プロフィール

江の島拾い歩き

Author:江の島拾い歩き
ようこそ。江の島拾い歩き管理人です。
コメント、トラックバックは、内容確認させていただいた上で記事内容に関連していれば歓迎いたします。
記事内容への疑問、注文、問い合わせ、間違いのご指摘、ファンレター(笑)などは
enoshimawalker@yahoo.co.jp
までどうぞ。
(アドレス収集ツール対策で上のアドレスは全角@にしてますので、半角の@に変えてご利用ください。)

最近の記事

カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カウンター

タグ

  • seo

ブログで紹介した画像

みんなの足@

ブログで副収入

Affiliate-B

フリーエリア


DMM.COM

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

友達申請フォーム

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高尿酸血症の薬の副作用

もう何年になるかな、高尿酸血症の治療薬を飲んでいます。

ユリノームと、ウラリットです。


血液中の尿酸値を下げる薬はユリノームですね、これは尿酸排泄を亢進させる薬です。

ウラリットは何かといえば、尿のpHを下げる薬。

ユリノームにより尿酸排泄が亢進すると、腎臓で尿酸結石が析出しやすくなるので、それを防ぐ薬です。

つまり、両方セットで内服することが前提のお薬です。


これらのお薬、飲み始めたらかなり長期にわたって飲み続ける必要があります。

副作用として薬剤性肝炎が知られているのでちょっといやでしたが、

もうかれこれ数年間飲み続けているので大丈夫のようです(笑)。


でも、できれば飲みたくない。

ということで、高尿酸血症の原因の一つに肥満があるので、10㎏以上痩せてみました。

もう3年ばかりそれを維持しています。


・・・まったく効果なしです。

ユリノームを飲まないとすぐに尿酸値が正常上限前後まで上がります。


「痛風は贅沢病である」

という風に、年配の医学的知識に乏しい方は決めつけられます。

ですが、肥満が根本的な原因の方はごく一部のようです。

過半数は遺伝的に「尿酸産生が亢進している」か「尿酸排泄が低下している」、という問題のようです。

もちろん、そこに「加齢」という要素が加わらないと尿酸は上がらないわけですが。


ということで、あきらめて飲み続けています。

ユリノームとウラリット。

一生飲むのかなあ。


調剤薬局の強い勧めでジェネリック薬に変えたら効果が落ちたので(飲み続けているにもかかわらず標準値上限近くまで上昇)、ユリノームに戻しました。

ウラリットも、ジェネリックの薬はコーティングされてないのでクエン酸の味が強くてやはりウラリットに戻しました。



ダイエットの方は身が軽くなって健康になったので継続中。

実はユリノーム飲む前から少し高かったALTやASTなどの肝機能値の方はやせたら劇的に改善しました。

まったく数値に異常は出ませんし、超音波でキラキラしていた脂肪肝も雲散霧消しました。


なので、ダイエットしてからはお酒も安心してがばがば飲んでます。

(だから尿酸値が下がらない可能性は非常に高い(笑))


スポンサーサイト

テーマ : 健康生活:病気・治療法 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

タグ : ユリノーム ウラリット 肝機能 尿酸値 アルコール

薬ネット販売規制に2年間の移行措置がとられるそうです。

規制の施行にパブコメの意見を取り入れるなんて珍しいですね


薬のネット販売規制が来月から始まる予定だったのが、とりあえず2年間は条件付きで継続購入可能となるようです。

これまで様々な省庁がパブコメを募集していてもほとんど形ばかりで、何の効果もないというのが通例でしたが、今回は効果があったのでしょうか?

それとも、なにか思惑があるのかな?


