プロフィール

江の島拾い歩き

Author:江の島拾い歩き
ようこそ。江の島拾い歩き管理人です。
コメント、トラックバックは、内容確認させていただいた上で記事内容に関連していれば歓迎いたします。
記事内容への疑問、注文、問い合わせ、間違いのご指摘、ファンレター(笑)などは
enoshimawalker@yahoo.co.jp
までどうぞ。
(アドレス収集ツール対策で上のアドレスは全角@にしてますので、半角の@に変えてご利用ください。)

最近の記事

カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カウンター

タグ

  • seo

ブログで紹介した画像

みんなの足@

ブログで副収入

Affiliate-B

フリーエリア


DMM.COM

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

友達申請フォーム

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妊娠中にたばこの煙を吸うと生まれた子がアトピーになりやすい

妊娠中の受動喫煙とアトピー性皮膚炎の関係について

消費税とたばこ税に関する前の記事の続きです。



妊娠中にたばこを吸うことが生まれてくる子供の呼吸器疾患を引き起こしたり、出産そのものにも悪影響を及ぼすことはよく知られています。

ここでは、それ以外に、アレルギー性疾患の一つであるアトピー性皮膚炎に対して、母親である妊婦さんが喫煙すること、それだけではなくて間接喫煙させられることの影響について調べてあります。
アトピー性皮膚炎の発症と、母親の血液中、あるいは臍帯血中のコチニンの濃度を比較することで、これらの喫煙がアトピー発症に影響を及ぼすかどうかを検査したのです。


この実験が最初に始められたのは実は2004年のことです。2004年に生まれた261人の赤ちゃんについて臍帯血を採取して、その2年後にアトピー性皮膚炎を発症したかどうか、生活環境はどうだったかを検討しています。
アトピー性皮膚炎を発症した赤ちゃんたちと、発症しなかった赤ちゃんたちにグループ分けして、血中コチニン濃度なども含めて様々な環境要因について多変量解析によって比較しています。

150人の母子について、その後の追跡調査に成功しました。この中には38人のお子さんがアトピー性皮膚炎を発症したとして報告されています。
(およそ25%ですから、すこし多いかもしれません。アトピー経験者の平均は20%弱ぐらいです。一つには、健康な母子は病院に寄り付かないということもあるのでしょうね。)

150人中、2人がたばこを吸っていたそうです。さらに、飲食店で働いていた、家族に喫煙者がいるなどの間接喫煙にさらされていたのは38人でした。
妊娠中のお母さんの血中コチニン濃度と臍帯血のコチニン濃度の間には明確な比例関係があったそうです。これはつまり母親の喫煙(間接喫煙も含めて)により摂取されたニコチンはそのまま胎児側に流れ込んでいったことを示しています。


結果ですが、アトピー性皮膚炎の発症率は臍帯血のコチニンレベルが高くなれば高くなるほど高くなることがわかりました。
コチニンレベルが高い、上位25%の子供たちは非常に高い確率でアトピー性皮膚炎を発症していたそうです。

詳細な数値は本文に書いてありまして、有料の情報ですし、割愛させていただきます。
ですが、ここまでのデータだけでも、妊娠中にたばこの煙にさらされることは子供の健康に非常に害を与えることが明瞭ですね。



妊娠中にたばこをやめないお母さんの言い訳として有名なものにこんなものがあります。

「私もたばこを吸うと子供が大きく育たないことは知ってるわよ。
 でも、奇形は起こさないって言うじゃない。小さく生んで大きく育てればいいのよ。
 妊娠中に禁煙することであたしが精神的にいらいらする方がよっぽど子供に悪影響だわ。」

奥さんがこんなこと言ったらご主人、ぶんなぐってでもやめさせましょう!

逆に妊娠中の奥さん方、生まれた子供がアトピー性皮膚炎になったらその原因の一部は配偶者のたばこにあることを宣言して、家族には家での喫煙はやめてもらいましょう。

それでもやめないで、不幸にしてお子さんがアトピーになったら悲惨ですね。
あらかじめ、アトピーの治療費は全部ご主人のお小遣いから天引きするという契約を結んでおいてはいかがでしょうか?

