プロフィール

江の島拾い歩き

Author:江の島拾い歩き
ようこそ。江の島拾い歩き管理人です。
コメント、トラックバックは、内容確認させていただいた上で記事内容に関連していれば歓迎いたします。
記事内容への疑問、注文、問い合わせ、間違いのご指摘、ファンレター(笑)などは
enoshimawalker@yahoo.co.jp
までどうぞ。
(アドレス収集ツール対策で上のアドレスは全角@にしてますので、半角の@に変えてご利用ください。)

最近の記事

カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カウンター

タグ

  • seo

ブログで紹介した画像

みんなの足@

ブログで副収入

Affiliate-B

フリーエリア


DMM.COM

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

友達申請フォーム

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨の土曜日は家でドミノピザ

雨の土曜日。

近所の学校では卒業式です。

発表されることがあって、その結果を見るために開くのを待って家にいました。


・・・残念ながら、期待した結果ではありませんでした。


まあ、気を取り直して色々話をして、

ちょっと気分転換にドミノピザを注文することにしてみました。


ソーセージぎらぎらのアメリカンスペシャルのLサイズです!


このへんだと鵠沼店が最寄りでした。

オンライン注文だと5%引きだよと教えてもらって、それをブログで紹介もできるって。


このブログのサイトバーにも貼っておきました。


届くの楽しみに待ちながら、お仕事に取り掛かっています。

スポンサーサイト

テーマ : きょうのご飯 - ジャンル : ブログ

タグ : ドミノピザ 鵠沼店 オンライン注文 5%引き

博多に来ています。なぜか久留米ラーメン♪

博多に出張できています。

金曜日までは大阪出張で、金曜の夜から博多で理事会議、土日が本会議です。

昨夜は懇親会で、そのまま街に出て屋台とラーメンと言う猛烈なはしご(笑)。

とどめのラーメンが久留米ラーメンでした。

大砲ラーメンの昔ラーメンはにんにくたっぷりのどろどろです。

店の標準のものではなくてかなり濃い味の昔ラーメンと言うやつです。

大砲ラーメンと言う人気のチェーン店です。


久留米ラーメンは私が学生のころは(バブル以前ですw)、博多ではあまり見かけませんでしたが、今では一大勢力をはっているみたいですね。

いいことですw

あっさりしたとんこつの博多ラーメンと違って、豚骨臭ぷんぷんでドロンドロンのラーメンです。

ちょっと女性には無理かなあって感じ。


そう思って見渡すと、若い女性もがんがん食べてました。

時代が違うのね。(^^ゞ

テーマ : きょうのご飯 - ジャンル : ブログ

タグ : 博多 大砲ラーメン 昔ラーメン 久留米ラーメン 屋台 チェーン店 とんこつどろどろ

チョコレートビール飲んでみました。

バレンタイン、というには早すぎる先々週、チョコレートビールを頂きました。

居酒屋麺丸で(爆)。

神奈川県厚木市で作られている限定販売ものです。

チョコレートビール バニラ オレンジ プレミアム

イエズス会の修道僧みたいなおっちゃんのラベルは

サンクトガーレンという地ビール屋さんの商品です。

商品説明ページから抜粋

「サンクトガーレンは2009年1月16日(金)より、バレンタイン向けのチョコビール3種類を各3万本限定にて一斉発売いたします。
これらのビールは、カカオやチョコレートは使用せず“チョコレートモルト(チョコレート麦芽)”というモルト(麦芽)でチョコレート風味を表現しています。通常のビールに使うモルト(写真上)の焙煎温度は約85度なのに対し、チョコレートモルト(写真下)は約160度の高温で焙煎します。
チョコレートモルトは、カカオのような香ばしいほろ苦さと、ダークな色をビールにもたらします。」

いやあ、濃い味なのがわかりますよね。

実際、試してみますと、

チョコレートオレンジビール

うんうん、めっちゃスタウトで、チョコ味で、オレンジの香りです。

(そのままやんけ!)

