そう思っていたら

「ピンクの紙で18番の方~」

ラッキー、入って1時間と5分で呼ばれました。

手紙が届いた人は特別待遇のようで、紙に書かれた番号に従って中の2つの臨時窓口で優先的に対応されているようです。
みんな共通の整理券の順番が来た人はピンクの紙の方でも普通の窓口に行ってましたから、それを考えるとピンクの紙の人も一人平均20~30分はかかっていますね。


と、いうことで、観察して計算してみるに、舛添さんからの手紙が来た人は他の人よりも早めに、1時間ぐらいの待ち時間で対応してもらえるようです。そうでない人は1時間半から2時間は待つことになるのでしょうね。

1時間待つのであればラーメンぐらい食べに行けます。1時間半から2時間待つのであればファミレスでランチして一服して来れます。何という時間の無駄。



整理券を受け取ったら、自分の順番の前に何人ぐらいいるのか、窓口がいくつあるのかを確認してください。
わからなければ案内の職員に聞けばいいと思います。

一人平均30分かかるとして、計算してください。

自分の前に35人いて、窓口が7つであれば、30分で7人ずつしか進みませんので、2時間半待ちです。1時間前には戻ってくると計算しても、1時間半の余裕がありますのでほかのことをしましょう。
勤務先が近くなら、簡単な書類の一つ二つは型がつきます。お昼ごはん前なら、お昼ごはんをゆっくり食べて来れます。
ネイルサロンでちょっと気分転換するのもいいですし、1時間半の映画があっていれば、待ち時間の間に観て来れます(笑)。


社会保険事務所に年金相談に行くときは、

近くでできる他の予定を複数準備しておく。
待ち人数と窓口数から待ち時間を予測して
それらを先にこなす。


ことでストレスなく待つことができます。是非、お試しください。
鶴見事務所であれば、麺バカ息子さんでラーメン食べて、ベローチェで食後のコーヒー飲んで、国道15号線沿いのローソンで立ち読みして1時間半ぐらいですよ(爆)。



私はこのネタをメモしていたのでまだましですが(おいおい)、1時間も2時間もくだらない(失礼)繰り言や相談を傍で聞きながらじっと耐えて待ってるのはものすごい苦痛ですよ。

また、待ち時間を有効に使うだけでなく、自分の順番が来た時も下調べを準備していけば速やかに終わります。

私は4か所8年間の記載漏れがあったのですが、調べていった勤務先情報が名称も勤務期間もすべてほぼ合致していたので、必要な作業はほんとに10分ほどで終わりました。
(正確でなかったのはやめるときの期日の記載です。3月31日までA社勤務で4月1日からB社勤務の場合、年金加入期間はA社で4月1日まで、B社でも4月1日からとダブらせてあるそうです。勤務が3月31日まででも年金は4月1日まで加入している、そういう記載がなされますので、正確を期する場合はそれが必要なわけですが、さすがにそれは社会保険事務所側で訂正してくれて、問題ありませんでした。)

しかし、驚いたことに名前の読み方、振り仮名が全く違う名前にされていたのを見つけて指摘したら仰天されて(笑)、それを調べるだけで10分近く待たされましたが、そういうことがなければすぐ終わります。
ちなみに、名前のヨミは、現在の年金手帳の名前は正確で、社会保険庁の記録が間違っているけれども番号が合致しているから問題ありませんと言われて訂正されませんでした。
全く知らない人の振り仮名で登録されています。



いいのかな本当に???





テーマ : 年金問題 - ジャンル : 日記

台風接近でくも膜下出血が起きやすくなる・・・そ、そうなの?

台風接近でクモ膜下出血多発というニュースが携帯のニューステロップに出ていました。
朝日新聞のニュースですが、日本脳卒中学会の発表を報じたものです。
お昼休みに朝日新聞のページで見てみました。以下に記事の一部を転載します。