子供の病気が防げるわけではありませんが、次の妊娠の時にはたばこをやめてくれるかもしれません。
たばこを買うお金も少なくなっているでしょうし(笑)。



ちなみに、コチニンと言うのはニコチンの代謝産物で、まさしくnicotineを並べ替えてcotinineにしたものです。

コチニンの血中濃度はたばこの煙にさらされた量や時間ときれいに比例することが分かっています。
メンソール入りのたばこを吸うと血中コチニン濃度はより長時間高く維持されることが分かっています。
また、遺伝子背景の違い、たとえば黒人では白人よりもコチニンの半減期が長いと言われています。

コチニンには記憶力や認識力をよくする効果があるという報告があります。したがっていくつかの精神疾患で治療に使うことが試みられています。
しかし同時に、アルツハイマー病を悪化させる作用についても報告されています。

(以上のコチニンに関する記述は英語のWikipediaから引用しました。)

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

タグ : アトピー性皮膚炎 難治性

卵アレルギーの人でもOKのラーメン開発!

卵アレルギーの人でもOKのラーメン開発! アレルギー患者への配慮はこれが正しい

以前に「アレルギーでもOKの卵を高校生が開発」
というニュース見出しに対して批判的なことを書きました。
覚えていらっしゃるでしょうか?
アレルギー、卵、高校生の記事

薬剤師のブログ運営者の方から
医療ニュースのツボ
ポジティブに評価いただいた以外は
ごくわずかしか反響がなかったのですが(笑)。


まあ、ランキング参加もやめている今となっては
あまり人が来ないからしょうがないです、
真面目な話は読むの面倒くさいものです。

でも、今回も、書きたいことは書いてみます。
今回のは素晴らしい記事だと思ったので掲載します。
アレルギー対策というのは本来こうあるべきです。



北海道は深川市の麺屋さんが開発されています。
深川市の「おかべフーズ 麺創麺庵(めんそうめんあん)」です。

ラーメン:アレルギーの人も安心 深川・岡部さんが卵白抜きラーメン開発 /北海道

 開発のきっかけは07年8月、静岡市の百貨店で「全国うまいもの市」が開催された際、女性客から「娘にラーメンを食べさせたいが、卵アレルギーがあって食べられない」との悩みを聞かされたことだった。
 ほぼすべてのラーメンは、小麦粉とのつなぎや食感をよくするため卵白を使用している。卵アレルギーの人がこれを食べると、口やのどがしびれたりかゆくなったりすることがある。
 岡部さんは次女(13)がそばアレルギーのため、女性客の悩みが人ごとと思えなかった。「11月にまた来るので、それまでに卵白なしのラーメンを考案してみる」と約束した。
 工場で試行錯誤を繰り返した結果、「カボチャパウダー」を使うことによって10月末、卵白抜きでもつるつるとした食感を実現したラーメンが誕生した。小麦は道産品。乳製品や合成着色料、保存料は使っていない。


これはきわめて正しい考え方と努力です。
アレルゲンの塊と言ってもいい卵白を原料から外して、
動物性たんぱくに走るのではなくて、
全く違うカボチャを材料に持ってきたところが完璧。


卵アレルギーの人に卵を食べさせるのは、
残念ながら今の医療では無謀でしかありません。

でも、卵アレルギーの人にも食べられない食事を食べさせてあげたい、
そしてラーメンの美味しさを体験させてあげたい、
そう思った製麺家が真摯に取り組んだ成果なわけです。

本当の本当にラーメンの麺と同じかというと
それは何とも申せませんが(食べてみないとわからない^^;)、
ラーメンという食べ物を楽しんでもらいたいという
食品メーカーさんの気持ちがこもった素晴らしい商品です。

惜しむらくはサイトがなさそうで電話での注文しかできないこと。
無料ブログでよければ作ってあげたいですよね。

問い合わせはおかべフーズ
(電話0164・26・3355)



もしもためになると思ったら
よろしければブックマークお願いします。
m(_”_)m

テーマ : アレルギー・アトピー - ジャンル : 育児

アレルギーでも食べられる卵を高校生が開発!?