チョコオレンジの説明は以下です。

オレンジチョコレートスタウト(Alc7.0%/希望小売価格525円)

オレンジピールにチョコレートをコーティングした「オランジェ」というショコラをヒントに開発したビールで、今回が新発売となるチョコビールの新フレーバーです。チョコレートモルトを使用した黒ビールに、神奈川産のみかん“だいだい”を合わせました。ほろ苦いチョコレート香の中に、オレンジの爽やかな香りが華を添えます。

チョコレートオレンジブールのラベルとおつまみ


もっかい、ラベルがこれね。(笑)

おつまみは麺丸特製の

ラーメン調味オイルをとった残りかすです。

ご自由に エシャロット にんにく

エシャロットとニンニクとタカノツメを油に通して油に風味をつけ、

そちらはラーメンに使われます。

その残りかすをすくいあげて油切りしたものがこれです。


いつもあるわけではないのですが、あれば食べ放題 おいおいゞ(-_-;)

甘みが何とも言えない楽しいおつまみです。


この日のメインのおつまみは餃子でした。

ラー油とお酢だけでいただく餃子

ラー油とお酢だけでいただきます。

なんだかフレンチの一品みたいなカラーリングになりました。(笑)



これもいただきました。

焼酎東国原



いやあ、居酒屋麺丸素晴らしい。(爆)

テーマ : バレンタイン - ジャンル : グルメ

焼酎三種類堪能した日のこと

焼酎三昧のお話です。


一ヶ月も前ですね、2008年11月7日、

麺丸さんに焼酎の美味しいそうなの入ったとのことで、

焼酎飲みに行ってきました。 おい(-_-;)


んで、最初に飲んだのがこれ、

国分酒造さんの「芋」。

こくぶ酒造のイモ焼酎「芋」のボトル


そのままですがな(笑)。


すっきりくっきり、芋らしいもでした。

なかなか。

麺丸のおつまみチャーシューと水餃子

で、おつまみはおつまみチャーシューと

水餃子です。




続きを読む »

テーマ : 居酒屋 - ジャンル : グルメ

タグ : 芋焼酎 こくぶ酒造 「芋」 「阿久根」 カリー春雨 泡盛 麺丸 塩ラーメン 居酒屋 鶴見

シャドークイーン、デストロイヤーにノーザンルビーってなんのことだ?

テレビで青森県白神山地の特集をやっていました。

最近注目の大規模農場と言うのが出て来たのですが、そこに出て来たのが


シャドークイーン



デストロイヤー



ノーザンルビー




だったのです。


・・・・・え? 画像が間違ってる??



続きを読む »

テーマ : 青森のあれこれ - ジャンル : 地域情報

タグ : シャドークイーン キタアカリ ノーザンルビー デストロイヤー 黄金崎農場

ぷりぷり びくんびくん 

ぷりっぷりっ ちゅるちゅるっ

舌でなぞると恥ずかしそうにびくんびくんします。

塩味がなんともたまらない・・・



やめなさい (・_・)ノ☆(*__)


。。。って、本当にそうなんだもん♪

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
↑ ↑ オヤジだもんね。



続きを読む »

テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

タグ : 本丸亭 川崎 駅ビル シンフォニー 塩ラーメン ぷりぷり

あっさりさっぱり豚骨ラーメン 鐡釜@横浜


しばらく食べモノ話題から遠ざかっていたので久々にラーメン記事です。


・・・そこ、またラーメンかいって言わないの。 

    (-_-;)


今日は木曜日に行った横浜の久留米ラーメンのレポートです♪


にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ

 ↑神奈川グルメはこちらにも↑


続きを読む »

テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

タグ : 鐡釜 久留米ラーメン 横浜ダイヤモンド街 替え玉に具がつく 臭くない豚骨

鶴見ラーメン放浪記

 
てんかさんの冷やし坦々麺は日曜日にいただきました。おいしゅうございました。

ですが、実はそれ、土曜日にいただこうともくろんでいたのですね。


仕事が終わらなくて土日出勤して普通に勤務していると
(ちなみに管理職ですから残業代も減ったくれもございません)、

ストレスはたまるです。


で、最初からこの土日は晩御飯においしいラーメンを食べるぞ!