台風接近でくも膜下出血多発 沖縄・八重山諸島で調査

2008年03月21日10時01分

 台風が近づくと、脳卒中の死因の約1割を占める、くも膜下出血が増える可能性があることが、国立病院機構・関門医療センター(山口県下関市)の泉原昭文・脳神経外科医長の調査でわかった。
低気圧が血管のこぶを膨張させるなどし、脳動脈瘤(りゅう)が破裂したと推測している。京都市内で20日から始まった日本脳卒中学会で発表した。
・・・泉原さんは、00年から約2年間、沖縄県立八重山病院に勤めた。冬や春に多いとされるくも膜下出血の患者が、八重山諸島では、台風シーズンに集中していることに気づいた。
台風が最も近づいた日を中心に、前後3日間を「台風接近時」として、接近時とそれ以外の時期のくも膜下出血の発症者数を比べた。その結果、接近時の100日あたりの発症が約3.4人だったのに対し、それ以外は約1.9人で、接近時の発症がふだんより約1.8倍高かった。

http://www.asahi.com/life/update/0321/OSK200803210003.html


個人的な記憶をたどってみても、たしかに結構多いなと思うのが夏休み中のくも膜下出血による死亡事故です。。
お盆休みの前後にほんとに多い気がします。それは酷暑による血圧上昇が引き金となっていたのかと勝手に考えていましたが、台風などの気圧の変化によるものが少なからずあるのかもしれませんね。
泉原先生の推察通りだとすると、気圧の変動が要因の一つとして十分考えられるべきものであると思われます。

低気圧と脳神経症状の関連性についは昔からよく知られていることですよね。
天気が悪いと偏頭痛が起こりやすいとか、同じく低気圧が近づくと昔交通事故で痛めた頸の痛みが出るとか、しばしば聞く話です。
その関連性について耳にはするものの、それほど命にかかわる症状とは思えないので放置されていることが多いのですが、泉原さんはしっかり調べてみたのですね。
八重山地方が台風のメッカだからこそ、気がついたことかもしれませんが、この傾向は昔からあったはずで、その気になって調べた脳神経外科医が今までいなかっただけということでしょうか。
でも、それで考えると、高い山に登ったり、飛行機に乗ったりすることによる気圧の変化は影響を与えないのでしょうか?
少し調べてみました。

医学情報検索サイトにPubMedというものがあります。
ここではキーワードを入れ込んで検索をかけることで、関連する論文について探すことができます。
英語でしか入れられないのですが、ちょっと遊んでみましょう。

くも膜下出血は「subarachnoid hemorrage」です。
(医療関係者で「サバラ」と呼ぶ人も多いようですが、なんか無意味に恥ずかしい気がして私はSAHと呼びます。)
もう一つのキーワードをどうしようかと思ったのですが、台風では出てこなかったので、「subarachnoid AND weather(くも膜下と天気)」にしてみました。

87個の論文がヒットして、先頭のものはこれでした。
The influence of barometric pressure changes and standard meteorological variables on the occurrence and clinical features of subarachnoid hemorrhage.
Surg Neurol. 2007 Mar;67(3):264-72; discussion 272.
PMID: 17320635 [PubMed - indexed for MEDLINE]

少し孫引きしたりして、あらためてキーワードを入れなおしました。

「atomospheric pressure AND subarachnoid」(大気圧とくも膜下)で検索してみて、こんなのにたどり着きました。

1: J Neurosurg. 2001 Sep;95(3):391-2.Links

Relationship of aneurysmal subarachnoid hemorrhage to changes in atmospheric pressure: results of a prospective study.
Buxton N, Liu C, Dasic D, Moody P, Hope DT.

Department of Neurosurgery, University Hospital, Nottingham, United Kingdom. neilbuxton@doctors.org.uk

動静脈奇形からのくも膜下出血と大気圧変動との関連性について 2002年
この研究は2001年の報告ですが、その数年前の1998年から行われていたものです。

日本人の報告のこれもありました。

Oyoshi T, Nakayama M, Kuratsu J.

Relationship between aneurysmal subarachnoid hemorrhage and climatic conditions in the subtropical region, Amami-Oshima, in Japan.
Neurol Med Chir (Tokyo). 1999 Aug;39(8):585-90; discussion 590-1.