薬ネット販売、2年間容認へ=パブコメ8割が「規制反対」-厚労省

5月22日22時30分配信 時事通信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090522-00000226-jij-soci

 市販薬のインターネット販売を規制する省令を公布したものの、ネット事業者などの反対を受け、一部の販売を2年間に限り認める改正省令案をまとめた厚生労働省は22日、来週改正省令を公布する方針を固めた。6月1日に施行する。
 改正省令は風邪薬や漢方薬など、副作用リスクが中程度の「第2類医薬品」については、同じ業者からの継続購入者に限り、インターネットや電話を通じた通信販売を2年間認める内容。
 同省が12日から18日まで実施したパブリックコメントには9824件の意見が寄せられた。約85%が「ネットだと迅速に購入できて便利」などと規制に反対したが、同省は安全性を優先するとして通販は原則禁止、2年間の経過措置のみとした。「健康が重要で、利便性は二の次」として通販禁止を求める意見もあった。 


簡単に犯罪に使えるような危険な薬に関しては規制もやむなしと思いますが、薬局が空いているような時間に買いに行けない人や、補助なしでは外出も困難な人が買い物するのを妨げるような規制はどうかとも思います。

なにか身障者手帳なり、介護手帳なり、そういう認証を受けている人がネット通販を利用し続けることができるようなシステムが作れないものかと思ってしまいます。


アメリカに出張に行くと、大きなドラッグストアによく行きます。

向こうでは、日本では薬局では簡単に買えないような薬が簡単に手に入ります。

長男がひどいアレルギー性鼻炎なのですが、第二世代の眠くならない抗ヒスタミン剤、早くから向こうの薬局では普通に買えたので買って帰ってました。


え?そんなことよりアレルギー性鼻炎を治す薬を早く開発しろって?

いやいや、それは専門の先生にやっていただいて。

(・_・)ノ☆(*__)


あとは、第一世代の抗ヒスタミン剤もめちゃくちゃ安く買えたので、寝る前に飲ませるときには睡眠導入剤も兼ねて使っていました。

その効果を使って「ドリウェル」なんて睡眠導入剤が日本でもありますが、同じ成分で1/10以下で買えたものです。

いろいろ買えますが、どんな薬を買って飲もうとも、自己責任です。



と、いうぐらい、日本と外国では薬の値段も買いやすさも異なります。

はっきりいって日本では薬、買いにくい制度です。

それをネット販売もさらに規制すると。。。


どうも、やっぱり、変ですよ。

規制して一体だれが得するんでしょうか?

一般国民はまちがいなく損しますよね。


あ、いや、執行猶予がついたからこんなこと言うべきじゃないのかな。


でも、国民の側も、自己責任で薬は勝手使うべきで、

副作用があったらなんでもかんでも大騒ぎして責任追求するのはやめましょう。


その辺なのかな?

規制されてしまう理由は。


与太話ですみませんでした。

続きを読む »

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

タグ : 薬のネット販売 移行措置 薬品 薬剤 ドラッグストア パブコメ

生殖医学が親子のあり方を変えていいのか?



子育ては正直、大変である。

子供がある程度大きくなれば、分別も付いてくるし、

教育費は泣きたいほどかかるが、対等に話ができる。


しかし、三歳児くんを中心とした数年間は、

子供は体当たりで親にぶつかってくるし、

それを受け止め、全力で育てていくのは親の務めだと思う。


もちろん、上の子供が育ってくると

間に入ってクッションになってくれるので

年を重ねてからの3人目、4人目は楽だというが・・・。


これはどうだろうか?


Britain's oldest mother-to-be, 66, dismisses concerns about her age


イギリスのお金持ちのご婦人が、子供がほしいからと

66歳にして人工受精卵の提供を受け、懐妊されたとのこと。


生物学的にもすごいなあと感動するのだけれども、

問題とされ、話題になっているのは、彼女の子育てへの責任だ。

彼女が67歳で子供を生み、子供が成人したときには87歳だ。


生きているという保証はないよね。


もちろん、子供が成人したときに

親が生きていなければならないというわけではない。

上に書いたように兄や姉がたくさんいれば、

末っ子の成人を待たずに親が亡くなっても何とかなる。


しかし67歳で初めての妊娠で初めての子供。

いくらお金持ちであっても、

成人したときに母親が90歳近い高齢になっているというのは

これは、子供にとって不幸ではないだろうか?