そう、心に決めていたわけであります。


ところが仕事が終わったのが21時ごろで、バスが鶴見駅に着いたのは21時10分ごろです。

そのバス停から「麺バカ息子 徹」さんまではすぐなのですが、

ここには書いていないけれども実は最後に食べたラーメン系が「麺バカ」さんのつけ麺だし、

麺バカさんはヘタすると21時前に売り切れ閉店しちゃいます。


ここはやはり、念願の「てんか」さんの冷やし坦々麺、

さもなくば「麺丸」さんの新作の塩つけ麺もしくは「辛塩つけ麺」

そのどちらかに臨みたいところです。



ということで てくてく、てくてく、てくてく。

バス停から「てんか」さんまで10分ほど歩きました。



てんかさんの明かりがついています。

のれんもかかっているのが見えます。

よしよし、今日は冷やし坦々麺、もしだめでも他の麺だあ。


そう思っててくてく歩いていると、マスターが出てきました。



・・・・いや~な予感(-_-;)。


マスターが暖簾に手をかけます。はずして下に置きます。立札になんか貼ってます。

いやや、いやや、嘘だと言ってくれ~


 ゞ(T□T)ノ====3


てんか売り切れ



「売り切れ」


の紙が貼ってありました。。。。。



呆然と立っているとマスターが申し訳なさそうに

「すみませ~ん、麺が終わっちゃったんですよ。」


21時27分でした。

中ではまだ食べてる人いるのに・・・・。しくしく。





う、ううう、しょ、しょうがないです。


気を取り直して、麺丸さんに向かいます。

麺丸さんは週末はけっこう遅くまでやってるし、

今日もきっとこの時間なら空けててくれてるでしょう♪



てんかさんから麺丸さんまで、

やはり徒歩で、7~8分歩くでしょうか。


パチンコ吉兆のネオンが見えて、

おお、麺丸さんの明かりが見えてきましたよお♪

お店の前に立て看板も出てますよぉ♪



・・・・あれ、今暗くなったような。


あれれれれれ? 


麺丸の看板の伝統がついてないではないですか?


あれれ? あれ? あれ~~~~~~?


麺丸売り切れ




売り切れでした。


中ではまだ食べてる人もいるのに~~~~~!





ううう。


悲しい、悲しすぎる。

こんなしどい仕打ちが許されていいのだろうか。



大好きなラーメン屋さんに、

二軒続けて目の前で出された「売り切れ」通知。




ショックのあまり何も考えられなくなって

思わずそばのファミマにいって

コンビニフードのやけ食いしようかと思ったのですが、

ぐっと思いとどまりました。



で、とぼとぼ鶴見駅に戻ります。


何も食べられなくて歩くこの道の遠いこと。


今頃になって昼のうだるような暑さが

まだ残っているのに気がつきました。


汗がだらだら流れます。 いや、これ、低血糖か? (笑)







鶴見駅の明かりが見えてきました。

もう、何にも食べずに電車に乗って帰って静かに寝よう。

そういうふうに欝な気分で(簡単にいじける)歩いていたのですが、


せたが屋さんの前も通り過ぎようとしたのですが、


いや、まて。




せたが屋さんが人材募集しているではないですか!


せたが屋世界進出



世界に向けて客も募集しているに違いない。

 シテナイヨゞ(^_^;)


ここはひとつ、せたが屋さんで

世界戦略を練らなくてはならないでしょう。(わけわかめ)



で、いただきました、せたが屋特製平つけ麺!


せたが屋特製つけ麺



麺はこれです!

平つけ麺@せたが屋アップ




具材てんこ盛りの特性つけだれはこれです!