無料で原文が読めます。リンクはこちらです。とても長いので短縮しました。
http://tinyurl.com/29tgz5

すでに注目され、報告されていたのですね。
この論文の関連文献をさかのぼればもっといろいろあって、1975年ごろから報告はあるようです。

こういう報告があるのを知らなかった。分野が関係ないとはいえ、勉強させていただきました、ありがとうございます。
今回の報告はしかし、台風に限局して着目した視点が一般受けしますね。
どのように研究成果を報告すれば注目を引くことができるのかという勉強にもなりました。

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

舛添要一さんからお手紙いただきました。

舛添要一さんからお手紙いただきました。
まさかとは思いましたが、まさかじゃなくてやっぱりというべきなのか、年金支給の問題です。
実際に社会保険庁の窓口は大混乱みたいですね。ヤフーニュースにこんな記事が載っていました。

『 各地の社会保険事務所で年金相談に訪れる人が増え、窓口の混雑が激しくなっている。「宙に浮いた」年金記録の持ち主を探すために社会保険庁が送っている「ねんきん特別便」を受け取って窓口を訪れる人に加え、3月末で定年退職する人からの相談が増えているためだ。中には午前中に行っても、その日のうちに順番が回ってこないケースも。社保庁は「比較的すいている夕方に来てもらえれば。社会保険労務士も相談を受けているので利用してほしい」と呼び掛けている。

 特別便は昨年12月から発送が始まり、当初は「拍子抜け」(社保庁担当者)というほど相談が少なかったが、発送件数の増加とともに2月以降、来訪者が増加。さらに混雑に拍車をかけているのが、団塊世代の大量退職だ。年度末の定年退職前に、年金額の問い合わせなどに訪れる人が多いという。』

周りの人に聞いても2月末から3月に手紙を受け取った人ばかりです。
うちの場合も手紙が届いたのはほんの数日前です。

12月が拍子抜けするぐらい相談が少なかったって?
ただ単にもたもたして社保庁側が手紙を出しきれていなかっただけじゃないですか。。。

まだ受け取ってない人、安心しないで待っていてください。まだまだ届いているみたいですよ。


届いた手紙の文面はこんなのです。

「あなたの加入記録をお確かめください。

 このたびの年金記録をめぐる問題について、心よりお詫び申し上げます。一刻も早く皆様の年金記録を正しいものとするよう、最善を尽くしてまいります。

このお知らせは、基礎年金番号に結びついていない5000万件の記録の中に、あなたの記録と結び付く可能性のある記録があるため、お送りしています。

今回大栗氏や加入記録に記載漏れや誤りがないか十分にご確認いただき、必ずご回答いただきますよう、是非ご協力をお願い申し上げます。

厚生労働大臣 舛添要一」


やられた~。って感じでしたね。

私の年金を納めていた勤務記録がごっそり抜けおちていました。
1987年から年金手帳に加入して年金支払っているのに、記録があったのは1995年10月から現在まででした。8年間で4か所の勤務先で年金を納めたそれまでの記録は何にも書いてありませんでした。

このなかには、「厚生年金病院」での勤務記録もあれば、「国立大学医学部附属病院」での勤務記録もあるのに、すべて記録にないということです。

信じられませんねえ。


国の機関や、厚生年金関係の機関に勤務していた記録でさえもまともに記録されていないなんて、
社会保険庁ってそれでも国の機関か?

国家公務員だから首にならずにお勤めされているのでしょうけれども、民間レベルであれば辞表を出していただくし、このあと始末にかかる費用を会社側から訴訟されて請求されてもおかしくないような仕業です。

かっかしてもしょうがないんだけど、かっかしますよね。
実際に受け取ってみると。(笑)


現在、勤務先について住所や勤務期日についての確認作業中です。
そういう作業を費やさせられる損失に対しての補てんもいただきたいところですよね。

お手紙が届いた皆様、お疲れ様です。

テーマ : 年金問題 - ジャンル : 日記

突発性難聴のその後のこと

突発性難聴のその後のことについてちょっと書いてみますね。

ずいぶんブログの更新をさぼっていました、すみません。
年度末は何かと忙しかったりして、記事ネタため込むばかりでした。
金曜日の話題から書くべきなのでしょうけれども、ちょいと時系列を追って書きます。

ということで突発性難聴のお話です。
先日、突発性難聴になってしまったことを書きました。
その後の経過なんですが、まずは順調に回復に向かっています。

発症が2月10日ごろ、症状がとてもひどかったのが2月12日から14日の3日間です。
右耳だけなのですが、水の中で耳に水が入った状態で陸上の音を聞いている感じで、耳鳴りもするし、職場で会議をしていてもまるで集中できませんでした。

で、13日に診断されて14日に総合病院を受診、突発性難聴のお墨付きを頂いて(笑)、ステロイド剤の処方を受けました。ステロイド剤はプレドニンというポピュラーな奴です。