・・・・と、ここまで書いてみて気付いたけど、

男性は60代で子供を作る人、少なくないよね。


上原謙さんは72歳だったし、

ビング・クロズビーなんか90歳超えていた。

それなのに女だけ67歳で子供を産むことを非難されるのは・・・


そういう考え方もある。


でもまあ、医学を離れて生物として考えたら、

男は確かに70歳かそこらまで子供を作る能力がある。

でも、女は50歳ぐらいが限界のはずだ。


そう考えると、やはり女性が母親として子供を育てるのは

70歳ぐらいまでで終えておくべきじゃないかと思う。


身体が付いてこないと思う。

男も年はとるのだけれども、身体は衰えるのだけれども、

女性には男にはない大きな変化が50歳過ぎに訪れる。


全力でぶつかってくる子どもを育てることができるのは

70歳ぐらいまでが限界じゃないかと思うのだ。



このイギリス女性の場合も、育てる母親が別にいるのであれば、

67歳の女性が頑張って育てることに異議はないのだけれども、

母親として育てること、ちょっとつらくないだろうか。


もちろん、その年から他人の子を育てて

立派に成人させる年配の女性もいるわけで

(お母さんが不幸にして亡くなった子のおばあさんとか)

一概には言えないことなのだけれども、

その場合、ほかに母親がいることは子供も了解するわけで。


子供の心境としては、思春期を過ぎて大人になっていくときに

父親はともかく、母親は70歳前であってほしいなと思うんじゃないかな。

ちょっとさびしいことないかな。

そういう境遇に子供を置くことはちょっとエゴじゃないかな。


まったくの独断と偏見です。

気分を害した方がいたら申し訳ありません。


でも、生殖医療はこういう新しい問題も引き起こしたわけで、

やはり慎重に使われていくべきものなんだと思う。

テーマ : イギリス - ジャンル : 海外情報

タグ : 生殖医療 人工授精 母親 子供 67歳 高齢出産 イギリス人女性

新型インフルエンザ拡大は防げない

新型インフルエンザの感染爆発が日本でも始まった。

いや、正確にはようやく実態の一部が明らかになった、と言うことではないだろうか?


金曜日の夜に国内での人から人への感染が神戸で確認され、

今日にはもう大阪でも同じ程度の患者が確定し、今、20人程度かな?

それぞれ高校での感染者確認であるが、体調不良で休んでいるのは数十人に及ぶという。


関連記事

神戸の高校生8人感染確定 疑いは100人規模

配信元:産経新聞 2009/05/16 23:56

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/living/health/254585/

 厚生労働省と神戸市は16日、神戸市内の同じ高校に通う生徒3人、別の高校に通う5人の計8人が新型インフルエンザに感染していることが確定したと発表した。また、大阪府からも女子高校生1人が、感染の疑いがあると報告がある。厚労省によると感染が疑われる例は、兵庫と大阪を中心に100人規模に拡大する可能性もある。国内で一気に感染拡大している可能性が出てきた。





もう、国内でも感染拡大は止めようがないだろう。

アメリカやカナダと同じで感染に歯止めをするのはあきらめて、

重症化する可能性のあるハイリスクの人だけ注意して、

残りの、普段健康な人々はかかったらおとなしく自宅で寝て治そう。


幸い弱毒型だし、タミフル耐性ではない(今のところ)から、

それほど心配するには及ばない。

糖尿病、喘息、循環器系の病気、妊娠中、

これらの条件に当てはまらない人は比較的安心できるようだし。


ともかく、感染は今さら止められない。

感染を止めようと思ったら4月26日の時点で鎖国するしかなかったはずだ。

発症前の患者や、症状の軽い患者は水際の検疫で引っ掛かるはずがない。

水際の検疫なんかで防げる病気じゃないのだから。


無駄な努力であったことを潔く認めて、

国内での感染疑い者がもっと気楽にカミングアウトできるように

もう、季節性インフルエンザのつもりで対処してほしい。



・・・職場の渡航制限もやめようよ~。

  ↑ ↑ ↑
  これが言いたかったらしい

テーマ : インフルエンザ - ジャンル : ヘルス・ダイエット

タグ : 新型インフルエンザ 渡航制限 感染拡大 国内 神戸 高校生

メタボの基準、たばこの問題、今さら言わないでよ、わかってたこと。



そういいたくなっちゃいますよね。


メタボ健診の基準に腹囲を入れるなんてのが

国際的に見てもなんともおかしいこと、

(しかも男女の基準が逆なのは世界中で日本だけ)