つけ麺の付け汁



せたが屋さんが鶴見に進出してくれててよかったあ♪



ざっぱりと麺を付け汁に浸して一気にすすります。

平つけ麺は付け汁を絡め取る力と、口の中に入れた時のボリューム感、

この二つがバランスよく維持されているせたが屋さんならではの麺ですね。


具材も岩のりがこれ、個人的にとても好きです。


海草のプリプリ感と、スープと絡まって出てくる

アミノ酸の隠し味が良いアクセントになるんですよね。


ラーメン類に岩のり入れるのを最初に考えついた人に

感謝状をお送りしたいぐらいです。(いらないって)





食べたくなった人は↑参照ください。



そしてせたが屋さんのつけ麺の付け汁の特徴は、

かなりしょっぱいチャーシューの短冊が忍ばせてあることにあります。


つけ麺のたれのチャーシュー



つけだれがなんだかいまいち薄くなったぞと感じるときは、

これをしっかりかじりながらすすってみてください。


チャーシューの油の味と塩味が麺にからみついて、

また一段とおいしくなることこの上なしです。


もう22時過ぎてましたけど、おいしく楽しく頂きました。



22時過ぎてラーメン食ってたらメタボ・・・・

いやいや、30分以上運動(放浪)した後だから自分にご褒美。



そして次の日は冷やし坦々麺


ラーメン放浪記の無限ループですねえ。(^_^;)




テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

タグ : 麺丸 てんか せたが屋 鶴見 ラーメン 売り切れ

夏はキムチ 成城石井のぱりぱり旬のキムチ



夏に辛いものを食べてがつっと汗をかくと、
新陳代謝が夏モードになって、暑さがこたえなくなると言います。

辛いカレーだとかタイ料理のトムヤムクンだとかもいいのだけれども、
やっぱり好きなのはキムチだったりします。


この夏、食べてみておいしさにびっくりしたのは成城石井さんのキムチでした。

キムチも様々なメーカーやレストランから出ていて食べ比べが楽しいのですが、
素材が良くないとどんなブランドのものでもおいしくありません。

高級スーパーで名をはせている成城石井さんのキムチであれば、
きっとはずれはないだろうと思って買って来たのがこの「旬のキムチ 夏」ってやつです。

成城石井キムチ 夏



パックを開けてみると目に飛び込んでくるのは鮮やかな緑です。

胡瓜の緑はすぐわかるし納得なのですが、意外な野菜が二つ入っています。

さやえんどうと、緑の細いものはよく日に焼けたセロリでした!

旬のキムチ 夏 成城石井



どちらも確かに香りのはっきりした夏野菜ですが、
あまりキムチ野菜のイメージがなかっただけに意外です。

恐る恐るかじってみたら、まあなんとこれがどちらも甘くて香ばしい、
そしてキムチらしくなくシャキッとした食感で素材の風味がそのまま残されています。

それぞれの夏野菜の個性をキムチのうまみと辛味とかすかな酸味がぐいぐいと引き出して強調してくれているようです。

キムチアップ


いやあ、幸せな感動でしたねえ。

もちろん白菜も胡瓜もそしてコリコリした干し大根も、それぞれに個性を主張して、
唐辛子も辛過ぎずに甘みがはっきりしたキムチの味、いっぺんでファンになっちゃいました。


成城石井さんのブログに行ってみると、去年の夏のキムチのページがありました。

夏のキムチに力を入れているのがよくわかりました。そちらから一部抜粋すると、


成城石井特選 霧降白菜キムチです。
長野県産霧降白菜を韓国伝統の製法で丁寧に漬け上げた本格キムチです。

温度差updownが非常に激しい高原で栽培された夏場の白菜は、その名の通り、朝霧を吸い込んでモゴモゴ冬場の白菜に負けず劣らずジューシーに育ちます。

この霧降白菜に、沖縄産の島マースと英陽(ヨンヤン)産の唐辛子を使用したヤンニャムを、葉の一枚一枚にパーですり込んで漬け込みます。

ということで、唐辛子にも白菜にも力を注いでいたところに、ほかの夏野菜への工夫もつけ加わった今年のキムチ、お勧めでした。


オンラインでもセロリのキムチ発見!