どうしてステロイド剤を使うのでしょうか?
突発性難聴の原因は実はよく分かっていません。
浜崎あゆみさんが聴力を失ったのも突発性難聴ですが、それと私の今回の突発性難聴が同じ原因でおこった同じ病気かどうかはわからないのです。
原因不明の疾患が往々にして「特発性」という病名を頂くものなのですが、突発性難聴の場合はその発症がほんとに突発なので「突発性」を頂いています。

でも、病態から言っておそらく聴神経の浮腫が原因となって聴力が落ちるものと考えられています。
内耳とか中耳の問題ではなくて脳に近い部分ですね。
ここに浮腫が起こる原因としてはいくつか考えられますが、そのうちの一つがウイルスの感染によるものです。

どんなウイルスかって言われるとそれがわからないのですが、どうも風邪ウイルスのような、どこにでもいるようなウイルスの感染がたまたまそちらに及んでしまったということではないか、と考えられています。
で、正体不明のウイルス感染による炎症や浮腫を抑えるのに特効薬はステロイドです。

これはなぜステロイドが有効なのか、これまた正確に診断がついているわけでもないのですが、もちろん抗炎症作用は強力ですし、ステロイドが免疫系の細胞を機能抑制することで免疫系の過剰反応による浮腫も抑え込めますので、過剰なサイトカインによる炎症が抑え込めるわけです。

ちょっと脱線になりますが、メニエール病というものもあります。
こちらは耳も聞こえにくくなったりしますが、主な症状はめまいです。それも激しいめまいで、横になっていても取れないひどいもの、こちらも有名ですね。
こちらの方は経験的に抗ヘルペス薬が有効である場合があることが知られています。つまりメニエール病の一部は何らかのヘルペスウイルスで発症する可能性があるわけです。
このように抗ウイルス薬が開発されているウイルスによる病気である場合はそれを使った方が効くのですが、一般的にはウイルスがわからないのでステロイドで抑えます。


ということでステロイド薬のプレドニンを一日30mg内服からはじめて、20mg、10mgと2~3日おきに減らしながら一週間飲んで2月21日に検査したところ、少し良くなっていました。血流循環改善薬も飲みましたが、こちらはまあ、気休めかなと。

最初は通常の会話などの音域が45dBぐらいの大きさでないと聞こえなかったのが(2月14日の検査)、1週間の内服治療で28dBぐらいで聞こえるように改善していました(2月21日の検査)。

「う~ん、まあまあですかね。改善傾向ではあるので、外来で治療を続けましょう。」


実は、ステロイドによる突発性難聴の治療の選択肢は二つあったんです。

ひとつは私が受けた内服治療。
もうひとつは点滴でステロイドを連続して投与する方法。

内服であっても時間を守って服用すればある程度の濃度を守れますので、外来で注射一本打つのなんかよりもはるかに効果的に治療できるのですが、入院して点滴で管理すればさらに高濃度を維持できますからね。
ただしこれはお金もかかるし、仕事も休まなきゃだし、私程度の突発性難聴の患者の場合は本人の強い要望がない限り外来治療するのが常だそうです。
聴力が90dB~ぐらいじゃないと聞こえないまでに落ちていれば有無を言わさず点滴するそうなのですが。(笑)

と、いうことで一週間のステロイドは「まあまあ」の結果で終了しました。
そこからはステロイドから別の薬に切り替えました。
というのもステロイドの内服治療は長期に続けると「ムーンフェイス」などのありがたくない副作用が出ることがあるのと、免疫抑制状態でほかの感染症の危険度も増すからです。

で、切り替えて飲まされたのがイソソルビド(商品名はイソバイド)という利尿剤だったのですが、これがなかなかのつわものでした。。。(^^ゞ


と、やはり長いのでこの記事はまた先に続くということで(爆)。


あ、ちなみに突発性難聴になって一週間ぐらいしたころに再生治療が開発、浜崎あゆみに朗報!なんて記事が出ていましたが、実用化はまだまだ先の話ですし、あの内容も聴神経の問題ではなくて内耳のトラブルによる難聴の治療方法なので、フォーカスのずれた見出しであったことを書いておきます。