アレルギーでも食べられる卵を高校生が開発!?

なんだかすごいタイトルのニュースを発見しました。
卵アレルギーの人でも食べられる卵を高校生が開発、
阪神百貨店も太鼓判だって・・・。

だいじょうぶですか?
そんな見出しつけちゃってほんとに大丈夫ですか?
販売者としての責任は自覚しているんでしょうね?

アレルギーでも大丈夫の卵として触れこんで、
卵アレルギーの人が食べて
アナフィラキシー反応を起こしたりしたときに
阪神百貨店さんは責任取れますか???


記事はこちらです。
内容を評価し、正確を期すために全文を載せます。


阪神百貨店も太鼓判 高校生が開発「アレルギーでもOK」の卵

1月12日20時29分配信 産経新聞

阪神百貨店も太鼓判 高校生が開発「アレルギーでもOK」の卵

 兵庫県立播磨農業高校(加西市)の生徒らが開発した鶏卵が「卵アレルギーの人でも食べられる」と人気を集めている。その名も「ハリマ夢たまご」。エサを工夫し、アレルギー症状を緩和させる成分を多く含ませた。口コミで評判が広がり、昨年末から阪神百貨店(大阪市北区)でも発売された。
 開発したのは、同校畜産科3年の卵生産研究班の生徒ら。「卵アレルギーの人でも食べられる卵を」と研究に着手。納豆やおからなど「健康によい」とされるさまざまな食材をエサに混ぜ、ニワトリに卵を産ませる実験をした。その結果、シソや魚粉を混ぜたエサを食べたニワトリに、アレルギー抑制効果があるとされる不飽和脂肪酸「α-リノレン酸」の含有量が通常の約5倍の卵を産ませることに成功した。
 この卵に、生活習慣病予防の効果が注目されるドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA)も豊富に含まれていることも判明。ニワトリがストレスを感じないよう平飼いを導入。血液検査も行うなど“健康診断”体制を強化し、ニワトリの病気の感染を防止するなど「食の安全」にも細心の注意を払い、商品化に成功した。
 このたまごを近所の住民などに試験販売したところ、人気が徐々に広がり、メディアでも取り上げられるようになった。評判を聞きつけた阪神百貨店が出荷を依頼。先月上旬から週120個ペースで出荷を始めたところ、すぐに売り切れるなど大人気となった。
 卵アレルギーの孫がいる夫婦から「卵を食べることができた」とお礼の手紙を受け取るなど感謝の声が続々と寄せられたという。
 生徒らの指導にあたる赤沼幸一教諭(37)「現時点では生産量が限られているが、養鶏業界が冷え切っているだけに、生徒や業界などに夢を与えられればうれしい。効果を裏付けられれば、卵アレルギーで困っている人たちに光を与える製品としてアピールできる」と話した。


卵の質の改善としては非常に良い話です。
鶏の食べ物から考えていろいろ工夫することから始めて、
α-リノレン酸の含有量が上がるなど、それはとてもいいことです。

きっとおいしくて栄養価も高い、環境ホルモンも少ない、
安心して食べられる卵の代表となるでしょう。



しかしですね、

卵に入っている不純物や栄養の偏り、
それがアジュバント効果を生む場合もあるのですが、
それはアレルギーの本態ではないのです。

卵アレルギーの子供たちが
卵の中の何に対してアレルギーを起こすかといえば
卵そのもののたんぱく質に対して免疫系が働いてしまうのです。
これをアレルゲンと呼ぶのですが、
たとえば卵白アルブミンに反応してアレルギーを起こすのです。

卵アレルギーになってしまっている子供たちの場合、
含まれている不純物はもはや関係ない。
アレルギーを抑える物質がたくさん入っているから大丈夫?
それよりもアレルゲンを摂取しないことが大事です。
ここを勘違いしないでいただきたい。

α-リノレン酸がアレルギーを抑える効果があるからと言って、
それが通常の含有量の5倍に上がったから食べられるかって?