メタボ健診なんか全国一斉にやるよりも、

たばこ税をガツンとあげた方がよっぽど医療費削減に貢献すること、


始まる前からさんざん言われていたことだけど。

まあ、証明されてよかったのかなあ。



続きを読む »

テーマ : 税金 - ジャンル : 政治・経済

タグ : メタボ健診 腹囲 男女逆転 基準の見直し 肥満 厚生労働省

めまいでぐるぐる

今朝は朝起きて立ち上がるなり、あれあれ?

そのままくるりんとまた布団に戻ってしまった。

まったくまっすぐ立てない、座ることもできない。


あっちゃあああ。

メニエールの回転君が始まってしまった。。。

これまでは難聴がほとんどでごくわずかなめまいだったんだけど。。。

続きを読む »

テーマ : 健康 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

タグ : メニエール病 目まい 吐き気 三半規管

鳥インフルエンザはいつ爆発するのか?

新型、つまり鳥インフルエンザが人間に広まる、

その可能性が危惧され、騒がれ出して5年はたつか。


幸いにして未だにそれ、パンデミックは起こらない。

だけど、そのチャンスはいくらでも転がっていて、

隠したがる国からブレイクするのではないかと言われる。。。




続きを読む »

テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

タグ : 鳥インフルエンザ 中国 パンデミック

肺がんの特効薬になるのか?

がんはさまざまな遺伝子変異で発生する。

積み重ねの変異の場合もあるし、

特殊な遺伝子一つの変異が癌を生むこともある。


肺がんの一部のケース(5%)では

ある「酵素」が肺がんの原因となっていたらしい。


これをネズミで確認し、

さらに阻害剤で発生した肺がんを消失させることができたと言う。

ものすごく明快な研究の話だ。

続きを読む »

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

タグ : 肺がん EML4-ALK 特効薬 酵素

妊娠のリスクを知るための11カ条

これは若い人にこそぜひ読んで欲しいと思うので紹介します。

わかりやすく、ときにはきついものの言い方ですが、
これは妊娠していない男女にこそ、今、読んでいただくことが大事でしょう。


ただし、ひとつだけ文句をつけます。

個人的な感情も入っての文句ですから、
この先生の11カ条だけ読んでいただいた方が平和に収まります(笑)。

でも、言わせてください。


9番目に関して、これは開業産婦人科医の施設を

「安全性の劣る、我慢して受診しなければならない施設である」

と言いきっている発言です。


何さまなんだあんたは? 


そう言いたくなります(笑)。





・・・これ以上の感情的な記述は最後につけます。

とりあえずはヤフーニュースとこの先生の11カ条、読んでください。

9番目以外はOKです(笑)。


それで問題がないと思った人は私の意見は読んじゃダメです(笑)。




続きを読む »

テーマ : 医療問題 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

タグ : 産婦人科医療 妊娠の11カ条 川崎医大付属病院 産婦人科医長 開業医は低レベル

救急病院の医師はパイプオルガンではない。

日本にはパイプオルガンを備えた公共施設の数はものすごく多いが、その演奏者はパイプオルガンの数よりも少ないと言われる。

パイプオルガンを入れた音楽堂や公会堂は喜んで作るが、それのメンテナンスにかかわる人や定期演奏のために必要な人材の確保は全く考慮しないからこういうことになる。

ハードやシステムを作っても、それを動かす人材を十分に確保しなくては片手落ちなのである。




東京都の救急搬送システムの整備の話、現状を何とかしようと言う東京都側の気持ちは前向きだし、ニュースの断片だけなのであんまり批判するのはよくないかなと反省はしつつ、やはり腑に落ちない部分は多い。

続きを読む »

テーマ : 痛いニュース - ジャンル : ニュース

タグ : 搬送システム 救急医療 二時救急中核病院 東京ルール

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。