ちなみに、おいしくキムチを食べるための焼酎はこちらを頂きました。

岩倉 焼酎 月の中


これもおいしくて、実はそのままでもおいしい焼酎なのですが、エンドウ豆のキムチつつきながら室温の水割りでいただくと、あの魔王よりおいしいかもしれません。




夏の夜の静かな楽しみでした。




テーマ : 焼酎 - ジャンル : グルメ

明石焼きな餃子

明石焼きは好きです。焼きあがってふわふわのやつがきれいな陶板に乗って出てきたのを、お出汁につけてほふほふ言いながらいただくのが好きです。

あのあっさりした出汁が、明石焼きの焼き具合と固まった小麦粉に封じ込められた味をまた引き立ててくれるんですよね。

で、明石焼きの話じゃなくって、餃子の話(笑)。


この前は麺丸さんの餃子の話を書きました。

酢とハラペーニョとお塩でいただく焼き餃子の美味しかったこと。


今日は麺バカ息子さんの餃子のお話です。

アジアン和風餃子、この画像でございます。

和風餃子 魚粉たっぷり



なんだかきなこ餅みたいに見えますが(爆)、焼き餃子です。きな粉みたいに降りかかっているのは魚粉なんですね、けっこうびっしり振りかけてあります。

この魚粉が和風なのかと言うと、和風の本体はこちらにあると思うのですね、お出汁です。

和風餃子の出汁 麺バカ息子


このきな粉餃子、じゃないや、魚粉餃子をこのお出汁にふわっとつけていただくのです。


この和風出汁ってひょっとしてつけ麺の時にスープを飲むときに足すのに使うあの和風スープなのかな?

塩分のきつくない、とても優しい柔らかい味です。でも、魚介のうまみは十分に効いています。

このお出汁に餃子をずっぽしとつけて、あんぐりといただきます。


ほおほお。

これ、餃子の意外な風味が拾えていいですね。


本来、中国の方は餃子を水餃子で食すのが通常で、その方が正しい食べ方だとか。

焼き餃子を食べるのは旅順に巣くっていた侵略者で人でなしの日本人か、チベットの田舎者たちだけらしいのですが(皮肉です、念のため。)、焼き餃子は着々と中国でもポピュラーになりつつあるようです。

その焼き餃子の問題点は、どうしても味が濃くなってしまうことですね。


もともと味付けした具材を詰め込んだ餃子をゴマ油などを十分にしいた鉄鍋で焼いて、蒸しても水気が飛ぶまで加熱するので、どうしても脂分や塩分が凝縮してしまいます。

それで私はしょうゆ抜きの酢だけで焼き餃子を食べるのが好きだったのです。だけどこのアジアン和風餃子は良い意味で両者の中庸です。

アジアン和風餃子と出汁


堅めに香ばしく焼きあがった餃子、これを和風スープに浸すことでふたたび水分を与えます。それも味のしみ込んだ水分。

すぐには変わりませんが、数秒浸すとくたっと柔らかくなりはじめます。ここでスープもある程度一緒に餃子をがばっといただきます。

一口でね、明石焼きみたいに。


出汁が沢山踊り込んできて、噛みしめたぎょうざのぷりぷりくたくた微妙な感じと、中の具がはじけて口の中でさらに踊ります。

フワフワ感はないのですが、粉粉の魚粉がみごとに独特の触感と香りを引き出してくれるので面白いですね。

いろいろ工夫されてるなあ。楽しめました。


ちなみのこの時は主食は普通にラーメンでした。

ラーメン@麺バカ息子



明石焼きはどうしてあんなにふわふわなんだろうかと調べてみたら、じん粉というものがあのフワフワ感を生み出しているそうです。

加熱しても固まらない、魔法のでんぷん、じん粉。その正体はいったい、何なのでしょうか?




そんなの関係ねえ、うまい明石焼きがくいてええ!というのであれば。




テーマ : 餃子 - ジャンル : グルメ

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。