そんなわけないじゃないですか。

毒物を食べても解毒作用のある成分が多めに入ってるから安全である、
そんな理屈と同じですよ。危険です。

輸血の時などに抗アレルギー作用の薬剤を使うことはあります。
それで一種のアレルギー反応を抑え込むことはできます。
それは血液を入れる必要があるからで、別の話です。
アレルギーの人には、特に子供には食べさせないのが基本です。


記事全体がハッピーな調子になっています。
卵アレルギーの人全員に福音があるかのような書き方。

卵アレルギーの孫がいる夫婦から
「卵を食べることができた」とお礼の手紙
はい、それはよかったですね、
お孫さんも祖父母も大喜びでしょう。

しかしその卵アレルギー、検査した結果確認されたものですか?
アレルギーの程度はどのぐらいですか?

たまたまこの子の場合は運よく
アレルギーが出ない程度に効果的だったのかもしれませんが、
他の子供で安全だかどうかわからないでしょう?



ほんとに、卵としては良いものだろうと思います。
できれば自分の子供にもこんな卵だけを食べさせたい。
本当にそう思いますよ。
(正確にはこれだけに固執するのではなく、
 様々な地域でこのように丁寧に育てられた鶏の卵を
 バランスよく摂取すると言うのが理想ですが。)

ですが、子供が既に卵アレルギーになっている場合は別です。
どんな卵であれ、アレルゲンは必ずたっぷり入っています。
アレルゲンをアレルギーの子供に摂取させることがどれだけ怖いか。

卵アレルギーの人が食べてもOKの卵なんて
少なくとも私の理解している免疫学の概念上ではありえません。

こういう見出しで新聞発表することは
阪神百貨店にとっても高校生にとっても大変危険なことですよ。

そして卵大好きなのに卵アレルギーの子供たちに
いらぬ期待を抱かせてしまいます。

こんな見出しつけちゃだめです。



テーマ : 医療・健康 - ジャンル : ニュース

虫刺されの痒みの原因はアレルギーです

季節はずれな話題で申し訳ないのですが、
虫刺されの痒みとアレルギーのことを調べていて、
なにか関連するニュースがないかなと思ったら、
台湾で10月にデング熱が流行った記事がありました。

台南で511人が感染!猛威をふるうデング熱

どうして10月にデング熱が大流行したのでしょうか?
もともと台湾は暖かい地域ではありますが、
蚊が多いのは夏だと思うのですが・・・

と、よく考えたら暑すぎると蚊も活動しませんね。
10月になって蚊が元気になったと言うことかな。

それにしても痒い上に伝染病になる。
蚊と言う生き物は嫌われ者です。
せめて痒みだけでも何とかならないのか?
そのことに関する蘊蓄を書いてみます。




蚊に刺された時の痒みについて

痒みのメカニズムに関して、2007年6月に聞いた話で少し古い話題で恐縮ですが、
虫刺されに関して、特に蚊に刺されたかゆみについて面白い話があります。

これは富山大学大学院医学研究科の倉石泰教授が話された内容ですが、
とてもおもしろかったのでここに書いておきますね。
(日本アレルギー学会春季臨床大会 2007年6月)




蚊に刺されると痒いですよね。

我々が子供のころは、蚊に刺された時に痒くなるのは
蚊が血を固まらないようにする成分を注入するので痒いのだ
蚊の唾液成分そのものがかゆみ成分だ。

と、聞かされた記憶があります。
ところが今ではその概念は否定されています。
蚊に刺されて痒いのは、あれはアレルギーなのです。

なぜそれがわかるのかと言うと、
可哀そうですが、マウスを使った実験があります。



大学の研究室や実験室で飼育されているマウスは
基本的には清潔な部屋で飼育されています。
(貧乏な研究室は普通の部屋で飼ってます(笑))

きれいな部屋で育った子たちは虫刺されの経験なんてありません。
虫を見たことすらないし、風邪をひくこともありません。
取り扱う人間もマスクに白衣にゴーグルでカバーされてます。
マウスたちはたいそうな館の奥座敷の住人なのです。