ああ書く方がインパクトは高いのはわかりますけどね。。。
これは卵アレルギーの人でも食べられる卵を高校生が・・・
の記事でも書きましたが、新聞社さん、ちょっと罪作りなニュースの出し方です。

まあ、我々もたまに利用させていただきますけどね。。。






テーマ : 突発性難聴 - ジャンル : 心と身体

剛力ラーメンのマヨラー@京橋・大阪は今日もビビッドなのだ。

剛力ラーメンというラーメン屋さんがあります。

京橋(大阪の京橋)の京阪電車とJRの駅のつなぎ目に当たる道路沿いにある小さなお店なんですが、最初に発見したのが10年以上前、それから変わらずにずっとありますので、そこそこ人気店ということなのでしょう。(すっごい人気店だったらごめんなさい。)

ほんとに細いお店なんですよ。間口は一間半ちょっとかなあ?二間はないと思います。
まずは店内の風景ですが、どなたか知りませんがごめんなさい。(爆)

剛力ラーメン店内


カウンターが両側に並んで、背中あわせに座って食べるのですが、声をかけながら出ないと店員さんもラーメン持っては通れないという狭さです。
後ろのテーブルまでの距離がほとんどないのはこれを見れば分かっていただけると思います。

店内の写真なのにこんなに大きく貼ってどうするんだって?

チョイと見ていただきたい部分があるのです。
カップルのお客さんの頭上を見てください。ずずずずいっと。
エアコンがありますね。。。。ぢゃなくて、エアコンとお客さんの間の壁に小さな棚があるでしょう?

これ、割りばしと調味料置場なんです。ww
省スペースでここまでやらなくては成り立たない狭さなんですね。
新宿の牛丼屋でもここまで狭くないです。
徹底してます。おそるべきはやはり関西の合理精神。

で、当然ながらメニュー表なんてのも置いてありません。
壁に貼ってあります。これも上の写真でわかりますね。
ちょっとアップして見てみましょう。

剛力ラーメンメニューの写真


すべて写真と名前です。
キャプションもちょっとついています。

メニューとしてはこの方がむしろいいかもしれませんね。
一目でどんなラーメンなのか、印象よく飛びこんできます。
広いラーメン屋さんであってもやってみて損はない方法だと思います。

パソコンとプリンターがあればできますからね。
ね、麺丸さん。パソコンはもうネットにつながりましたか?(笑)


さてそれではラーメンです。
私はここに来るといつも頼んでしまうものがあります。
それが「マヨラー」なんです。マヨネーズラーメンです。

マヨネーズラーメン


マヨネーズ(手作り)がたっぷり入った不思議なラーメンです。

いえいえ、おいしいんですよこれが。
私は決してマヨラーではないのですが(もちろん嫌いじゃないですけど)、
これがもうほんと、絶妙においしいの、麺がマヨネーズと絡んで、
スープにマヨネーズが浮いて、カイワレ大根にも絡んで、不思議においしい。

マヨネーズラーメンの拡大@剛力


サラダラーメンをうまいことラーメンに仕立てたような感じです。
味のベースは・・・・マヨネーズです(笑)。完全にマヨネーズの独り勝ち。(爆)
麺はごくふつうですかね、縮れ麺です。

でも、私はここに行くときには頭の中の78%はマヨラーが占めていて、
食べ始めると100%マヨネーズが占めて、堪能している状態ですから
面や卵は添え物で満足です。 邪道かなあ。


ほんとに小さなお店で、ちょっとわかりにくいのですが、
京阪電車とJRをつなぐ大きな広場の横に自転車置き場があって、
その横の階段をふっと見ると看板があります。(笑)

剛力ラーメン矢印




わかんなかったら

「剛力ラーメンどこですかあ!」

って聞いて回ったら通行人のおっちゃんが教えてくれます。
昼間っから酔っぱらってふらふら暇そうにしてるおっちゃんが結構います。
まちがいありません。


「教えてやったんだからいっぱいおごれ。」

そう言って串カツ屋に引きずり込まれても私は責任持ちません。
食べて見るのも一興ではないでしょうか

京橋の立ち飲みの串カツ屋、
実は以前から興味はあるんだけどまだ行ったことないです。

次なる目標の一つです。




よかったら「剛力ラーメンどこですかあ!」って京橋駅前で叫んでください。

拉致しに行きますから(爆)

テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。