で、この純粋無垢なマウス君たちを
蚊のぶんぶん飛び交うボックスの中に入れます。
蚊に刺されるちくちくは嫌がりますが、
マウスたちは全く痒がりません。

蚊は吸いたい放題に血を吸って幸せです。
で、一日置いて次の日にもっかい同じことをしますと、
やっぱり痒がりません。
で、また二日後のチャレンジ、痒くない。
次の蚊がぶんぶん、やっぱり痒くない。

マウスは蚊に喰われてもかゆくないのかなあ?
そう思っていると5回目ぐらいから急に痒がり始めます。
その後は何回さされても痒がります。

これはつまり、反復して蚊に刺されることで
蚊の唾液成分、あるいは蚊のくちばしの成分に対して
アレルギー反応が成立したからなのです。


で、このときに面白いのが、
少なくともマウスの場合は、かゆみを抑える薬が
抗ヒスタミン剤は全く効かないことです。

人間の虫刺されの場合は抗ヒスタミン剤が有効ですが、
マウスの場合はこの経路はまるで関係ないようです。

ヒスタミンではなくて、
5-リポキシゲナーゼの機能を抑える薬や、
その代謝産物の一つであるリポキシンA4拮抗薬が効くそうです。
さらに、リポキシンA4そのものを打つとすごく痒がるとか。

と言うことで、実は人間でも虫刺されで痒いのは
ヒスタミンの作用だけでなくリポキシンA4も関わるのではないか
そういう推測のもとに実験が進められているそうです。



どこの会社と共同開発をするのかは聞き逃しましたが、
もしもそれがもくろみ通りに行けば、
虫刺されの痒みの特効薬として
広大な、世界的な市場をつかむかもしれません。

命にかかわる問題ではありませんが、
数十億人の需要がありうる薬剤ですからね。
最初の10年間は毎年、
数百億円の利益にはなるでしょう。

どこの会社かわかったら株買うんだけど(笑)。

テーマ : 医療・健康 - ジャンル : ニュース

鯖のアレルギー

鯖のアレルギー

お正月のニュースで、マサバが1本5000円なんて話題になっていました。

大衆魚マサバが超高値=卸値1匹5000円


正月需要と天候不順とが重なって、十分な量が市場に入らなかったためにこの値段がついたと言うことですが、高いですね。

本来マサバは安く手に入る、庶民の味方の魚ですよね。味も魚の中ではトップクラスではないかと私は個人的に思っています。活きのいい鯖の刺身は他の魚にはない独特のうまみがあり、なじみのお寿司屋さんに良いものが入っていれば注文してしまいます。

ところがサバに関しては安くておいしいにもかかわらず、今ひとつ嫌われている部分もあります。理由の一つはサバにあたって苦しむ人が少なからずいると言うことです。

1.「鯖の活きぐされ」なんて言う不名誉なことわざがあります。
鮮度が落ちやすく、大丈夫だと思って食べたら腐っていてお腹を壊す、というわけですね。

2.また、魚で食物アレルギー症状を起こすときの原因の最たるものがこのサバです。
イワシと並んで青物アレルギーの人にはたいへん恐れられています。

3.そしてニュースなどをよく見ている方はご存知かと思いますが、サバには高い確率でアニサキスという寄生虫が住んでいて、運悪く食べてしまうとこれまたひどい腹痛に襲われることがあります。少し古い話になりますが、俳優の森重久弥さんはアニサキスにあたって入院して、けっこうおおごとしていました。

怖い話ばかり並べてしまいましたが、本当にサバにはそういう様々な問題があるのでしょうか?
いや、あるからこういったことわざもできるし、ニュースにもなるわけですが、これらの多くが実はすべてアレルギー反応で説明できるかもしれないと言う話があります。それであれば対策を考えて食べていればそんなに問題ないんじゃないかという、そんなお話をしてみます。

長いので続きを読むからどうぞ




続きを読む »

テーマ : 食べ物 - ジャンル : ライフ

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。